ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クイズです

日本にいた頃、
これはちゃんと守らなければいけない、と思っていたし、
実際、とても気にして守っていた。
命を守るためには、必須だと思っていた。


にもかかわらず、
こちらに来てからはどうでもよくなって、
ぜんぜん守らなくって、
それでも死なないんだと気づいた。



さて、これはなんのことでしょう。


ヒント。
  その1   毎日目にするものです。
  その2   日本語でなくても、わかります。



・・わかりましたでしょうか。



答えは・・・・・・賞味期限です。


そりゃね、私も若くないですから、
日本にいた頃は結構気にして、
賞味期限の過ぎたものは、
間違えて食べないようにソッコー捨てたりしてました。


でも、
こちらに来て、変わったわ、私。


人間は結局は変わらないと思っていたけれど、
いやあ、見事に変わりました。

変わるというより、堕ちるというほうが正解かもしれないけど。


賞味期限切れ、
冷蔵の乳製品ですら2.3日すぎでも朝飯前、
和風のせんべい類なら半年は全然フツー、
調味料に至っては、1年どころか、
2年は前に逝ってますから


先回書いたように、日本食はこちらではすごく高い。
それでもこっちで買えればよいほうで、
日本食材店もそれほど大きな規模ではないため
好みの食材が必ずしもあるとはかぎらない。


たとえば私の大好きなお味噌、
イチビキの料亭赤だしみそはこちらでは見かけない。



で、どうするかというと、
4月に一時帰国した時、
向こう2年分くらいの味噌を買いだめてきた。

まあ、スーパーに行って、かごに味噌てんこ盛りで買う人って
そんなにいない。
1個1キロだからスゲー重いし。

他にもこちらで売ってるものでも、高いからすごい買い方するの。
そりゃあ、もう、ムチャクチャで。

カレーの箱20個、とか天かす10個とか、のりたま大袋20袋とか。
味付け海苔ダンボール1箱とか、えびせんべいの里せんべい大20袋とか。


大人買いというより、やけ買い。
貧乏症ってやだわ。


そのくらい買いためて持ってくると、
どーしても切れてしまうのが賞味期限。
多分料亭赤だしは、既にあの世の人になっていることは確実だけど

もう、いいの。

もう、見ないの。

いとしの料亭赤だしがここにある、それがすべてなの。

それだけで、私は満足なの。



・・・・・ちっとばかし言い訳をさせてもらうと
こちらの湿度は日本に比べてすごく低く、気温もあがらないため
日本よりずっと、モノが腐らないってのはあります。
でも、まあどこかで限界ってモノがあるとは思うのですが。



そんなわけで我が家の食卓は
野菜や肉・魚以外は、かなりビミョーなことになっているけれど、
でも大丈夫。
そんなこと誰にも言ってないから、気づいてない。
今のところ、お腹を壊した人はいないし、
中毒症状を起こした人もいないし。


誰か倒れるか、実はちょっとドキドキしながら暮らす私なのでした。
f0062821_7595681.jpg

(アイルランド、GALWAY近くで。緯度が高く空が青い)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-01-31 07:54 | ヨーロッパで暮らすということ