ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今日のお味噌汁。

祝いじゃ。
祝いじゃ~~。
お祝いじゃ~~~~。
みんなっ!!
今日のお味噌汁は、えのきのお味噌汁よ!!


あんまし外食をしない我が家の夕食は、
大体は私が作っている。


メニューの基本はご飯と、お味噌汁。
それにメインのおかずに、付け合せの煮物。
煮物がないときは、納豆を食べる。


これ以外だと、カレーやラーメン、スパゲティ、
お好み焼き、たこ焼きなんかもよく食卓にのぼる。


ここで日本食を作り続ける私の悩みは何よりコスト。
数件ある日本食材店や、中華の食材店を渡り歩いては
少しでも値打ちなものを探すんだけど、
輸入された日本の食材は、日本の値段の3倍はする。


たとえば、
日本で特価だと88円の50グラム3パックの納豆は、
一番安い店で2ユーロ弱、300円。
高い店だと3ユーロちょっとで480円もする。


それに比べると
野菜類は意外にもそれほど高くなく、
しかも、
日本で思っていた以上に手に入る。

レンコンは真空パックされたものが、
ヤマイモやサトイモはフランス産のものが、
ゴボウやチンゲンサイやニラなんかも、
最も安い中華食材店で
日本の1・5から2倍弱で手に入る。

洋食のイメージのないダイコンやカブ、
白菜や細ネギ、もやし、さやいんげんなどは
なぜか近所の普通のスーパーマーケットにちゃんとある。
値段も他の野菜と変わらないので、割高感はない。


野菜がたくさん手に入るので
お味噌の具はそれほど困らないけど、
実は、MY・BSET1味噌汁の具は、
えのき。

むかしっから、とにかくえのき大好きなのよ~。

L・O・V・E LOVELYえのき。
えのき。ENOKI。エノキ・・・・・・・


このエノキは今までなんだか高くって、
多分日本からの輸入品だったんだろうケド、
良くある袋詰めの小袋で、なあんと、
3ユーロ強、500円もしていた。


日本で100円のエノキが、500円・・・・・


いくら好きでも、買えない・・・・・・・


せつない・・・・


売っているだけに。


あなたの姿は見かけるのに、
手をとって一緒に帰れない・・・・・



と、日本食材店に行くたび、
ハートブレイクな気分を味わっていたのですが
今日、中華食材店で、
1・4ユーロ、220円のエノキを見つけたんです!!!!


キャ~~~~~~~~~~~~~~。
220円!!!!!!!


買えるわっ。
買えるわっ。

220円なら買えるわっ。


というわけで、今日はエノキを一袋イッキに
惜しげもなく入れたえのきのお味噌汁です!!


うほほほほ~~~い☆



実は味噌汁の具、日本の野菜を買うお金がないときは、
マッシュルームとかチコリとかズッキーニとか
主に洋食で使う余り野菜を入れたりもするんだ、これが。

最初はすごくドキドキするけど、
意外と、いける


どなたか勇気のある方、試してください。
f0062821_6111368.jpg

(世界遺産、ハンガリーのブタペスト。旧市街の黄金色の落日)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-01-28 06:12 | ヨーロッパで暮らすということ