ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

妄想女

f0062821_9162789.jpg

例年では1日2日で溶ける雪が、今年は珍しく何日も残りました。
我が家の近所の公園では、そりをする子供たちが山もり。
この木製のそり、ブレーキなんてありません。命知らずの超速マシンです。
お値段約5000円なり。買おうかどうかマジに迷いました。




さて、
忙しいときほど、他ごとをしたくなるのが私の悪い癖なのですが


引っ越し最中、引っ越し後にわたって、
ラブリー妄想女王マダムKや、すてきマダムMより
ものすごい量の漫画と小説を借りてきました。


いくえみ綾の 「潔く柔く」
椎名軽穂の 「君に届け」
吉田秋生の 「YASYA」
大和和紀の 「あさきゆめみし」
池田理代子の 「ベルサイユのばら」

すべて合わせるとたぶん・・・40冊くらい。


それに
奥田英朗が何冊かと
松岡圭祐に島田荘司、大石静なんかがあわせて7冊。


今、読んでいる場合じゃないってわかっているんだけど
ついつい、読んでしまう。


私にとって、読書はずばり「現実逃避」

逃げたくなればなるほど読んでしまうのだ。


それに、
マダムKにより

「メイちゃんの執事」は必ず見るべし

との指令を受けてしまったため


真面目に寝る暇もないほど
漫画、YOU TUBE、小説に埋もれて暮らしている。


昼間は昼間で会いたい人や
しておきたいこともあって
意味なく忙しいのだが


忙しくて時間がなければないほど
読書に逃げてしまう私・・・・・・・。



しかも読後は必ず、
小説や漫画の架空の世界にどっぷりつかって

妄想の大海原を泳いでしまう。


たいていは主人公の女の子が私、なんだけど。



たとえば、

源氏物語を漫画化した「あさきゆめみし」ならば

私は光源氏の永遠の恋人「紫の上」


愛する源氏の君が
数々の恋のお相手に夜な夜なお出かけになるのを

毎夜、着物の袖を涙で濡らしながらも許している。


あ~夜這い~

このせつなさ~~。

なにより源氏の君のお美しいこと~~~。

あ~~、源氏の君~~、何をなさるの~~~。

(←私のほんとのキャラはおばさんの六条の御息所なんだけど)



とまあ、紙も鉛筆もなくても
脳内妄想は楽しい☆楽しい☆


忙しければ忙しいほど
脳内妄想係数、上がりまくりで妄想しっぱなしになる私。


・・・大丈夫か?





さて、さて話は変わりますが、
そんな楽しい毎日の中でどーしても許せないのが


漫画「君に届け」。


「はちみつとクローバー」に続く、
胸ぐらわしづかみの青春マンガです。


ずっきゅう~~~ん☆
っていう感じで胸打たれちゃいます。



蒼いです。

真っ蒼です。

蒼くささ満点です。



それなのに!


これ松潤主役でドラマ化ってマジ?
16歳のさわやか少年のはずなのに・・・
あの、こゆ~~~い松潤が風早クン?



ありえないでしょ!!!


全然松潤、蒼くないし!!!


黒いし!


どちらかっていうと真黒だし!!!



と、真面目に納得いかず
この振り上げたこぶしの鋒先を探す今日この頃。



さて
わたしはちゃんと引っ越しできるのでしょうか


というか、ちゃんと現実の日本に帰れるのでしょうか。


若干、不安・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-10 09:51 | ヨーロッパで暮らすということ