ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

恐竜 その4

f0062821_9245474.jpg

(ポルトガルとスペインの国境マルバオ。こーゆーとこ好きです)


私にとって

怒涛の2008年の10月も
あと2日を残すのみ。

どうか無事に終わりますように。


さて、
前々回の続きです。

何の話だっけ?っていうくらい遠い昔になりましたが


駐車可能の場所に駐車していた私の車が
なんだかよくわからないうちに恐竜になっていて

幸い加害者が警察に届けたため、
全額相手の保険負担で修理を依頼したのですが

問題は修理が終わるまでの私の車。


それがないととてもじゃないけれど大変のため、
どんな車種でもよいからオートマの車をよこせ、

と保険屋に代車を依頼した。



で、4日待ってやってきたのが
POLO(1400CC)のぴっかぴかの新車。


「先週末にきてまだ24キロしかのってないのよ。」


と、修理工場のなかでもぴかぴかなのだ。


おかげで車があってうれしさ満点ではあるけれど

スイッチ類、CD機器の操作、など
はじめてのPOLOで勝手がわからない。



ほ=。



これっていったいどーゆーことなんでしょ。


確かに

借りて1ケ月も経って立ってないYARIS君がブツケラレタけれど
前より新品のちょっと大きめな車がしかもオートマチック車が借りられた


っていうのはいったいラッキーなんだろうか
アンラッキーなのだろうか。

なんだか微妙にお得な感じがするのは
気のせいだろうか。・・・・


さてさて怒涛の10月それにしても10月は気が抜けない。

実は
こんなに長く生きていても、はじめてのハプニングもあった。



まあ、ハプニングっていっても

買ったばかりのCATHKIDSONの折り畳み傘が
初めて使おうと傘の柄をひっぱたら

なんと棒がすっぽり抜けて
布と棒に分解されてしまったってことなんだけど。

安物ならいざ知らず20ポンドもしたんだよね・・・


思いもよらない出来事が続出の10月。

お願い、無事に終わって。


(PS VISTAでの画像の縮小の仕方がわかりません。分解傘の写真は次回)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-10-30 09:45 | ヨーロッパで暮らすということ