ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

海外のお引越し

f0062821_524228.jpg

(我が家のお引越し。リフトを窓に横づけです)


20年くらい前、
初めてパリに行ったときのこと。


日本食レストラン街のあるオペラ座近くに

海外引っ越し 日通

と書かれた看板があるのを目にして


そーかー、海外引っ越しは日通なんだ


と、思った記憶がありますが
(その時は、まさか自分が海外引っ越しをするとは思いもよらなかったけど)


今回の日本へのお引っ越しも、たまたまですが日通さんでした。
日本語が通じてとても便利です。


海外へのお引越しといっても、荷物の量や距離で色々ですが


我が家の場合は


 実際に引っ越す数ヶ月前に、第一弾として船で運ぶ大荷物を荷出しして
 
 実際に引っ越すときに船で運ぶ荷物、飛行機に乗せる荷物を荷出しします。


今回は第一弾の船便の荷だしです。

f0062821_5305092.jpg


船のコンテナに貨物として乗せるため
すべての荷物は段ボールでぐるぐる巻き。

我が家はいろいろと家具を持ってきていたため
ベットやソファー、椅子なども梱包します。

これは屈強なプロの人がやってくれますが、


細かい衣服や本・雑貨・鍋や食器は
事前に段ボールをもらっていたので
できる限り自分で荷詰めします。

もちろんプロの人もやってはくれますが
自分でいれないとどこに何を入れたのか
はたまたゴミなのかそうでないのかわかりません。


日本はごみの分別にうるさいし
費用もかかってしまうので
極力いらないものは持って帰らないよう、

ごみ袋を片手の段ボール詰めでした。



我が家は
日本でいう3階建ての一軒家でエレベーターなどないため

窓からリフトで荷物をおろします。

f0062821_8173385.jpg


我が家はまだ3階建てなのでましですが

10階建てのアパートなどの引っ越しでも
基本的にはこのリフトで荷物を降ろします。

このリフト、台座に柵なんかないので、
見ているほうが落ちてしまわないか身の縮む思いですが、

たしかに効率はとってもいいです。




海外の引っ越しで特別なことは

運んだ荷物の明細を出さなくてはいけないということ。

f0062821_5561828.jpg


今回荷だしした70個の段ボールの内容について
すべて記載し、保険のための金額を書き込みます。

引っ越しでバタバタしているときに
結構これ、めんどくさいです。


日本語で書いた内容証明はその後
日通さんで英語に翻訳されてリストになって
税関に通されることになりますが


リストを書いていて


今回、


これ、


まずいかも・・・・・



と思った品物が一つ。



それは、


f0062821_5595148.jpg



むち。



ハンガリーにある世界遺産ホルトバージ平原で買ったものなのですが
本革製のマジなムチ。

しかも長さが3メートルくらいあります。



これって・・・・・・

税関の人、誤解するだろうか・・・・。


不審な荷物と、止められたらどうしようと

今からちょっと不安な今日この頃です。



というか

まず日通さんに誤解されるな、きっと・・・・。
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-04 05:36 | ヨーロッパで暮らすということ