ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

老いては子に従え

f0062821_958743.jpg

(先週末のスイス、クライネシャイデック。アイガーがくっきり見える快晴☆)


先週末、
欧州生活最後の旅行として

グリンデルワルドにスキーに行ってきました。


毎回、
ホテルのランクが下がっていく我が家ですが


今回は、
Schützenbach Backpacker & Camping
というホテル、

いや、

バックパッカー用の2段ベットの小屋
でした。


2段ベットとはいえ、
スイスの山で丸太小屋なんて素敵☆・・・・・なんてことはなく


トイレとシャワーと洗面台は屋外で共同
特にシャワーは一回40円と有料



夜にトイレに行きたくなったら
スウェットの上に分厚いコートを着込んで

スノーブーツで雪をしゃりしゃり言わせながら
50メートルほど離れたトイレ棟に行かなくてはならず


途中で、ふと、
私、一体どんな年の取り方をしているんだろう、と
頭の中が?マークでいっぱいになりますが


最後には結構慣れてきて
意外にも楽しんで過ごせる、なかなかよいお宿でした。
(というか、感覚が麻痺してきただけなのかもしれないけど)


台所棟ってのが別にあって
ご飯を作って食堂で食べれるのがよかったし、

冬場のトップシーズンでも一人当たり20ユーロ程度で泊まれるこのお宿、
体育会系の団体旅行におすすめです。



ただし、吹雪のときにトイレに行くときには
ものすごく心が折れますが。



で、

土曜・日曜とスキーをしたのですが、

f0062821_1018334.jpg


グリンデルワルドのスキーはもちろん、
電車スキー☆


ふもとのグリンデルワルド、またはラウターブルネンから
電車でゲレンデまで直行する。

夏の観光シーズンには、、日本人に大人気の
ユングフラウヨッホを眺めながらのスキー。

もし晴れていれば、
景色はすばらしいの一言。(←反対に雪だと、標高高い分激寒なんだけど)
f0062821_16433848.jpg



スキーと電車という
私の2大ワンダホーが同時に楽しめる楽園なのです。
f0062821_10263958.jpg




15年くらい前、私はすんごくスキーにはまって
年間50日くらいはスキーをしていたし、

ギンギンに凍ったアイスバーンでウェーデルンをさせられるという
鬼のようなスキー検定を受けたりしていた。

さらに
夏場は脚力アップのため自転車で浜名湖一周とかしてたくらい
スキーは得意だと思っていたのだけど


夜にみんなで食事をしているときに(←今回は団体旅行だった)
私のスキーのスタイルが、
知らないうちにものすごく時代遅れになっていることに気づいた。


私がそのころはいていたスキーは、身長より20センチ以上長くて
しかも重くて回しにく~~い板だったけれど

今は
身長より10センチ以上短くて軽~~い板。


でも、昔と同じ滑り方しか知識がないから
昔のやり方で気持ちよく滑っていた。



ここ最近の10年は、
年に1回滑るかどうかだったので
滑り方について深く考えることはなかったのだけど


20代くらいのおにーちゃんたちが

「今は板の性能がすごく良くなっているので
強く踏み込む必要なんかなくて、体を生きたい方向に向けるだけでいい」

なんてさらっと言っているのを聞いて



おおおお~~、私のあの、忍耐の日々は何だったのだ!



と、思わず地団太を踏みたくなった。


で、翌日、若者たち(←なんだこの言い方)
の言うとおり軽く滑ってみたら


なんと


ほんとに楽にするするっと滑れたのだ。


もう、びっくり!!しちまって大変。



老いては子に従え、というけれど

ほんとにそうだなあと思ったのでした。



さて、最後の旅行も終わったし、
美内すずえ全集も読んだことだし


段ボール詰めでもするか!!


おー!


f0062821_10505394.jpg

(グリンデルワルドで、もうたまらなく大好きなラウターブルネン。
両側の崖の上からいくつもの滝が流れ落ちています。
あまりの落差に水がすべて水蒸気になり、滝つぼがありません)
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-25 10:12 | それでも・・・