ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書の春

2週間あった、イースター休暇がとうとう終わりました。


来週から語学学校が再開するので
また宿題に追われる日々に。
(そういえば!!イースター前に宿題出てなかったっけ・・・・)


この休暇でうれしかったのは
本がまとめて読めたこと。


この休暇中に読んだのは・・・

「蒼穹の昴」全4巻  浅田次郎
「青い棘」        三浦綾子
「探偵倶楽部」     東野圭吾
「二重奏」        赤川次郎
「しをんのしおり」   三浦しをん
「流星ワゴン」     重松清
「辺境・近境」      村上春樹

蒼穹の昴は・・・友人から是非にと勧められて読みました。
最後に少々息切れした感はありましたが、
読み応えは十分にありました。
多少は歴史の勉強になるかな?

浅田次郎といえば
「壬生義士伝」では夜中に泣きまくったので、
今回もハンカチは用意したんですが・・・そういう内容ではなく。


で、初めて読んだ三浦しをん!!
このひと面白い!!
好きだわ。こういう人。
のぐのぐ、教えてくれてありがとう~~☆

でも、共感するところが多すぎて、
もしかして私もヘンな人?って気づいちゃいました。


重松清も読みやすくて、上手な人だなあとしみじみ。
いやみや押し付け感がないし、作品ごとに作風が違うような・・・


村上春樹の紀行物は・・・旅によくもって行くのですが、
なんだろう、「ここまで出てきているのにわからなかった答え」が
すっと出てきたような気持ちよさがあります。

この本も何度も何度も読み返しているけれど
何度読んでもすごい、の一言。
自分の旅をここまで客観的に文章にできる筆力は、
作家さんの中でも別格だと思う。



でも、実は一番読んでいたのは
「地球の歩き方。ヨーロッパ」


ヨーロッパは今既に夏時間。
コレから8月までが旅行に最適な季節になります。


行きたい所はそれこそたくさんあるけれど
時間とお金は、あんましないので・・・

なんといってもこの春、お金がなくて日本には帰れなかった・・
だって日本に行くと100万くらいかかるんだもん


格安チケット、格安ホテルを探しては
日々パソコンに向かう今日この頃ですが


ここで大活躍するのがこのサイト。
http://www.fr.lastminute.com/site/main/homepage_fr_FR.html?CATEGORY=flights_list
行き先と日付を入れると航空会社がずらっと出てきて便利です。


目的地までの一番安いチケット、経由地・時間など一目瞭然ですが、
コレを見ると欧州の航空チケットが如何に値段がばらばらなのか、
きっと驚くはず。


同じ飛行機で、隣同士なのに
片や3千円。片や10万円なんてこと、ざらにあるとおもう。


もうこうなったら!
如何に安く行くか、戦いです
航空会社や、ホテルと一騎打ちです。


名古屋のおばさんとしては、負けるわけには行きません。


おかげで滞在地一つのホテルを決めるにも

立地条件・治安・朝食つきか、値段、ホテルの設備など
さんざん調べて決めるのだけど
サイトによって値段も違うので
ホテルを決めた後もサイト巡りは続く・・・・


眠い・・・・・・



「格安旅行作成選手権」
TVチャンピオンでやってくれないかな。
f0062821_19504074.jpg

(スイス。ユングフラウヨッホまでの登山電車。
年甲斐もなく一番前に座ってしまうのは私だけ?)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-04-14 19:31 | J' aime le livre