ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お茶の間ショッピング

ある夜のこと。

つけっぱなしのTVに、思わず目が釘づけに。



ジョン(仮名)とナンシー(仮名)が、

ジョン   「へい、ナンシー、料理の下ごしらえ、大変じゃないかい?」

ナンシー 「そーなの、ジョン。みじん切りなんて、もう、うんざり」

ジョン   「そんな君にプレゼントがあるんだ。ほら、これさ」

ナンシー 「これは何?」

ジョン   「こうやって、たまねぎを置いて・・・このふたを押すと・・・」

ナンシー 「ジョン!すごいわ。みじん切りができてる!」

ジョン   「たまねぎだけじゃないのさ、ほら、人参だって、トマトだって」

ナンシー 「ジョン、なんてクールなの。まるで魔法ねっ」


欧州にも、日本と同じようにTVショッピングの番組がある。
ジョンとかナンシーとか、いかにも胡散くさそうなタレントさんが
大袈裟なりアクションで驚いてみせるのだ。


ビバリーヒルズ青春白書ばりの白々しさ。


冷静に考えれば、かなりうそ臭い。


でも、私はその時思った。


・・・・・・・・・欲しい。ぜひ欲しい。



とはいえ、電話で品物を注文するというのは、どーも語学に自信がなく、
このときは泣く泣くあきらめたのだけど、


欲しいという念が通じたのか、
マルシェで10ユーロ(約1600円)で手に入れることができた!!
それが、これ↓
f0062821_5242469.jpg

うほっほっほ~~~い☆


やったわ!!


クールで魔法みたいなのねっ!!


このみじん切り器、上部のカップをぐぐっと押すと、
下のたまねぎがみじん切りになるという優れもの。

なんと、まな板と包丁なしでハンバーグができちゃうのだ。

みじん切りのたび、
目が痛くって、大丈夫かって言うくらいに号泣していた私にとって

押すだけでみじん切りができるグッズは
確かにクールで魔法のようだ☆



なんて夢のよう☆



で、

マッハで家に帰り、早速たまねぎをセット。
高鳴る胸を抑えつつ、


ぐっと押してみる。


ぐぐっと押してみる。


ぐぐぐっと押してみる。




・・・・・・う。




ぜんっぜん!切れねぇ!!!


ほんとに切れない。
これがまた、びっくりするぐらい切れないのだ。

格子状の鉄版にたまねぎが食い込んで、
しいろ~~い汁がじゅるっと出るばかりである。



悔しいからなんとか切りたいと、薄くスライスしてみても、
やっぱり切れない。

1センチくらいに薄くスライスして、ようやく切れる。



たまねぎは固いからね、と
オトナの優しさで怒りをぐっとこらえ、他の材料を試してみた。


トマト、だめ。
人参、絶対だめ。
ジャガイモ、全然だめ。

唯一、さっくりスライスできたのは、

マッシュルーム


・・・・・・・意味ないじゃん。


しかも、この格子に野菜くずが入りこんで
爪楊枝でくりくりしないととれないし、

分解しないと洗えないし。


はっきり言って、ぜんぜん使えねえ!!!


ブロカントで売るしかないか・・・・


それにしても

ジョンとナンシー、どんだけ怪力?。
[PR]
by miyu-sakura | 2007-11-24 05:24 | ヨーロッパで暮らすということ