ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

あなたならどうする その3

さて、ひろみちゃんとゆみこちゃんは、10日間のバカンスを終えて
とっとと日本に帰って行きました。

置き土産を残して・・・
(8/25のブログ参照)


あのー、私は大体夜中の1時から3時くらいに寝ることが多いんですが・・・
廊下とか階段とか、とっても怖いんですが。

日本と違ってまわりはすんごく静かだし。
門灯なんてないから、お外も暗いし。

いくら普段使ってない部屋とはいえ、同じ建物内。
しかも吹き抜けの螺旋階段があるので、なんか空気繋がってます。


あのー。
私は見る人ではないので、よくわからないんですが。


やっぱり、そー言うのって、存在するんですか?
もしいるとしたら、どーしたらいいんですか?


そう、あなたなら、どーする?

  ①引っ越す
  ②お帰りいただく
  ③共存する。

①と③は選べません。望むところは②ですが。
これからどんどん日が短くなって、
一日17時間夜って生活がやってくるのに・・・。
逆に夏は17時間昼なんだけどね。

しかも・・・
気のせいか、今、とっても左肩が重いんですが・・・・。


お友達は
「いたずらしてこないんだったら、ほっといたら?」
といってくれますが。


あのー、
その手のいたずらって、ナニ?
わっ!!って、
おどかされちゃうんでしょうか・・・
f0062821_5323280.jpg

(スロバキアの首都ブラチスラバ。車も通る道の片隅で・・・)
f0062821_14314647.jpg

(コイツがスカートの下を狙っている)
(・・・あまりに車に轢かれるので、最近注意の看板がついた・・・)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-08-30 05:28 | ヨーロッパで暮らすということ