ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

発酵オレンジ、その後。

以前、5/28のこのブログ。

カットしたオレンジの入った透明なタッパーを
普段使ってないかばんの底に置き忘れ
1ケ月以上たってようやく発見した時には
オレンジがイカの塩辛みたいに なっていた、
という話を書きました。
http://soredemo.exblog.jp/m2006-05-01/#2320745


で、
そのイカの塩辛入りのタッパーを、せっかくだからとさらに発酵させるべく、
日向の窓において観察をしている、と書いたのですが、

あれから早1ケ月半・・・

ポル友NUTSさんご期待のとおり、
今日の午後まで、発酵を続けておりました


この夏は、私にとって3回目のヨーロッパの夏ですが、
例年になく、暑く、晴天が続いております。

おかげさまで、窓際にそっと置かれた10センチ四方のタッパー、
ひそやかに、でも、とてもいい具合に発酵を続けておりました。

そしてそのまま、ふたを開ける勇気も、
潔く捨ててしまう勇気も持てぬまま時は流れ・・・


ある時、友人たちと話しをしていて、たまたまニオイの話になった時
にほひフェチの友人Mに、「うちに上物あるよ」と軽く 言ったところ・・・
「ぜひ、その発酵オレンジを見たい」と、ナイスなことを言ってくれ、
めでたく彼女が、今日、それを見に来ることになりました。


観察日記風に書きますと


 4/25 かばんにオレンジ入りタッパーを入れる → 忘れる

 5/28 かばんから、イカの塩辛状のオレンジ入りタッパー発見さる
      更なる発酵を期待すべく、日向の窓際に置いてみる。

 6月  発酵をタッパーの外から随時観察。
      粘り気のある塩辛状から液体状に徐々に変化する様子を確認。
 
 7/12 液状オレンジに興味を持った友人Mを、我が家にご招待。

                              ・・・・・・という流れ。

そう、今日7/12、
我が家に、にほひフェチM、見参! です。


いや~、世の中にはいろいろな変な人がいるんだなあと、
今日はしみじみ思いました~。

私の友人だから変なのか、変だから私の友人なのかは不明ですが、
そのにほひフェチM、我が家の台所にその物体を発見するやいなや!!!!!


おもむろにタッパーのふたを開け、あろうことか

ものすごく至近距離で、そのにほひを嗅いだんです!


きゃ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!


そして、一言、

「思ったほど、キツクないじゃん。生ハムのにおいじゃん」

とかなりがっかりしたご様子

そして、なんと

「だから、嗅いでみっ!」と私の鼻先にふたを開けたままそれを近づけてきた!!


う。

う。

これは・・・ゴルゴンゾーラチーズ(青カビチーズ)と
スペインのイベリコ豚生ハム(多少にほひキツメな生ハム)を足して2で割った・・

思いっきり臭いやんけ~!


実は、今日もう1人友人が来ていたのですが、彼女もそれを鼻先に近づけて
「そんなにおもった程は臭くない」と、ヘイキな様子。

私は、胃の辺りからすう~~ぃカオリが、目の奥には涙が、
それぞれこみ上げて来ました。


思い出した。
あたし、臭いにほひにむちゃくちゃ弱い人だったんだ。


たとえば、山のものすごくくっさ~~いぼっとん便所。
視覚的にも、目にしみるようなヤツ。

・・・・私はそこで用を足すくらいなら、外でします。

たぶん、そのトイレだと、胃が急激に上下活動をし始める・・・・


で、

そのツワモノ友人M、充分ににほひを楽しんだ後、
「処理に困っているなら、洗ったげる♪」と、
鼻歌まじりで中身を捨て、タッパーをキレーに洗ってくれました。

ついでに、それを捨てた三角コーナーのゴミもまとめて捨て、
三角コーナーもぴかぴかに洗い、キッチンハイターまでしてくれました。


その間、約3分・・・・それこそ、ハネウマの勢い


その友人Mが中身の入った状態のタッパーを手に、
満面の笑みを浮かべている、
という記念写真は一応撮ってみたのですが、
中身が入った状態だとここに載せるにはあまりにリアル。
お食事中の方もいらっしゃるかと・・・。


観察日記風に書くと
 7/12 友人Mの手によって、発酵オレンジ、天国に召す。
      タッパーはMの手により新品同然に生まれ変わる。


1人の、勇気ある女性によって、歴史は閉じられたのでした。

にほひフェチ、おそるべし。
f0062821_9225430.jpg

(コペンハーゲン、チボリ公園にて幻想的なショーを)
 
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-13 09:23 | ヨーロッパで暮らすということ