ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シアワセ者。

まだ、私が20代の頃、

日曜日の夕方が大キライだった。


TVだとサザエさんかちびまる子ちゃん。
ラジオだとユーミンのFM.


どんなに面白い話題や内容でも
私には全然面白くなかった。




翌日の会社生活への憂鬱もあったけど
なにより、

楽しい時間が本当にあっという間に過ぎて、

いくら自分が
この楽しい時の中のままにいたいと願っても


正確に、確実に流れてゆく時間が
恐ろしかった。


自分が、この一瞬にも老いて行くことが
無性に恐ろしかった。



30歳になり、40歳.50歳と
どんどん自分の魅力がなくなってしまうだろうことが

いつか、老いて人に疎ましく思われるだろうことが
日曜の夕方には手に取るように想像できたんだ。





先週のこと。

その日は朝から忙しく、立て続けに人に会う約束があって。


自ら望んで、40代で二人子どもを産んだ方や


ほぼ半世紀前に渡欧して、在欧邦人がほとんどいない中
日本人初!をたくさん更新した方や


海外で病気を抱えながら、病気と正面から向き合って、
けして戦うことをあきらめない方や


勤勉に、ストイックに自分をいつも鍛えているのに
人には優しく寛容で、思いやり溢れる人柄が滲み出ている方や


はたから聞いても大変そうなぶりなのに
大変そうな様子はおくびに出さず、いつも笑顔を絶やさない方や



こちらに来て、
本当に魅力的な女性と接することが多くなった。


どの方も、私より断然年上の方なのだが
どの方も、若い女性よりずうっと素敵で、カッコイイ。


生き抜いてきた自信が、後姿に溢れてて
年を取るのって、こんなにカッコイイのかって。


しみじみ、
こんな素敵な方々とお知り合いになれて
私はシアワセ者だと思う。


おかげで、
年を取るのが全然恐ろしくなくなった。


ちゃんとがんばって年を重ねていけば、
老いはむしろ勲章になりえるって


そう気づけた私は、
ほんとにシアワセ者なのだと思う。



そーいえば、私の小さい頃の夢は
「肝っ玉かあさん」だったんだ。


よし、夢に向かってGO!じゃ。


・・・って肝っ玉かあさんは体型だけか?

f0062821_6153831.jpg

(オランダ。木工の町ヒンデローペン。観光地図のない田舎町)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-02-27 05:55 | ヨーロッパで暮らすということ