ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

MANGA!!!

えー、今週とても毎日ばたばたしてまして、
ほとんどPCに向かう時間がなかったのですが、
私をさらに忙しくさせていたのはデスね、あれですね、
           「ごくせん」。 

はい、今更なのは重々承知でございます。
今回、私がはまったのは漫画の方。1巻から12巻。
内容的にはTVドラマ「ごくせん1」。松本潤がでてたやつ。

日本では、特に20歳を越えた頃から、漫画ってほとんど読まなかったけど、
こちらでは、ニホンゴの出版物はへビーローテーションで何でも
貸し借りをされている。小説然り、漫画然り。

どちらかというと、大人が漫画読むのってどうよ、って思っていたクチなので
あまり手にすることもなかったのですが、読んでみると、是がまた面白い。
ごめんなさい、漫画は子供の読むものって決め付けてて。

実は漫画でも、例外的に西原理恵子は昔から大好きな人で、
天才ナンシー関亡き後は、西原について行こうと決めていた私。
「恨ミシュラン」からの蔵書はほとんどもっている。

ただ、友達の受けは悪い。貸しても、あまり感想を言ってくれないところをみると、
きっとつまんなかったりするんだろーか。
こうやって、人と違うものをいつも気に入る私、人生難しいです
大昔、たのきんトリオでも、野村義男、スキだったし。
オフコースでも、清水仁ファンだったし。


で、普通の人が読む漫画で、最初にはまったのは、
「のだめカンタービレ」。
思わずモーツアルトの「コシファントッテ」を見に行った。(話中に出てくる)
次は、
「ピアノの森」「プライド」「NANA」・・・

で、一番はまったのは
「NARUTO」
これは、全巻イッキに大人買い。大人買いって初めてしたけど・・楽しいっすね。
f0062821_1284665.jpg

これ、こちらの普通の本屋さんで。日本の本屋ではありません。
ニホンの漫画、大人気です。
「テニスの王子さま」「クレヨンしんちゃん」「犬夜叉」「名探偵コナン」などなど。
よーく見ると、フランス語バージョン。ばかのNARUTOもフランス語ぺらぺら。

「NARUTO」はこちらでも、人気な「NINJYA、MANGA」。
フランスの街角においてある、フリーペーパーに特集が組まれてたりする。
ただ、このMANGA、高いです。一冊5ユーロ以上するので、800円くらい。

「NARUTO」読んでると、ゲーム機「GAME CUBE」の「NARUTO対戦」で、
男子小学生相手にさしで突っ込んだ会話ができるという特典つき。

「おばちゃん、ポケモン知らないのに、イルカやロック・リー知ってんだね」
「当たり前よ!恋人ならサスケ、友達にするならカカシ、ペット飼うなら赤丸、
結婚するならシカマルっておばちゃんは決めてるのよ!!」
「へー、おばちゃん好み、渋い・・」

などと「NARUTO」知っていると小学生が
このおばちゃん、ちょっと違う・・って熱い視線を投げかけてくれます。
って、おばちゃんっていうな、おばちゃんって!!


それにしても、ドラマ「花より男子」にしても「ごくせん1」にしても、
私にとって松本潤、ストライクです。あの眉毛、どうよって思うけど。
電柱の陰からじっと見てると足とかすごい細いの。体重も絶対50キロ台前半。

小泉今日子も恋人は20歳年下って言うし、
よし、恋人にするなら松本潤、幼馴染にするなら藤原竜也、
近所に住むなら山本耕ニ、結婚するなら、新藤晴一。これだ。
[PR]
by miyu-sakura | 2006-06-03 12:20 | J' aime le livre