ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もしも私が、まっとうな神様だったら

先週のこと。
最近、プチアンラッキーが続くなあと思っていた。

先月になくした銀行カードは、なんとかカードだけは届いたのだけど
シークレットコード番号が設定されてなくて使えないし、
電話で文句言うたびに、「今日送る」っていわれるし、

小銭がなくてパーキングチケットが買えずに車を止めたら
1週間に2回も立て続けに駐車禁止とられるし、

5日もあれば届くはずのスピード国際郵便が、2週間以上経っても届かず
問い合せると「配達した」と言われるし、(後に倉庫にあることが判明)

先月に頼んだ普通の国際郵便が早いと1週間位で届くはずが
やっぱり1ケ月以上経っても届かず、ゆえにポルノの「天気職人」聴けず

お金がなくてキッチンペーパーが買えず、しょうがないから
から揚げの下にティッシュペーパーを敷いてみたら、
食べたから揚げにティッシュがくっついてて
ほとほと貧乏ってイヤだって心底思ったし。

全部プチなことなんですが重なって、しかも予定もたくさん重なって、
意味なくばたばたしてて、なんだかなあと思っていました。

で、ある日、いつもばたばたと車に乗り込んでしまうので
気にしてなかったけど、玄関周りがひどく汚いのに気づいた。

あ~、コリャだめだわ。
もしも私がまっとうな神様だったら、こんな家にはよりつかないわ。

家の前には大きな白樺の木が2本。
3階建ての家の屋根より高い。
そこに野バトが巣を作って、おかげで車がフンまみれになっていたのだけど、
まあ楽しそうに暮らしていました。

ある日、どこかのハトとマジ喧嘩したらしく、ハトが1羽、下に落ちて死んでて。
近所の子供を呼んできて片付けてもらったけれど。
それから、どうも思い出に浸る死んだ片割れが夜になるとやってきて、
ちょうど玄関の上のあたりで眠るものだから、玄関、フンまみれ。

あわてて、市場に行って花の苗を買ってきて、マッハで花を植えた。
それから2時間かけて雑草を刈り、枝を集め、掃き、水で洗い、
玄関先をぴかぴかにした。

おおーい、神様、てか福の神、カモ~ン!!

それが先週の末のこと。

今週の火曜日、なんと銀行からシークレットコードが、
宅配会社から送った荷物が、
そして旧友から妊娠したとの知らせが
イッキに届いたのでした・・・・・


というか、銀行カード再発行に1ケ月、宅配荷物に1ケ月、
福の神に頼らないと暮らしていけないこの国って、どうよ。
f0062821_5463490.jpg

(ルーブル美術館の窓より)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-05-24 21:41 | ヨーロッパで暮らすということ