ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ヨーロッパで暮らすということ( 114 )

かえろう

私は


お寿司が(といっても回転寿司だけど)好きで
サービスエリアの天ぷらうどんも好きで
ちぢれ麺のみそラーメンも好きで

ポンデリングも好きで
五平もちも好きで
うにも好きで


だから


今日の午後、日本に帰ることは
うれしいことに違いないのだけど。



先週から怒涛の一週間を過ごしてきて

まあ、さんざん遊んできたからしょうがないのだけど

引っ越し前後は本当に大変だった。


まず、
朝5時くらいに起きてユンケルを一本きゅーって飲んで


それからどーっとかたずけや荷詰めをして


昼ごはんは座ってゆっくりなんて食べれないから
ポテトチップスをぱりぱりと食べて

それから夜までかたずけやゴミ捨てをして


夜は、お友達が作ってくれた夕御飯を
その日初めてゆっくりと座って食べて


また、夜中の3時くらいまで
荷詰めやゴミ捨てをして

ちょっと寝たらまたすぐ起きて・・・・
という何ともハードな毎日だった。



船の貨物に積む荷物自体は
引っ越し業者の人にこれとこれと送ります、と指示をすれば
それを黙々とダンボールに詰めてくれるんだけど



そのあとに残された大量のものを



飛行機に手荷物で持って入るもの

飛行機に預ける荷物

日通の国際ペリカン便で送るもの





燃えるゴミ

燃えないゴミ

ビン・缶・ペットボトル・紙パック

電池

粗大ごみ

紙ごみ





電化製品や電子ピアノ、

使いかけの調味料に、使わなかった食品

読み終わった本や雑誌、漫画

着なくなったり使わなくなった洋服や雑貨を



それぞれ分けて箱詰めしたり

捨てたり

欲しい方に譲ったり、



メゾネット3階分の我が家にあふれていたモノを
選別するのに、時間がかかったのなんの。




・・・頑張ったわ私。


みゆ、グッジョブ(誰も褒めてくれないから自分でほめるの)




この美しい愛すべき町で

出会った方々

本当に偶然に知り合った方々


みなさんに心より感謝をします。



最後に心のこもった贈り物をしてくれたり
とっておきのワインや食事に招待してくださったり

「ベストプレイヤー賞」のトロフィーを作ってくれたり
送り迎えや買い物を手伝ってくれたり

ただ、すれ違ったその時に軽く微笑んでくれたり
ドアを開けてくれたり、重い荷物をもってくれたり

くじけている私をさりげなく助けてくれたり
最後にと、手のかかったサプライズパーティーを企画してくれたり



そんな皆さんに感謝します。

ここで出会えたことが何よりの思い出です。

なんて恵まれた人生なのか

感謝しないと、本当に罰が当たります。


ありがとう、そうとしか言えない。


ありがとう、ありがとう。







さあ、


私はわたしのいるべき場所


愛する日本に



さあ、


かえろう。
[PR]
by miyu-sakura | 2009-03-31 15:06 | ヨーロッパで暮らすということ

変なもの、買ってみた

来週の引っ越しに向けて
鋭意片づけに励んでいる・・・・はずが


今日もこうしてPCをいじっている。


・・・・大丈夫か。



我ながら、こんな行き当たりばったりの性格、
なんとかならないかとも思うけど

引っ越し前日まで、この家で普通に生活をしていくわけで
あるものすべてを箱にしまえるわけではないのが

ちょっと面倒くさいところ。



でも、
今すぐ使わないものから
箱づめをしている。



今すぐ使わないもの・・・・


それは


f0062821_6521754.jpg



これ。




実は最近、友人宅でヨガを習っているのだけど
ヨガの先生が、


「これさえあれば風邪知らず!!」
と豪語するので

なんと通販で買ってみた。


イギリスから送料入れて12ユーロ。
日本円でだいたい1500円位。



さて、
これはいったい何でしょう。




ヒントは、健康器具!




・・・・わかりましたか?





これを初めて見たとき、
そのじょうろの先の形に、

「お、おやっ?」

といや~~な予感がしたのだけど、




実はこれ、


鼻洗いです。


使い方は


f0062821_6575023.jpg



こんな感じ。



片方の鼻の穴から水を入れると

もう片方の穴から水が出てくるっていう


至極簡単な原理。




でも、

・・・・・・だ・大丈夫か?

・・・・・・なんでこのおねーちゃん、笑っているんだ?

・・・・・・てか、なんかのプレイにしか見えないんだけど?



と、この写真を見て、逆に不安と疑問に押しつぶされそうになったけど
ヨガの先生のお勧めもあったので、



肝を据えて、
やってみることにした!!




結果は・・・・



・・・・・・・

・・・・・・・


プ・プールで鼻に水が入った時みたいな、

なんか出切った感はあるんだけど

つ~~~~んとした感触が残る、
びみょーにいやーな気分。



一言でいえば
超ブルー・・・・・・・


でも、せっかくイギリスから通販で買ったし、
実家のよしえちゃんに(恩着せがましく)お土産であげようと
引っ越し荷物に詰めてみた。



今、欧州で大ブーム、とか言って
無理やりやらせてみよう。(←く・くろい・・・)


よしえちゃん、やってね。
きっと風邪知らずだよ!
[PR]
by miyu-sakura | 2009-03-18 07:04 | ヨーロッパで暮らすということ

ジンクス

f0062821_10212370.jpg

(真夏のアマルフィー海岸、世界遺産ポジターノ。今見ると夢のようです。)


実は私には奇妙なジンクスがあって。


それは、

爪に白い点が出ているときに受けた試験は
なぜか受かる、

というもの。


去年の年末に
フランス語のテストを受けている、まさにその最中に
そのしろいぽっちりを爪に見つけて


あ、
このテスト受かったな、


と図々しくも思ったのですが


やっぱり受かりました。


DELF。


英語でいうと
TOFELにあたるこのテストは


ラジオを聴き、新聞の記事を読み、
簡単なビジネス文章を書き
時事問題の会話をする、


という私には
結構難易度の高いものなのだけど

その中でも
初級のA1A2、中級のB1B2、上級のC1
とランクが分かれていて

今回受かったのは
ちょうど中級のB1。



私にとってはマジメに難しかったのだけど


ジンクス通りというか
ジンクスパワーというか
たまたま引いた問題が、かなりラッキーだった。


たとえば

新聞記事を元に行う会話の内容は
裏返した紙をひいて決めるのだけど


引いたら
「沖縄県民がなぜ長生きなのか」

っていう記事だった。


引いた瞬間、
うっ、やったーっこれなら会話できる~~!
って密かにガッツポーズだったけれど

読んでる私がびっくりするくらい、嘘ばっかりの記事で。


「沖縄県民は毎日シリアルばかり食べる」
とか
「沖縄県には交通網がないので毎日歩いて移動する」
とか
「肉類は全く食べない」
とか


おおおおお~~~い、
こんなウソ、新聞に書いちゃいけません!!

って突っ込みどころ満載の
新聞記事。


でも、それもさしい引いても
会話のしやすい題材で、

これで会話のポイントがかなり稼げたように思うのだ。



ラジオ番組を聞いて設問に答える問題でも
たまたま自分が何度も旅した観光地でのお祭りの話題で


お、これもわかるで!

と、これもまた点数が稼ぎやすかった。



めったに現れないこのジンクスですが
今のところこのジンクス、外れたことがありません。


なぜ?


得なんだかなんだかよくわからないジンクス。


もうちょっとましなジンクスってないものなのかしら?




それにしても、今回の受験は

ぼちぼちとフランス語の勉強をしてきて
最後に受けたという、いうなれば記念受験。


ここまでなんとかやりましたっていう私なりのゴールだったのですが

実はこのDELF
フランス語圏の高校や大学への入学条件の一つなんです。


言い換えれば
この資格をとって初めて学校にいける、
スタートラインにたてるっていう資格なのです。


おい、4年も勉強してきて
ようやくスタートラインかよ・・・


超微妙・・・・・


まあ、それでもわたしにはいっぱいいっぱい。
結果には大変満足です。


でも、はやく署名をしに行かないといけなんだけど、
なかなか忙しくて行けない。



だって、

この期に及んで

「美内すずえ全集」
借りてきちゃったんだもの・・・・


相変わらず、

大丈夫か、私・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-16 23:42 | ヨーロッパで暮らすということ

妄想女

f0062821_9162789.jpg

例年では1日2日で溶ける雪が、今年は珍しく何日も残りました。
我が家の近所の公園では、そりをする子供たちが山もり。
この木製のそり、ブレーキなんてありません。命知らずの超速マシンです。
お値段約5000円なり。買おうかどうかマジに迷いました。




さて、
忙しいときほど、他ごとをしたくなるのが私の悪い癖なのですが


引っ越し最中、引っ越し後にわたって、
ラブリー妄想女王マダムKや、すてきマダムMより
ものすごい量の漫画と小説を借りてきました。


いくえみ綾の 「潔く柔く」
椎名軽穂の 「君に届け」
吉田秋生の 「YASYA」
大和和紀の 「あさきゆめみし」
池田理代子の 「ベルサイユのばら」

すべて合わせるとたぶん・・・40冊くらい。


それに
奥田英朗が何冊かと
松岡圭祐に島田荘司、大石静なんかがあわせて7冊。


今、読んでいる場合じゃないってわかっているんだけど
ついつい、読んでしまう。


私にとって、読書はずばり「現実逃避」

逃げたくなればなるほど読んでしまうのだ。


それに、
マダムKにより

「メイちゃんの執事」は必ず見るべし

との指令を受けてしまったため


真面目に寝る暇もないほど
漫画、YOU TUBE、小説に埋もれて暮らしている。


昼間は昼間で会いたい人や
しておきたいこともあって
意味なく忙しいのだが


忙しくて時間がなければないほど
読書に逃げてしまう私・・・・・・・。



しかも読後は必ず、
小説や漫画の架空の世界にどっぷりつかって

妄想の大海原を泳いでしまう。


たいていは主人公の女の子が私、なんだけど。



たとえば、

源氏物語を漫画化した「あさきゆめみし」ならば

私は光源氏の永遠の恋人「紫の上」


愛する源氏の君が
数々の恋のお相手に夜な夜なお出かけになるのを

毎夜、着物の袖を涙で濡らしながらも許している。


あ~夜這い~

このせつなさ~~。

なにより源氏の君のお美しいこと~~~。

あ~~、源氏の君~~、何をなさるの~~~。

(←私のほんとのキャラはおばさんの六条の御息所なんだけど)



とまあ、紙も鉛筆もなくても
脳内妄想は楽しい☆楽しい☆


忙しければ忙しいほど
脳内妄想係数、上がりまくりで妄想しっぱなしになる私。


・・・大丈夫か?





さて、さて話は変わりますが、
そんな楽しい毎日の中でどーしても許せないのが


漫画「君に届け」。


「はちみつとクローバー」に続く、
胸ぐらわしづかみの青春マンガです。


ずっきゅう~~~ん☆
っていう感じで胸打たれちゃいます。



蒼いです。

真っ蒼です。

蒼くささ満点です。



それなのに!


これ松潤主役でドラマ化ってマジ?
16歳のさわやか少年のはずなのに・・・
あの、こゆ~~~い松潤が風早クン?



ありえないでしょ!!!


全然松潤、蒼くないし!!!


黒いし!


どちらかっていうと真黒だし!!!



と、真面目に納得いかず
この振り上げたこぶしの鋒先を探す今日この頃。



さて
わたしはちゃんと引っ越しできるのでしょうか


というか、ちゃんと現実の日本に帰れるのでしょうか。


若干、不安・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-10 09:51 | ヨーロッパで暮らすということ

海外のお引越し

f0062821_524228.jpg

(我が家のお引越し。リフトを窓に横づけです)


20年くらい前、
初めてパリに行ったときのこと。


日本食レストラン街のあるオペラ座近くに

海外引っ越し 日通

と書かれた看板があるのを目にして


そーかー、海外引っ越しは日通なんだ


と、思った記憶がありますが
(その時は、まさか自分が海外引っ越しをするとは思いもよらなかったけど)


今回の日本へのお引っ越しも、たまたまですが日通さんでした。
日本語が通じてとても便利です。


海外へのお引越しといっても、荷物の量や距離で色々ですが


我が家の場合は


 実際に引っ越す数ヶ月前に、第一弾として船で運ぶ大荷物を荷出しして
 
 実際に引っ越すときに船で運ぶ荷物、飛行機に乗せる荷物を荷出しします。


今回は第一弾の船便の荷だしです。

f0062821_5305092.jpg


船のコンテナに貨物として乗せるため
すべての荷物は段ボールでぐるぐる巻き。

我が家はいろいろと家具を持ってきていたため
ベットやソファー、椅子なども梱包します。

これは屈強なプロの人がやってくれますが、


細かい衣服や本・雑貨・鍋や食器は
事前に段ボールをもらっていたので
できる限り自分で荷詰めします。

もちろんプロの人もやってはくれますが
自分でいれないとどこに何を入れたのか
はたまたゴミなのかそうでないのかわかりません。


日本はごみの分別にうるさいし
費用もかかってしまうので
極力いらないものは持って帰らないよう、

ごみ袋を片手の段ボール詰めでした。



我が家は
日本でいう3階建ての一軒家でエレベーターなどないため

窓からリフトで荷物をおろします。

f0062821_8173385.jpg


我が家はまだ3階建てなのでましですが

10階建てのアパートなどの引っ越しでも
基本的にはこのリフトで荷物を降ろします。

このリフト、台座に柵なんかないので、
見ているほうが落ちてしまわないか身の縮む思いですが、

たしかに効率はとってもいいです。




海外の引っ越しで特別なことは

運んだ荷物の明細を出さなくてはいけないということ。

f0062821_5561828.jpg


今回荷だしした70個の段ボールの内容について
すべて記載し、保険のための金額を書き込みます。

引っ越しでバタバタしているときに
結構これ、めんどくさいです。


日本語で書いた内容証明はその後
日通さんで英語に翻訳されてリストになって
税関に通されることになりますが


リストを書いていて


今回、


これ、


まずいかも・・・・・



と思った品物が一つ。



それは、


f0062821_5595148.jpg



むち。



ハンガリーにある世界遺産ホルトバージ平原で買ったものなのですが
本革製のマジなムチ。

しかも長さが3メートルくらいあります。



これって・・・・・・

税関の人、誤解するだろうか・・・・。


不審な荷物と、止められたらどうしようと

今からちょっと不安な今日この頃です。



というか

まず日通さんに誤解されるな、きっと・・・・。
[PR]
by miyu-sakura | 2009-02-04 05:36 | ヨーロッパで暮らすということ

お引越し

f0062821_10402648.jpg

(島全体が活火山のようなアイスランド。いたるところに温泉が☆
印象としては、九州に似てる・・・です。)



さてさて、
欧州在住もうすぐ丸5年になる私ですが、


この春に、
ようやく日本にお引越しすることになりました。



フツーにうれしいです☆
なんといっても日本人ですもの。




回転ずしも、てんぷらうどんも、ラーメン屋さんも
ミスタードーナツも、ビビンバも、五平もちも、野沢菜も

あまりの恋しさに、とうとう夢にまで出てくるほど
「歩く食い意地」といった私なので

いつでもどこでも食べに行けると思うと
今から夢見ごこちです。



今の心境としては

海外旅行に行きたくて行きたくて、お金を貯めてお休みとって
ようやく念願の旅行に行ったはいいけど

最後に家に帰ってきて
「あ~~やっぱり家が一番」ってつぶやいちゃう感じです。




で、

只今引っ越しの準備真っ最中なのですが


個人で単身留学、というなら荷物も少ないと思うのですが
家族とペットで5年近く住んでいたため


まー、びっくりするくらいの荷物があります。



日本の家は、ずいぶんと小さくなるため(←冷静に考えてリビングの大きさ)
今使っているものすべてを持って帰れるわけではなく。



そこで、只今
家中のものを半分に減らすべく

燃えるごみ用のゴミ袋をもって
家中を歩き回っているわけです。



台所の棚を奥まで覗いてみると
賞味期限切れの食品の山。

しかも、
もったいなくてとっておいたまま、といった宝物たちがぞくぞくと。



たとえば


・2003年9月にすでにご臨終していた抹茶アイスのもと。

  何といっても「粉」なのだから、
  と勇気を振り絞って作ったら意外にフツーだった。
  皆さん、抹茶アイスのもと(粉末)は5年経過しても大丈夫です。

  っていうかすでにフツーの基準がおかしいのかも。
  っていうか我が家が来たのが2004年4月なのに、
  どーしてその時すでに賞味期限が切れているモノが棚にあるのか謎。


・2005年2月にご臨終のサキイカ。

  海鮮ものは基本的には輸入禁止なのでレア商品。
  特別に大事にしまいこんだのがアダ。
  半ナマ商品のため、さすがに食べるのはやめた。


・2006年10月にご臨終のとらやの羊羹。

  羊羹の賞味期限は半年くらいあるのにもかかわらず
  大事すぎて食べられないまま今に至る。
  ・・・・これも泣く泣くゴミ箱へ


・2007年1月にご臨終のパスタソース。

  冷静に考えれば2年経過。
  でも、瓶づめだし、でも、肉入っているし・・
  とさんざん悩むもゴミ箱へ。


・2008年1月にご臨終の青柳ういろう。

  欧州生活において
  賞味期限の「1年」は「誤差」。
  当然おいしくいただきました☆
  1年の超過は、超過と思わず大体何でも食べます☆


・・・・・などと棚一つ片付けるのに
おそろしく時間がかかるかかる。


まじめに多すぎる本やCDも

持って帰る、捨てる、BOOK OFF(パリにあります)に売る
  
と考えながら選別していると
あっという間に真夜中もすぎ、
しらじらと明け方が近づいてくる。



海外引っ越し、
真面目にめんどくさいです。

なんといっても大荷物は
船に揺られて手元に届くまで二か月かかります。


春に使う家具を荷だししてしまうと
約2か月、家具なし生活です。


家の中で、ほぼキャンプ生活。
食器もプラステッィック・・・・



家具つきアパートだったら楽だったのにな、
と今更悔しがっております。



さ、もうすぐ船で運ぶ荷物の荷出しです。

あとひと踏ん張り・・・しないでまずは、寝よう!



・・・・あ~~、普段からものを増やさない生活、
こんどこそ実践したい、するぞ、・・・と思って早20年。

筋金入りのかたずけられない女とは私のこと。


こんどこそは、生活習慣を見直すぞ、と
毎回引越しの旅に思うのだけど。


学習しよう、私・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-01-26 12:01 | ヨーロッパで暮らすということ

どろぼう

先日、

「昨日の水泳教室のロッカーで、アンのリュックを見なかった?」

とエリザベスのママから電話がかかったきた。



エリザベスのママとは週3回、でっかい公共のスポーツ施設の
水泳教室で顔を合わすのだけど

すごい美人なオーストリア人なのに、気さくで偏見がなくって
お互い好きな服のブランドが一緒だったりして

私の下手なフランス語でも気にする様子もないので
いつも楽しくおしゃべりをさせてもらっている。



そのママからのあわてた様子の電話によると、

いつものように水泳教室のあと、
集団用のおおきな更衣室で着替えて帰ったんだけど

建物をでてすぐ、
お姉ちゃんのアンちゃんの通学用のリュックを置き忘れたことに気づいて
急いでロッカーに取りに戻ったところ


もう、なかったんだって。


アンちゃんのリュックには
教科書やノートなどの学用品一式がたっぷり入っていて

かなり重かったし、なによりでっかくて


決して
「うっかり間違えて持ってきちゃいました」
って感じのものではないので、


なくなったってことは、置き引きされたってことになる。




欧州で暮らしていると
泥棒や盗難は日常茶飯事。



大使館発行の盗難事件一覧を見ていると

「ホテルの朝食ビュッフェで料理を取りに行っている間に
椅子に置き去りにしたバックが盗まれた」

とか

「列車内にトランクをおいてホームに飲み物を買いに行き、
戻ったらトランクがなかった」


などと書かれているのを見ると


逆にそういうことをしても盗まれない日本って
なんて安全なんだろーって思ってしまう。




手荷物、バックは肌身離さずは
欧州生活での鉄則です。


だから、今回子供のリュックが盗まれたのって
エリザベスのママの不注意に違いないのだけど


子供の水泳教室で、
申し込んだ子どもとその親とコーチしか入れない更衣室での盗難って



・・・・ちょっと信じられない。



もしかして私は、泥棒と一緒に泳いでいるわけよね。

そしてこれからもずっとその泥棒さんと同じ部屋で着替えるわけよね。


そんな一見安全なところさえも、気の抜けないなんて
さすがに驚いてしまった。



そういえば昔、
公園で遠くに飛ばしたフリスビーを
取りに行ったら盗まれてた、なんてこともあったしな・・・・。


油断大敵。
しみじみと肝に銘じた事件でした。


やっぱり日本はいい国だ。


f0062821_21711100.jpg

(世界最大の温泉ブルーラグーン。とにかく最高に気持ちよか~~)
[PR]
by miyu-sakura | 2009-01-22 18:35 | ヨーロッパで暮らすということ
f0062821_2122079.jpg


皆様、あけましておめでとうございます~~。


2004年4月に渡欧して
まさか2009年までいようとは夢にも思いませんでしたが

なんとか無事に健康に(虫歯と少々メタボ気味ではあるが)
2009年を迎えることができました。


どうもありがとーございます。


ポルノの晴一さんもとうとうパパになるし(←泣き)
我が家のわんこも今年はパパにする予定です。
(花嫁さん大募集中☆)


はー、季節は移ろっていくわぁ。



で、

最初の写真は花のパリ。

2006年の1月1日0時のシャンゼリゼです。


花のパリのカウントダウンには

何かが、

何かが

何かが


絶対あるはずと信じてわざわざ繰り出したのに


ひょろろろっろ~~、って感じで
誰かがあげたしょっぼい花火があっただけで

片側4車線のシャンゼリゼ通りを埋め尽くす
おのぼりさんのフランス人やイラン人と

最近どこにでも見かける中国人の酔っ払いとに
ただただもみくちゃにされ

別になあんにもなかった私たち。



まあ、ただいま絶賛両想い中で
周り全部がピンク色がかっためろめろんなカップルだったら

「今、世界で一番ロマンチックな年越しでぇす☆」

って時差考えずに
メール一斉送信しちゃうと思うのだけど


生憎そーいうわけではなかったため
なんか肩すかし感あふれる年越しになってしまった。
f0062821_254331.jpg

(これは1月中旬まで続くラファイエットのイルミネーション、見ると意外に地味)



さて、
欧州での年越しも最後になる今年こそは、

とびきりワンダフォーな年越しにすべく
よさそうな街を物色してみたところ、

鬼太郎だったら、
間違いなく頭の毛が反応したであろう街を発見した。



それは

我が家から1100キロ離れた


オーストリーのパリ、

ウィーン☆



ご存じのとおり
毎年12月31日の夜には
ウィーンのオペラ座でウィーンフィルハーモニーの
ニューイヤコンサートがある。

世界一有名なニューイヤーコンサートのトリは、
ヨハン・シュトラウスの「ラデツキー行進曲」。

たららん、たららん、たららっらっらんと、
振り返る年寄りの指揮者に合わせて
観客が手拍子を送るお約束が、もうたまらない。


毎年このコンサートがTVで中継されるたびに
必ずTVの前で正座して、

熱い手拍子を送らないと
新年って気がしないくらいだ。




でも、
このチケットがまたべらぼーに高くて

というより
優先客やツアーですべて埋まってしまい
庶民の我が家がまさか行けるはずもない。



しからば、

その時間に合わせて、
オペラ座の前で

手拍子をしようぢゃあないか、

と思い立った。



そう、ウィーンフィルと私の間には
壁一枚。

そうたったの壁一枚なの。

ほら、
聞こえる・・・聞こえるわ。

あのたららん、たららん・・・が。

そう、ここはひとつ
私の得意技である妄想力を駆使して

ひとり手拍子をやってみせるわ。



・・・とまあ、

私が1月1日0時に手拍子をしたい、
とたったそれだけの理由で

凍りつく1100キロを車でかっ飛ばして
行ってきました、花のウィーン。

その顛末はまた、次回・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2009-01-05 02:17 | ヨーロッパで暮らすということ

Joyeux noel

f0062821_12262688.jpg


今日はクリスマス・イブだったけれど、
歯が痛んだので
近所の診療所に行った。


待合室で何気に、
フランス語の雑誌を見ていたら
知らない単語がいっぱいの記事があって。


流し読みしようにも
その単語の意味がわからないと
とても読み進められなかったので

電子辞書で調べてみた。


se suicider
tuer
chair


自殺
殺す



普段のフランス語の授業では
出てこない単語。



その記事は

クリスマス前に
自殺の道連れに5人の子供を殺した母親や

精神を病んで殺すことが楽しくなって
自分の子を殺した母親の真理を分析した記事だった。



日本みたいに興味本位のワイドショーなんかないから
滅多に目にしない記事で。

というより、きっとこういうニュースは
ニュースにならないほど実際に多いんだろう。

サイトで日本のニュースを見ると
誰々が誰を殺した、っていうニュースが毎日のようにあるけれど

確かにそういうニュースもあるけど
取り上げ方が微妙に違う。

興味本位というより、どこか啓蒙的で
注意喚起のためのような気がする。




町がきらびやかで
みんなが幸せに輝くはずのクリスマスだけど

わずかなプレゼントも買えない
毎日の生活すら、いっぱいいっぱいで生きている家族は

自殺したり
虐待をしたり

そういうケースが増える時期だという。

・・・・世界中が微笑みあうはずのクリスマスなのに。



毎年24日は、時間があれば
我が家の近所のなんでもない教会へ行く。


夜6時半からのクリスマスミサは

泣く赤ちゃんや走り回る子供たちのあふれる
厳粛とはほど遠いアットホームなものだったけれど


神父さんもにこにこと
「もう少しで終わるからね」
と話しかけて、

笑い溢れる素敵なミサで
なんて幸せなクリスマスなんだろう。


f0062821_12472039.jpg


これは、
ドイツ、モンショウのクリスマスマーケット。
おじいちゃんおばあちゃん、子供に大人。いろんな人が集う。

世界で一番かわいいクリスマスマーケット。
ただ、そぞろ歩くだけでうれしくて楽しい。

f0062821_12483560.jpg


どうしようもない貧困を私に語る資格なんてないけれど

せめて、微笑みあえる一日でありますように。

joyeux noel
[PR]
by miyu-sakura | 2008-12-25 12:53 | ヨーロッパで暮らすということ
クリスマスシーズンともなると、

肉屋ではファルシ、という食べ物が山盛りになる。


鶏のファルシ
七面鳥のファルシ、
さらには
鴨のファルシ
キジのファルシ。


・・・とまあ簡単に言うと

ファルシとは
鳥の内臓をとって
その空洞に

おしりの穴から

詰め物をして食べる料理。



内臓はきれいに取れているので
とりあえずお尻からなんか詰めて
塩コショウをして
200度のオーブンで焼くだけなので

見た目の豪華さと
名前のファンタジー感に反して

つくり方はいたって簡単☆

・・・・なはずだ。




まず、これが買ってきたホロホロ鳥のひな。
気色の悪い足が特徴。

f0062821_21501539.jpg


ちなみにあのでっかいサイズのホロホロ鳥は
ファルシになんかできません。


このおしりの穴に詰め物をするのですが
鶏の場合は林檎とかジャガイモとかそんなものを詰める。

でもホロホロ鳥の場合は違って


肉屋のマダムいわく

合挽肉(塩コショウ、パプリカ等の味の付いたもの)
マッシュルームのみじん切り
ピスタチオのみじん切り
生クリーム
カルバドス・コニャックなどこお~~いお酒

を、すべて目分量で混ぜたものを

スプーンでおしりの穴を広げながら、詰める。

f0062821_2214837.jpg



・・・・でもまあ、目分量ってどーよ。

・・・・失敗しても責任取らないつもりだな。


で、
その外側のお肉に塩と胡椒を手でこすりつけたら

オリーブオイルをたっぷりかけて
200度に熱したオーブンへ

f0062821_2217855.jpg


で、途中上下をさかさまにして焼くのだけど、
焼けたかどうかは

肉に串をさして、出てきた脂が透明ならば焼き上がり。
脂がにごっていたら、もう少し焼く。



そして

おおよそ1時間後・・・


f0062821_21413937.jpg


出来上がり☆


見た目より、確かに確かにおいしくって

肉屋のマダムの言うとおりでした~~☆


お尻にものを突っ込むことに抵抗さえなければ
簡単すぎて料理とも呼べないこの料理、

お勧めです。
[PR]
by miyu-sakura | 2008-12-22 21:50 | ヨーロッパで暮らすということ