ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ようやく

クリスマスツリーを買いました。


花屋さんの店頭、スーパーの駐車場の特設売り場、
それに、日本でいうホームセンターの花売り場。

いろんなところで生木のサパン・ド・ノエル
もみの木が売っていますが、
一番お得なのはホームセンターかな。
f0062821_5232750.jpg

これはホームセンターのもみの木売り場。

このくらいは高さ150センチから2メートルといったところ。
値段は21ユーロから(3千円くらい)

f0062821_5265416.jpg

こっちになると、もっと大きくてもっとボーボー。
2メートル半近くあると思う
値段は30ユーロから(4千300円)


でもね、安いからといって
うっかりこのホームセンターで買うと大変です。

車に積もうと思っても、
あたしのYARISにゃでかすぎてつめない。

安いんだけどね・・・・


しょうがないので、徒歩3分のスーパーの駐車場の特設売り場で買います。

で、
えほえほえほえほ、とみんなで担いで帰る。
見た目より、意外と重くないんです。


今年買ったツリーは高さが2メートル位で35ユーロ(5000円)
安いんだか、高いんだかよくわかりません。
確かに高いけど、これ、ここまで大きくするのに何年かかったのか、
と考えると安いような気もするし・・・



晴一さんの言うとおり、
年々日本ではクリスマスの準備が早くなっているというのに
12月も半ばにしてツリーを買う・・・なんという遅さ。

でも、売ってるんだもん、まだ。
しかも、まだまだ人気で、並んで買ったんだもん。


実はクリスマスツリー、
年明け5日くらいまでだしっぱなしナンです。


クリスマスツリー回収日、というゴミの日が決まっていて、
その日の朝、クリスマスツリーが歩道のあちこちに
打ち捨てられている。
その日まで、とにかくどの家も出しっぱなしです。


それに、生木なので、あまり早く買うと、
どんどん枯れていって、枯れた葉っぱが家の中で舞うんです。
今頃買って、ちょうど枯れはじめの頃に
ゴミの日が来る。


でも、毎年、クリスマスツリー回収日忘れそうでドキドキです。
1年に一度しかない上に、
これもっててもらわないと、むちゃくちゃ困る


黄色く枯れ果てたもみの木が、近所の庭の隅に
打ち捨てられているのを見たことがありますが、

明日はわが身です。


1月6日の朝、絶対ゴミに出します。
出して見せます。


・・・・・・我ながら心配だ・・・・・
f0062821_546474.jpg

(欧州各地で見られるクリスマスマーケットは、11月末から。
これはベルギー、ブルージュのクリスマスマーケットにて)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-18 05:47 | ヨーロッパで暮らすということ