ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ちっとスロベニア ブレッド湖  

f0062821_16533192.jpg

(スロベニア随一の景勝地、ブレッド湖。のんびりできます)


スロベニアは、


ザルツブルグ・ウィーンのあるオーストリアの南に位置し
クロアチアの北にあたります。

そんでもって
すぐ西にはイタリアがあり、北東にはハンガリーがあり、
沿岸部はアドレア海に面しています。(←しかもヴェネチア湾)




と言っても、

?で、どこ?

って感じだと思うのだけど、


それもそのはず。

なんてったって、
1991年4月までは「ユーゴスラビア」だった。


もともと、
社会主義国家であった旧ユーゴスラビア共和国は
日本人観光客がなかなか来ないエリアだった上、


ユーゴスラビアからスロベニアが独立して以来、
「ユーゴスラビア紛争」といわれる独立戦争が相次いで勃発。


クロアチアは一時「危機に瀕している世界遺産」に登録されたほど、
バルカン半島での内戦はコソボ紛争などを引き起こしながら続き


ようやく2006年に最後のモンテネグロが独立し
「ユーゴスラビア共和国」を構成していたが6つの共和国が
すべて独立した。



・・・・・ってよくわからないけど、そーらしい。



ピクシーと呼ばれた現名古屋グランパス監督のストイコビッチは
「ユーゴスラビア人」だったのだけど

「ユーゴスラビア」が消滅した今、
自分のオリジナルの国がなくなるという、まるっきり小説のようなことが
現実に起こっているらしい。


彼はまた、

自身の全盛期にユーゴ代表としてワールドカップに出場、
並みいる強豪押しのけ見事ベスト8になるものの、

その後内戦への国際制裁のために
EURO杯のため滞在していたスウェーデンから国外強制退去を命じられるなど
サッカー選手として、必ずしも恵まれてばかりではなかったと思う。

そんな血塗られたバルカン半島の「内戦」が終わってから
未だ10年も経っていない。




で、そのスロベニアのブレッド湖が旅の2泊目です。

f0062821_8373884.jpg


ブレッド湖近くのペンションには夜10時近くに到着し
湖には朝、チェックアウトしてから出かけました。


今回泊まったのは、

「Penzion Kovac」
Langusova 71, 4240 Radovljica


最近、大まじめに旅行貧乏なため、

「ホテル」ではなく
「ペンション」や「プライベートルームSOBE」(←日本で言う民宿)に
泊まることが多くのだけど


大型チェーンホテルより
家族経営のペンションがかえって居心地がよかったりする。


なにより朝食に、ザ・手作りのスロベニア料理がずらりと並び、
ものすごくおいしく、妙に元気をもらってしまった。


おまけに、10室のうち、私達以外の部屋はすべて
ドイツ人の結婚式の親族が団体で泊まっていて

お祝いの宴の笑い声のシアワセそうなことといったら!


朝方、花嫁の父親からブーケをもらったり
f0062821_840822.jpg

(↑下の方の白いお花がそれ)

帰り際に手を振って送ってもらったり


なんだか貧乏旅行もそれなりに楽しいものです(←負け惜しみだけど)


さてさて貧乏旅行は続きます。

3日目は、
真夏だというのにホテルにプールがないので(←というかホテルですらない)
ブレッド湖で湖水浴です。


f0062821_8314420.jpg

(夏も涼しい北欧州の我が家。真夏の暑さにバテバテのわんこです。)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-09-07 08:03 | ちっと旅ガラス