ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

私の前にあるのは。

今、私の前にあるのは、一辺が10センチ程度のよくあるタッパー。

私は、それを前に、腕組みをして考えている。
考えても考えても、答えは出ないんだな。

実は、このタッパー、1ケ月ぶりに棚から出してきた布袋の中から、
こそっと出てきた。
中身が・・・・切り分けたオレンジが、入ったままだ!!

こちらのスーパーで買ったものなので、ふたは白、下は透明。
オレンジが、何か別のものになってる様子が、透けて見える。

う。

う。

こういう場合、あなたはどうしますか?


ふたを開けて、中身を捨てて、きれいに洗って普通に使いますか?

そうですよね。それが正しい方法ですよね。

わかってます、分かってはいるんですけどね、
どうしても、ふたを開ける勇気が出ないんです。

だって、オレンジを入れたのが私だったから、オレンジと分かるだけで
知らなかったら、イカの塩辛か、腐りかけたオレンジヨーグルトゼリーか。
とにかく、なんだか普通じゃない


で、このまま捨ててしまうことを決意。
確か3個で1ユーロだったから、一つ45円くらいだし。

でも、どうせ捨てるなら、もっとすごいことにしてからだなと、
窓際の、よく陽の当たるところにそおっと、おいてみた。
捨てるに値するだけの言い訳作りに。
だって、悪くもなってない容器を捨てるの、気がひけるじゃないですか。
もう、目も当てられないくらいになってくれないと。

そして、午後の、きらきら光る5月の陽光に、答えるかのように光る中の液体。

じいっと見ていると、ぐつぐつ、というか、ぶくぶく、というか、
何かのすごいことが、水面下で行われているんだろうか。

で、そのまま、数日置いてみた。


で、さっき、かすかにワクワクしながらタッパーを見に行った。

             が!!!

私のこんなに熱い期待に反して、あんまし変わんない。見た目が。
このところ天気が悪く、気温もあがってないからかもしれないけど。

う~ん。

これは、やっぱりふたを開けて洗って使うべきなんだろうか。
ナニが何でも、捨ててはいけないということなのだろうか。

ようやく福の神が、ちこっと来てくれたんだし、
勇気出してふたを開けなきゃいけないかな。

ってか、わざわざ発見した時より、さらに発酵させちゃったんだけど。
f0062821_19154471.jpg

(フランス、AMBOIR城から下の町を見下ろして。)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-05-28 07:58 | ヨーロッパで暮らすということ