ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

恐竜 その3 その前に。

皆様
 
コメント返しが遅くなってごめんなさい.


皆様ご存じのとおり、
大変驚く報道があって、

そんなときの私の常として
「とりあえず寝て」しまった。



でも、これは本心から


「晴一、男をあげたやないか」


(↑今日はせめて呼び捨てさせてください)


なにより、ハセキョーなんていい女に惚れられる晴一。
たぶん、言葉だけじゃなくて


「何があっても、ハセキョー守っていく」んだろうなあ。



何といっても
晴一の好みどんぴしゃのハセキョー、晴一をよろしくお願いします。
年上のおばちゃんのお願いです。



ほんとにおめでとー。
心から、そう思う。


晴一、きばれよー。




で、ここのところショックなことが続いていて

実は先週、
愛する君の臨終に思いがけず立ち会ってしまったの・・・・。


この4年半の欧州生活で
朝も夜も、いいや昼も、真夜中も
もうあなたなしでは暮らせない体になってしまったというのに


この日がいつか来ることはわかっていたし、
ずっと恐れていたことなのだけれど


ばいばいありがとーさよーなら、

って感じで、
あっさりと別れを告げられてしまった。



2002年製の「バリュースター」。


ちーん。


ご臨終です。



皆様、
バックアップは大事です。

その日はある日突然やってきます。



でも、
臨終からわずか4日後、

日本から「LA VIE」君がやってきた。


しかも、
マレーシアで買ったというばったもののリュックで

まるで
「明日の遠足は雨ですから汚れてもいい服で来てください」

とでも言われたかのようないでたちで
たみちゃんの背中にしょわれてやってきたのだ。


ありがとう、シャルルドゴールでもしょってくれてたんだろ?

はじめてのフランスだったのに
ばったもののリュックしょうなんてつらかったろ?

そんな姿じゃ
さすがのナルシスト辻一成だって恋には落ちまい。


ちょうどこの水曜日に日本から遊びにきた友人たみちゃん(仮名)が
ヤマダ電機に買いに行ってくれて

しかもおしゃれ心台無しな感じになるにも拘わらず
リュックにしょって持って来てくれたのだ。


ほんとにありがと===3


で、恐竜の続きはまた次回。

(←いい加減にしろって・・・?)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-10-24 04:29 | ヨーロッパで暮らすということ