ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

さてと、猫祭り。その1

先週の日曜、5/14はイーペルの猫祭りでした。
と言ってすぐにピンと来るあなた、かなりの猫好きか珍しいモノ好きでしょうか。

そう、何を隠そう、珍しいもの好きといえば私にかなうものはありません。
当然、行って来ました。3年に一度のベルギー、イーペルの猫祭り。

でも、どうしても午前中用事があって、午後から出かけて、
電車で往復4時間、現地滞在時間3時間という、ばたばたの観光になりました。
f0062821_5332013.jpg

イーペルは、ベルギーの西、フランスとの国境に程近いちいさな町。
この駅の小ささが物語る、普段は静かで落ち着いた中世の面影残す町。

この猫祭りは日本からツアーも出ているようで、有料の観覧席の一部に
日本人が団体で座っていたりしました。って、私もしっかり日本人なんですが。
観覧席取れなかったので、3時間ずううと、立ち見です。貧乏ってイヤね。

猫祭りは2日間に渡りさまざまな催し物があるのですが、メインイベントといえば
猫のパレード、と猫投げ、です。
f0062821_442241.jpg

f0062821_4432195.jpg

f0062821_555093.jpg


パレードは3時からあるのですが、その前にスポンサーの宣伝カー?が
40分以上練り歩き、子供たちにキャンディーやグミをばら撒きます。
おばさんである私にアメなんか誰も投げてくれず、いい加減猫、でてこんかい、
と思い始めた頃、やってきました、猫暴走族。
f0062821_452148.jpg

f0062821_5542959.jpg

・・・・悪そうなヤツらだ。

そのあと、イーペルのロイヤルハーモニー、そして旗投げの演技。
f0062821_5595767.jpg

f0062821_459246.jpg

ここまでで、約1時間経過。まだまだ猫は、ちょこっとしかでてきません・・・

実は、周りに3年前のお祭りの評判を聞いていったのですが、
「思ったほど面白くなかった」とか「道が込んでてたどり着けなかった」
「駐禁にあった」等々、あまり芳しくない。
この1時間で、フト不安になる私・・・・もしかして、はずれ?

などと考え始めた頃、やっとやっと始まりました。
f0062821_5351784.jpg
f0062821_57499.jpg
f0062821_573490.jpg

猫祭りは、中世から続くイーペルでの大きなお祭り。
災難は魔女によってもたらされると、中世ヨーロッパでは魔女と、手下である
クロネコが魔女狩りと称して処刑されたという。それが祭りそのものの起源。

時代を経て、町の主産業である繊維をねずみの被害から守った猫を讃えたり、
イーペルの歴史やコトワザや童話、世界各地の猫をテーマにしたパレードが、
1500人もの仮装した人々によって演じられる。
f0062821_519386.jpg

f0062821_5205128.jpg

f0062821_614730.jpg

まだまだ、パレードは続きます。この続きは次回。
パレードも2時間かかって立ちっぱなし。観覧席も買えない、貧乏ってイヤね・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2006-05-17 05:29 | ヨーロッパで暮らすということ