ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Joyeux noel

f0062821_12262688.jpg


今日はクリスマス・イブだったけれど、
歯が痛んだので
近所の診療所に行った。


待合室で何気に、
フランス語の雑誌を見ていたら
知らない単語がいっぱいの記事があって。


流し読みしようにも
その単語の意味がわからないと
とても読み進められなかったので

電子辞書で調べてみた。


se suicider
tuer
chair


自殺
殺す



普段のフランス語の授業では
出てこない単語。



その記事は

クリスマス前に
自殺の道連れに5人の子供を殺した母親や

精神を病んで殺すことが楽しくなって
自分の子を殺した母親の真理を分析した記事だった。



日本みたいに興味本位のワイドショーなんかないから
滅多に目にしない記事で。

というより、きっとこういうニュースは
ニュースにならないほど実際に多いんだろう。

サイトで日本のニュースを見ると
誰々が誰を殺した、っていうニュースが毎日のようにあるけれど

確かにそういうニュースもあるけど
取り上げ方が微妙に違う。

興味本位というより、どこか啓蒙的で
注意喚起のためのような気がする。




町がきらびやかで
みんなが幸せに輝くはずのクリスマスだけど

わずかなプレゼントも買えない
毎日の生活すら、いっぱいいっぱいで生きている家族は

自殺したり
虐待をしたり

そういうケースが増える時期だという。

・・・・世界中が微笑みあうはずのクリスマスなのに。



毎年24日は、時間があれば
我が家の近所のなんでもない教会へ行く。


夜6時半からのクリスマスミサは

泣く赤ちゃんや走り回る子供たちのあふれる
厳粛とはほど遠いアットホームなものだったけれど


神父さんもにこにこと
「もう少しで終わるからね」
と話しかけて、

笑い溢れる素敵なミサで
なんて幸せなクリスマスなんだろう。


f0062821_12472039.jpg


これは、
ドイツ、モンショウのクリスマスマーケット。
おじいちゃんおばあちゃん、子供に大人。いろんな人が集う。

世界で一番かわいいクリスマスマーケット。
ただ、そぞろ歩くだけでうれしくて楽しい。

f0062821_12483560.jpg


どうしようもない貧困を私に語る資格なんてないけれど

せめて、微笑みあえる一日でありますように。

joyeux noel
[PR]
by miyu-sakura | 2008-12-25 12:53 | ヨーロッパで暮らすということ