ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

本屋に行こう

f0062821_21212492.jpg

(ディズニーランドパリ。日本に比べてパレードは圧倒的に短いけど。)



日本のほんとにすごいなあと思うことは、


欧州の有名どころのものは、何でも売ってる!こと。


そして
意外にそんなに高くないこと。



今、日本で手に入りにくいものを買って帰ろうと思って
日本のサイトで、なにがあるのか探してみると

大体あるし、意外に安い。


わざわざ少ない引っ越し荷物に入れなくても
帰ってから買ってもいいなあ、なんて思う。


その中で、
さすがになかなか手に入りにくくて
値段に差があるのが


本。


日本だと洋書になる本は、
さすがに高いし、種類も少ない。


なので

本を買って帰ろうと
最近、時間を見つけては本屋に行っている。

f0062821_21434014.jpg



ベルギーの南東にある本の村 REDU

すごく小さい村なのだけど

本屋が17軒とカフェしかない、まさに「本の村」


f0062821_23232354.jpg


でも、
ここの本屋は、ほとんど

f0062821_238125.jpg


古本屋。


日本の大手古本屋の
耳をつんざくエンドレスで流れる音楽も

意味なく明るい店員の「いらっしゃいませ~」の
掛け声もない、

とっても穏やかな本屋ばかり。


f0062821_2395861.jpg


どちらかというと

夏の高原にひっそりと建つ
古ぼけた図書館の、

f0062821_23265112.jpg


カビ臭くて、でもひどく懐かしいにおいと静けさ。

このまま何時間でもじっとしていたくなる。



f0062821_23133251.jpg


本にまつわる、
たとえば

カリグラフィー(専用のペンでアルファベットを紙に書くの)などの
講座が開かれていたりする。


f0062821_2316264.jpg


基本が妄想体質の私、

こんな静かな本屋にじいっとしていると



気分は

「結核療養中の薄幸の少女」


思わず

傍らにいるはずの初老の執事
紅茶を一杯、頼みたくなる。


・・・いるはずないんだけど。


f0062821_23182576.jpg



新品の本より格段にお安い、古本屋。


山の中からお宝を探すように
一日ゆっくりしたいものです。


本屋の話題はまた次回も・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-28 21:35 | J' aime le livre