ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お引越し

f0062821_10402648.jpg

(島全体が活火山のようなアイスランド。いたるところに温泉が☆
印象としては、九州に似てる・・・です。)



さてさて、
欧州在住もうすぐ丸5年になる私ですが、


この春に、
ようやく日本にお引越しすることになりました。



フツーにうれしいです☆
なんといっても日本人ですもの。




回転ずしも、てんぷらうどんも、ラーメン屋さんも
ミスタードーナツも、ビビンバも、五平もちも、野沢菜も

あまりの恋しさに、とうとう夢にまで出てくるほど
「歩く食い意地」といった私なので

いつでもどこでも食べに行けると思うと
今から夢見ごこちです。



今の心境としては

海外旅行に行きたくて行きたくて、お金を貯めてお休みとって
ようやく念願の旅行に行ったはいいけど

最後に家に帰ってきて
「あ~~やっぱり家が一番」ってつぶやいちゃう感じです。




で、

只今引っ越しの準備真っ最中なのですが


個人で単身留学、というなら荷物も少ないと思うのですが
家族とペットで5年近く住んでいたため


まー、びっくりするくらいの荷物があります。



日本の家は、ずいぶんと小さくなるため(←冷静に考えてリビングの大きさ)
今使っているものすべてを持って帰れるわけではなく。



そこで、只今
家中のものを半分に減らすべく

燃えるごみ用のゴミ袋をもって
家中を歩き回っているわけです。



台所の棚を奥まで覗いてみると
賞味期限切れの食品の山。

しかも、
もったいなくてとっておいたまま、といった宝物たちがぞくぞくと。



たとえば


・2003年9月にすでにご臨終していた抹茶アイスのもと。

  何といっても「粉」なのだから、
  と勇気を振り絞って作ったら意外にフツーだった。
  皆さん、抹茶アイスのもと(粉末)は5年経過しても大丈夫です。

  っていうかすでにフツーの基準がおかしいのかも。
  っていうか我が家が来たのが2004年4月なのに、
  どーしてその時すでに賞味期限が切れているモノが棚にあるのか謎。


・2005年2月にご臨終のサキイカ。

  海鮮ものは基本的には輸入禁止なのでレア商品。
  特別に大事にしまいこんだのがアダ。
  半ナマ商品のため、さすがに食べるのはやめた。


・2006年10月にご臨終のとらやの羊羹。

  羊羹の賞味期限は半年くらいあるのにもかかわらず
  大事すぎて食べられないまま今に至る。
  ・・・・これも泣く泣くゴミ箱へ


・2007年1月にご臨終のパスタソース。

  冷静に考えれば2年経過。
  でも、瓶づめだし、でも、肉入っているし・・
  とさんざん悩むもゴミ箱へ。


・2008年1月にご臨終の青柳ういろう。

  欧州生活において
  賞味期限の「1年」は「誤差」。
  当然おいしくいただきました☆
  1年の超過は、超過と思わず大体何でも食べます☆


・・・・・などと棚一つ片付けるのに
おそろしく時間がかかるかかる。


まじめに多すぎる本やCDも

持って帰る、捨てる、BOOK OFF(パリにあります)に売る
  
と考えながら選別していると
あっという間に真夜中もすぎ、
しらじらと明け方が近づいてくる。



海外引っ越し、
真面目にめんどくさいです。

なんといっても大荷物は
船に揺られて手元に届くまで二か月かかります。


春に使う家具を荷だししてしまうと
約2か月、家具なし生活です。


家の中で、ほぼキャンプ生活。
食器もプラステッィック・・・・



家具つきアパートだったら楽だったのにな、
と今更悔しがっております。



さ、もうすぐ船で運ぶ荷物の荷出しです。

あとひと踏ん張り・・・しないでまずは、寝よう!



・・・・あ~~、普段からものを増やさない生活、
こんどこそ実践したい、するぞ、・・・と思って早20年。

筋金入りのかたずけられない女とは私のこと。


こんどこそは、生活習慣を見直すぞ、と
毎回引越しの旅に思うのだけど。


学習しよう、私・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-01-26 12:01 | ヨーロッパで暮らすということ