ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お魚様、食っちゃう?

ポルノの晴一さん、飼ったばかりの熱帯魚に大層お困りの様子。
(しかし、そこが大層カワイイ)

ほんとに世の中経験してみないと分からないこと、いっぱい。

人生是経験。

人生スランプラリーも現在進行形。

この年になっても、知らないこと、分からないこと山のようにあります。



私が今まで飼ったことのある動物と言えば・・

カメ・文鳥・インコ・イヌ・蚕・金魚・小型のピラニア・そして、ニワトリ


ニワトリのピーコちゃんはかなり慣れてました。
手乗りならぬ、私の頭の上に座ってねむるくらい。
結構、ずっしり。
しかも、たまにフンするんだな、これが。


実家の庭は、うっかり掘り起こすのもコワイくらいいろんな動物が埋まってます。
ニワトリ埋めたときは、結構大穴を空けました。
そこは未だにコワクて掘れない。
骨って何年で土に帰るんだろう。


ご存知の方、ゼヒ教えてください。


庭のないマンションに住んでいて、金魚とか死んだら、
どーしたらいいんでしょう。

考えただけでコワイっす。


生ゴミ?燃えるゴミ?産廃?


いっそ、トイレに流すの?
海に帰れ~って?
(実際にした人知ってます。そこのトイレ、魚が逆上りしてきそーでコワかった。)


夜中に近所の公園に行って掘って埋める?
でも、誰かが前に埋めた死骸を掘り出しちゃったらどーする?
おまわりさん来たらこそこそしちゃうの?


気になります。


やっぱり食べるしかない?魚だし。
f0062821_2117771.jpg

(南フランス・ペルージャ。保存状態のすばらしい中世の町)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-08-09 21:21 | ヨーロッパで暮らすということ