ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ミュンスター彫刻プロジェクト2007

自慢じゃないが、

小学校から高校まで私の美術の成績は、
ずうううっと、「3」だった。


「3」といっても、

粘土でキリンをつくっても、「恐竜」って題をつけられるし
人の顔を書いても、似てないどころか生気すらないし、
工作で版画を作っても、ほとんど削れず真っ黒な作品になるし

毎回自分の才能のなさに半泣きになりそうになる私にとって
「3」はある意味ご褒美。

とりあえず女子として
授業は休まず課題も何とか出すということで
「3」をもらっていたというくらいの美術おんちの私が、


行ってきました。


10年に一度開催されるという
[ミュンスター彫刻プロジェクト2007]
f0062821_7404992.jpg

(町の中の池には歴代の彫刻がいくつも残されている)

実は今年は
現代美術のお好きな方にはたまらない年らしい。


5年に一度のカッセルのドクメンタ。
2年に一度のベネツィア・ビエンナーレ。
それにこの、10年に一度のミュンスター彫刻プロジェクトである。
f0062821_742676.jpg

(これが今回のメインの案内所)


ミュンスターは、ドイツの北西にある人口30万人の地方都市なのだが
ドイツの古いレンガ造りの建物に混じって
モダンなデザインの建物が目に付くデザイン都市なのである。
f0062821_8471274.jpg

(カフェもヘンな形)


ミュンスター彫刻プロジェクトとは、

ミュンスターの町中を会場にして
世界中から参加する32名のアーティスト達の作品が、
夏の間、2ヵ月半に渡って屋外展示されるもの。

全部見ようとすると結構距離があるため、
レンタル自転車で回る人も多かったですね。
f0062821_842353.jpg


普通の屋外彫刻と違うところは
アーティスト達は実際にミュンスターに滞在し
町や住民のことをよく調査した上で
作品と設置場所のアイデアを出し、製作するというもの。

そのためか、町の景観にしっくり馴染んで
プロジェクト終了後もそのまま町のオブジェとして残っているものも。



けれど・・・
f0062821_8111948.jpg

とか
f0062821_881214.jpg

とか
f0062821_8172131.jpg

とか
f0062821_832254.jpg

って・・・・・。


・・・・・わからん・・・・

・・・・・私でも作れそうな気がするのは気のせい?


そんでもって
f0062821_8203048.jpg

この白い逆さピラミッド、とある紹介記事に

「このピラミッドの中にいる人々は、
人間は同じ場所にいて同じものを見ても
様々な感情を持つということに気づくだろう」

とありました。


・・・・・そうか、単なる白い穴って思っちゃいけないんだな・・・・・


しかもこの彫刻プロジェクトには、

真四角のまっしろい部屋の壁際にずらっと座って、
壁面にいくつも備え付けられたスピーカーからの
ささやき声を聞く、というささやき部屋もあって
しょーがないから座ってドイツ語の男女交互のささやき声を聞いたけれど、


・・・・これのどこが芸術なのか、さっぱりわからん。



世界的に高尚な芸術作品を見ても、
どこか突っ込みどころを探してしまうわたしって、


これからもずっと美術の評価「3」なんだろう。


というか、こんな風だから「3」なんだろうな


・・・・・とほほ
f0062821_8412489.jpg

(彫刻プロジェクトについて来たわんこ。いつも女すわり)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-09-30 10:26 | ちっと旅ガラス