ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かえろう

私は


お寿司が(といっても回転寿司だけど)好きで
サービスエリアの天ぷらうどんも好きで
ちぢれ麺のみそラーメンも好きで

ポンデリングも好きで
五平もちも好きで
うにも好きで


だから


今日の午後、日本に帰ることは
うれしいことに違いないのだけど。



先週から怒涛の一週間を過ごしてきて

まあ、さんざん遊んできたからしょうがないのだけど

引っ越し前後は本当に大変だった。


まず、
朝5時くらいに起きてユンケルを一本きゅーって飲んで


それからどーっとかたずけや荷詰めをして


昼ごはんは座ってゆっくりなんて食べれないから
ポテトチップスをぱりぱりと食べて

それから夜までかたずけやゴミ捨てをして


夜は、お友達が作ってくれた夕御飯を
その日初めてゆっくりと座って食べて


また、夜中の3時くらいまで
荷詰めやゴミ捨てをして

ちょっと寝たらまたすぐ起きて・・・・
という何ともハードな毎日だった。



船の貨物に積む荷物自体は
引っ越し業者の人にこれとこれと送ります、と指示をすれば
それを黙々とダンボールに詰めてくれるんだけど



そのあとに残された大量のものを



飛行機に手荷物で持って入るもの

飛行機に預ける荷物

日通の国際ペリカン便で送るもの





燃えるゴミ

燃えないゴミ

ビン・缶・ペットボトル・紙パック

電池

粗大ごみ

紙ごみ





電化製品や電子ピアノ、

使いかけの調味料に、使わなかった食品

読み終わった本や雑誌、漫画

着なくなったり使わなくなった洋服や雑貨を



それぞれ分けて箱詰めしたり

捨てたり

欲しい方に譲ったり、



メゾネット3階分の我が家にあふれていたモノを
選別するのに、時間がかかったのなんの。




・・・頑張ったわ私。


みゆ、グッジョブ(誰も褒めてくれないから自分でほめるの)




この美しい愛すべき町で

出会った方々

本当に偶然に知り合った方々


みなさんに心より感謝をします。



最後に心のこもった贈り物をしてくれたり
とっておきのワインや食事に招待してくださったり

「ベストプレイヤー賞」のトロフィーを作ってくれたり
送り迎えや買い物を手伝ってくれたり

ただ、すれ違ったその時に軽く微笑んでくれたり
ドアを開けてくれたり、重い荷物をもってくれたり

くじけている私をさりげなく助けてくれたり
最後にと、手のかかったサプライズパーティーを企画してくれたり



そんな皆さんに感謝します。

ここで出会えたことが何よりの思い出です。

なんて恵まれた人生なのか

感謝しないと、本当に罰が当たります。


ありがとう、そうとしか言えない。


ありがとう、ありがとう。







さあ、


私はわたしのいるべき場所


愛する日本に



さあ、


かえろう。
[PR]
by miyu-sakura | 2009-03-31 15:06 | ヨーロッパで暮らすということ