ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

28年間で、死亡者192人。逮捕者は3000人以上。
・・・・なんの数字か分かりますか?


1989年11月10日。


この日テレビで見た光景が、未だに忘れられない。


手に手にハンマーを持った屈強な男たちが
コンクリート製の壁の上に立ち、大声で叫びながら壁を壊している・・・
この光景は当時世界中に生中継され、人々は驚きと歓喜で受け止めた。


「ベルリンの壁崩壊」

いまからたった15年前の現実の出来事である。
f0062821_5183611.jpg

(ブランデンブルグ門。壁のすぐそばにあって、ここから生中継された)

旅行好き、とりわけ世界遺産めぐりを趣味としている私ですが
ベルリンは、そのベルリン市内の世界遺産「博物館島」だけでなく
その歴史的遺物であるベルリンの壁を、どうしても一目見に行きたかった。

ポルノ晴一さん言うところの人生スタンプラリー、世界遺産版。
少し色の違う、スタンプを集めている。


東京23区の1.5倍の面積のベルリン市。
ドイツの東端に位置し、実は、周りはすべて東ドイツ領。
地理的には東ドイツに位置する。

首都であったベルリン市は、協定によりわざわざ東西に分断。
西ベルリンは、完全な西ドイツの飛び地で、
遠く離れた西ドイツとは、東ドイツを通過する直通電車で結ばれていた。

ベルリンの壁というのは、実は飛び地である西ドイツ領を包囲して作られた。
1961年。その長さは155キロにも及ぶ。


壁を超えようとして、28年間に死亡したのが、冒頭の192人。
戦争は、はるか昔に終わっているにもかかわらず、である。

1989年といえば、日本はバブル景気真っ只中。
高いものほどよく売れた、日本が浮かれていたころ、
第2次世界大戦で同盟を組んだ東西ドイツが、ようやく統合されたのである。


テレビで、ハンマ-を振るう男たちが、まるで別世界のように見えた。

だから、ベルリンに行って、まだ残っている壁の一部に手を置いた時、
ようやく来れたって、本当にうれしかった。
現実だったんだって思った。


壁ってね、高さ2メートルしかないの。
上の部分が反り返っているものの、がんばればね、登れそうなの。
監視している塔は、結構遠くにあるからからこれは渡れそうだなって思うけど、


実は、壁は2重に作られてた。

二つ目の壁までの何もない60メートルの間に、見つかり・・・・・。



今、ベルリンに行くなら、断然、旧東ドイツエリア、MITTE。(ミッテ)
f0062821_5284380.jpg

旧東ドイツのテレビ塔。むちゃくちゃレトロ・・・。

f0062821_5383580.jpg

テレビ塔から東ドイツ領を見て。アパートのつくりが旧式。
しかも、壊れたままの教会・吹きさらしの工事現場など、
統合から15年経つ今でさえ、明らかに開発が遅れている。


オスタルジーとも言うが、下手をすれば、50年位前からかわっていない、
旧社会主義の間放置されていた古い建物に、
世界中から若いクリエーターが移り住んだ。

壊れたままハダカの壁を残すアパートメントに
グラフィティをのせ、新しくブルーに塗り替え、未来へ進もうとしている。
そんなパワーが、店の先々からあふれている。


そのMITTE地区に程近い、世界遺産博物館の島。
旧東ドイツ領に位置し、
4つの博物館のある、川の中の浮島のような島。
f0062821_542528.jpg


古い時を刻む重厚な建物群もまた、
東西ドイツ統合の象徴。

f0062821_5431148.jpg

古びた旧東ドイツの建物に混じって、1997年に建て直された
近代的なドイツ連邦議事堂。


ガラス張りのドームからは、現在の平和な東西ドイツが、一望できる。


ベルリンは、私が今迄で行った町の中で、もっとも印象深い世界遺産。
ただ、そこにあるだけで、言葉を失う。


晴一さんの言うところの
特大の、普通の100倍くらいの大きさの人生のスタンプを、
押した。


こんなすばらしいスタンプが押せる今の環境に、感謝、です。

f0062821_5491760.jpg

(世界3大オーケストラに数えられるベルリンフィル交響楽団。
カラヤンサーカスとの異名を持ち、音響が抜群といわれる)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-31 22:35 | 今日の世界遺産
先週末に横浜スタジアムの野外ライブが終わって
そろそろポルノも落ち着いたかなあ、と思っていたら、

ポルノの晴一さんイキナリ、熱帯魚飼ってるし
http://haruichi.air-nifty.com/harujp/

きっと、小さな小さなチューリップ型の金魚蜂に2匹くらい入れて飼うー
東京の下町に響く
「きんっぎょ~え~きんぎょ~」の金魚売から買うような
サザエさんの世界的なものをイメージしてたのではないでしょーか


それが幅60センチの巨大水槽に熱帯魚・・・

自分で絶対動かせないほどの水槽に珊瑚・・・


ライブ後で気分が高揚してたのかな?
夏だから、うっかりぼおっとしてたのかな?


あぶないぜっ!晴一さん

だめんだ、そんなことではっ。


晴一さんのブログで、
サイフを無くし、携帯を落とし、
ライブのDVDではホテルの部屋のキーも無くしてましたよね


もおっ。だからかわいいところ見せて
おねーサンの(おばさんの?)母性本能くすぐるのはやめてよっ。


今日は、晴一さんの心の母に勝手になった気持ちで、

5900円のワゴンを安く買ったって自慢してた
晴一さん、カムバアックー☆


そー言えば、
7/3のHEYHEYHEY!、ようやくビデオで見れました。
(日本から送ってもらうので、2週間以上は遅れるちゃうんだ・・)


隣に座るおっぱいサイボーグの美香を
絶対に見てない。
一回か二回、ちょっとは横のほうを見てるけど。


ちょっとでも見ると横乳が見えてしまうんでしょうね
あのポジションでは。
布一枚だけだったからもしかして乳首なんかも見えちゃうのかな?


ほんとーは絶対うれしいはずなのに、
がんばって苦笑いをしながら、自分の前の地面を見てる、
そんな晴一さんにもおっ、アタマぐらぐらしました。

だめだ。
かわいすぎる・・・・

f0062821_15162946.jpg

(早朝のモンサンミッセル。この道は昼間は江ノ島参道並みの人出)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-28 14:46 | ポルノ・ポルノ!!
先週のこと。
ポルノグラフィティの横浜スタジアムライブがあったその時、
私はハンガリーの東部、ホルトバージ国立公園にいました。


ニュートラルな自分に戻るため、
こうやって大好きな旅に出れる今の環境を
心からありがたく思わなければ、絶対にバチが当たります。


いつものように2ケ月以上前に格安航空券を手配し、
何日も夜中までかかって状態のいい安宿を探し、
地元の人が毎日使う、旧社会主義国製のおんぼろ電車に乗って
ブタペストから往復7時間以上かけて行ってきました。
f0062821_17253569.jpg


朝6時半ブタペス東駅。

こうして駅のホームに立つ度に、
この線路は一体私をどこに連れて行ってくれるのか、遠く想いをはせる。
そう考えるだけで、体の底から不思議と力が沸いてくるんだ。

この線路がどこかの駅に続き、
そこからまた違うどこかに線路は続き、
この駅からどこまでもつづく可能性が、私に力をくれる。

f0062821_17392078.jpg

途中の駅。何もないところにぽつんと駅舎がひとつ。
出迎えの少女と、降り立った少年は、どこに帰るのかな。

f0062821_19293729.jpg

乗り換えのデブレツェン駅。ここにはIC(インターシティ特急)も止まる。
大きな駅のはずだったのに、この程度。


そこから各駅停車のローカル線に乗り換えて
世界遺産ホルトバージ国立公園の玄関口、国鉄ホルトバージ駅へ。
1時間半にたった1本の電車。
なのに、ホームに降り立ったのは、私たちを含めたったの9人のみ。


世界遺産は、世界中にたくさんあると思いますが、
こうして、何もない、土産屋の一軒もない、世界遺産だってあるんです。

なぜなら、この世界遺産は、
歴史的建造物や景観に与えられたものではない。

ハンガリー最大のホルトバージ大平原に、
ハンガリー古来の珍しい家畜たちが飼育され、
2000年以上前の伝統的な牧童生活が今なお続いていることに対して
1996年に、与えられた。

ゆえに、仰々しい土産物屋もなく、
ただ、目の前には大平原と、飼育される古来の家畜がいるのみ。
f0062821_17561748.jpg


この国立公園は車等の立ち入りが禁止されているため
馬車によるガイドツアーのみで見学を許されている。
f0062821_17581019.jpg

ハンガリー語と、ドイツ語のガイド。ドイツ人はほんと、どこにでも出没する。
f0062821_18432640.jpg

かつての騎馬民族特有の衣装を身に着け、
ヤグと呼ばれる牛の群れを自在に操る。
f0062821_17592976.jpg

どこまで行っても、見渡す限りの大平原が続く
地平線まで、限りなく大平原が続いている。


f0062821_1815433.jpg

ガイドツアーのあと、同じように電車にのってブタペストに帰る。
往復で大人1人たったの1500円。片道200キロ以上は走るというのに。

しかもこの線路には、電線がない。
昔ながらのディーゼル機関車は、きっと社会主義時代から走り続けてる。


ハンガリーは1989年10月23日、社会主義と決別。
晴れて、共和制となった。

東西ドイツ分断時代には
ハンガリー経由で西ドイツに渡る東ドイツ国民のために、国境を解放。
結果として、ベルリンの壁の崩壊に多大なる影響を与えた。


旧社会主義国を旅をすると
西側フランスやスペインなどのきらびやかな、華やいだ町並みとはまた違う、
くすんでいるが重厚な、そして少々貧しい町並みに出会う。
それは、実際に足を運ばなければ実感できなかったこと。


こうして、
たくさん電車に乗って、大好きな本を読んで、
おばあちゃんや子供と話して
たくさんの夕日と朝日を見た。

教えてもらって覚えたハンガリー語のケセネム(ありがとう)は
忘れないようにしよう。


ホルトバージの大平原で、
ちょっとポルノグラフィティのことを思い出した。
聞こえて来たのは「メリッサ」だったんだけど、なんでかな。
f0062821_18294836.jpg

(ブタペスト、世界遺産ドナウ川くさり橋での夕日)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-25 18:30 | 今日の世界遺産

ニュートラル

今日から、ちょ~っの間、ハンガリーに行ってきます。


ここんところ、ずっとずっとばたばたとしていて、
どんどん、自分が自分ではなくなっているのに、
自分が気づいてしまいました。


ここらで、すこし、ニュートラルな自分に戻ろうと思います。


飛行機の中で読む、
借りたばかりのハリーポッター謎のプリンスがとても楽しみです。


逢っている時と、ブログとずいぶん印象が違うと言われますが、
どちらも、自信を持って、私です。
間違いなく、すべてをひっくるめて私です。


仲良くしてくださっている方々、いつも本当にありがとう。
感謝しています。うまくいえないけれど。


見渡す限りの草原で、なにが私を待っているのか、
古びた電車のホームに吹く、青緑の風はどんなニオイがするのか

わくわくします。
f0062821_16351657.jpg

(スペイン、ロンダ。誰もいない闘牛場)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-21 16:36 | それでも・・・

伝説のハマスタ

今週末の横浜スタジアム野外ライブの暑さ対策に、
クーラー禁止を言い渡されているポルノファンですが、
大丈夫、あたしんちは、クーラーなんてもともとないから。


クーラーのある家ってこのあたりじゃ見かけない。
冬すんごく寒くて、夏あんまり暑くないからなんだけど。
冬の暖房切れたら凍死するけど、冷房なんかなくても基本的に平気。
・・・そんなとこ住みたいですか?
たぶん晴一さんは住みたくないな。あきっとさんも無理。


今は地球の反対側にいるから、残念ながら、ライブは参戦不可。
あんまり悔しいから、ライブのある2日間
ハンガリーの東の草原で、馬見てると思う。
世界の車窓から、のよーな電車にずーっと乗って。


行けない代わりに、晴一さんの言うとおり、
伝説のハマスタライブ にしてよ。

ポルノの06年のライブ、一生忘れないよって
ソラ見上げて怒鳴りたくなるよーな、すごいライブをしてください。

そんでもって、私がポルノファンっだってこと、
みーんなに自慢するんだから。
(なぜオマエが自慢じゃ?)

晴一さん、あきっとさんのすごさ、みーんなに
広めちゃうんだから。


行ける人は、もとより、行けない人のことも考えてくれてる
晴一さんに、心からのがんばってです。
伝説できたら、むちゃくちゃ羨ましがります!!


ライブの始まるその時間、たぶんハンガリーは午前10時。
大平原プスタの緑の風ン中でも、
耳を澄ませばきっとポルノの歌は聞こえる。

みんなのスゲー歓声とともに。


そーっだ!!晴一さん、大型2輪合格オメデトー。
このクソ忙しい時に、よくがんばりました。パチパチ!!

・・・・・・でも、あきっとさん同様芸能人オーラ、全くないのね・・・
f0062821_492694.jpg

(スペイン、センテナ。コスタデルソル近くの白い村)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-21 04:06 | ポルノ・ポルノ!!

目に見えないもの

今年は、例年になく暑い欧州ですが、(といっても日本よりは涼しい)
日本も、やっぱり暑いみたいですね。

ずうっと長いこと日本に住んでいたので、欧州3年目の私でも
セミの大合唱とか、冷えたスイカとか、頭から吹き出る汗とか
まだまだ十分にキオクに残っている。


たとえばap bankという野外コンサートはムチャクチャ暑かった、
という記事を見ると、その暑さは十分に想像できるのですが
いかんせん私の目の前には庭の緑の芝生と、気温20度の涼しい朝。


実際に、私のこの目に見えているのは、一つの風景のみなので
日本のうだるような暑さが本当なのか、もっというと
私の見えているこの世界以外の世界が同時に存在しているのか
ふと、疑問に思うことがある。

日本にいる時、
海外のテロや紛争で、たくさんの人が血まみれに倒れている映像を見ても
平和な日本ではいまひとつ現実感が薄い、っていう感覚に似ている。

こちらに住んでいると、どちらかというと
テロや紛争の映像の方がリアルで、日本の映像の方が現実感が薄い。
実際に生活をしたり旅行をする時に、
犯罪やテロが日本にいる時よりも身近だからだ。


実際に目に見えているもの。この手でつかめるもの。
コレは素直に信じられる。
いくら情報で、「こうらしい」「・・だった」と聞いても
実際に見ているわけではないので、
1000%は信じられない。


そんな疑り深い私だったけれど
目に見えないものって確かにあるかもしれない、と最近とみに実感する。
f0062821_14213881.jpg

コレは、前回のブログにも載せた、コペンハーゲンのチボリ公園の写真。


私は、写真を撮る事が昔から好きで、今でもたくさん撮っているのですが
こういう写真をよく撮る。

こういう写真というと・・・
画面の全体に丸い白いわっかのような物が写っていませんか。

この日は、雨は降っておらず、このときはシャボン玉も降ってなかった。
でも、雨粒のような白い輪が写る。


屋外だし、夜だから、ともいえるのですが
実はこの輪、雨なんか降らない屋内で撮った昼間の写真でも写ってくる。
カメラを変えても、最悪「写るんです」にしても、やっぱり写ってくる。


人がたくさん集まっている、パーティーや練習風景なんかだと、
この輪が20以上写っていたりして、サスガにちょっとなんだけれど。


こういう写真を撮るようになってずいぶん経つけれど、
最初はやっぱり気味が悪くて、気が滅入った。

それで、こういうのに詳しい友達にたくさんの写真を見せると
この輪は「オーブ」っていうらしい。自然霊の名前だという。
別に悪いものではないらしくって、たまたま、そこにあるのが写るらしい。
信じるも、信じないも、とりあえず写っちゃうんだもの。


写真を撮る時、何も見えない。
普通の、どこにでもある風景。

なのに、写真を撮ると、写る。
そこに、いる。


私は、まったくの無宗教で、霊感もトクベツなくって、お化けも見ない。
金縛りにすらあったことはない。
前世、とか占いなんかも、まあ、人並み程度にしか信じていない。


でも、写真を撮ると写ってくるこの白い輪。
最初は気味が悪かったけれど、今は、
そんなものがいても、おかしくないなっていう気がしてきた。

目に見えるものしか認めないというのは、傲慢なのではないかと。
そんなに人間は、とりわけ私は、偉くないんだと。
もっと、小さいモノである気がする。


写真を撮る時に、あ、今日は写すかも、という予感も当たる。
コペンハーゲンのこのときも、ああ、写すんだろうなと思った。

デジタルカメラなのですぐに写真を確認すると、やっぱり写っている。
楽しくて、人がにこにこしているところだと、集まってくるみたいだ。


目の前には、何も見えない。普通の風景。
夏至に程近い初夏の夜。
楽しそうな、人形のパレード。

そこに、集まってくる白い輪。


目に見えないものも、もしかしたら、確かにあるかもしれない。

そしてそれは、私を、もしかしたら、守ってくれているのかもしれない。
f0062821_16562081.jpg

(フランス、シャンボール城)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-18 14:52 | それでも・・・

発酵オレンジ、その後。

以前、5/28のこのブログ。

カットしたオレンジの入った透明なタッパーを
普段使ってないかばんの底に置き忘れ
1ケ月以上たってようやく発見した時には
オレンジがイカの塩辛みたいに なっていた、
という話を書きました。
http://soredemo.exblog.jp/m2006-05-01/#2320745


で、
そのイカの塩辛入りのタッパーを、せっかくだからとさらに発酵させるべく、
日向の窓において観察をしている、と書いたのですが、

あれから早1ケ月半・・・

ポル友NUTSさんご期待のとおり、
今日の午後まで、発酵を続けておりました


この夏は、私にとって3回目のヨーロッパの夏ですが、
例年になく、暑く、晴天が続いております。

おかげさまで、窓際にそっと置かれた10センチ四方のタッパー、
ひそやかに、でも、とてもいい具合に発酵を続けておりました。

そしてそのまま、ふたを開ける勇気も、
潔く捨ててしまう勇気も持てぬまま時は流れ・・・


ある時、友人たちと話しをしていて、たまたまニオイの話になった時
にほひフェチの友人Mに、「うちに上物あるよ」と軽く 言ったところ・・・
「ぜひ、その発酵オレンジを見たい」と、ナイスなことを言ってくれ、
めでたく彼女が、今日、それを見に来ることになりました。


観察日記風に書きますと


 4/25 かばんにオレンジ入りタッパーを入れる → 忘れる

 5/28 かばんから、イカの塩辛状のオレンジ入りタッパー発見さる
      更なる発酵を期待すべく、日向の窓際に置いてみる。

 6月  発酵をタッパーの外から随時観察。
      粘り気のある塩辛状から液体状に徐々に変化する様子を確認。
 
 7/12 液状オレンジに興味を持った友人Mを、我が家にご招待。

                              ・・・・・・という流れ。

そう、今日7/12、
我が家に、にほひフェチM、見参! です。


いや~、世の中にはいろいろな変な人がいるんだなあと、
今日はしみじみ思いました~。

私の友人だから変なのか、変だから私の友人なのかは不明ですが、
そのにほひフェチM、我が家の台所にその物体を発見するやいなや!!!!!


おもむろにタッパーのふたを開け、あろうことか

ものすごく至近距離で、そのにほひを嗅いだんです!


きゃ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!


そして、一言、

「思ったほど、キツクないじゃん。生ハムのにおいじゃん」

とかなりがっかりしたご様子

そして、なんと

「だから、嗅いでみっ!」と私の鼻先にふたを開けたままそれを近づけてきた!!


う。

う。

これは・・・ゴルゴンゾーラチーズ(青カビチーズ)と
スペインのイベリコ豚生ハム(多少にほひキツメな生ハム)を足して2で割った・・

思いっきり臭いやんけ~!


実は、今日もう1人友人が来ていたのですが、彼女もそれを鼻先に近づけて
「そんなにおもった程は臭くない」と、ヘイキな様子。

私は、胃の辺りからすう~~ぃカオリが、目の奥には涙が、
それぞれこみ上げて来ました。


思い出した。
あたし、臭いにほひにむちゃくちゃ弱い人だったんだ。


たとえば、山のものすごくくっさ~~いぼっとん便所。
視覚的にも、目にしみるようなヤツ。

・・・・私はそこで用を足すくらいなら、外でします。

たぶん、そのトイレだと、胃が急激に上下活動をし始める・・・・


で、

そのツワモノ友人M、充分ににほひを楽しんだ後、
「処理に困っているなら、洗ったげる♪」と、
鼻歌まじりで中身を捨て、タッパーをキレーに洗ってくれました。

ついでに、それを捨てた三角コーナーのゴミもまとめて捨て、
三角コーナーもぴかぴかに洗い、キッチンハイターまでしてくれました。


その間、約3分・・・・それこそ、ハネウマの勢い


その友人Mが中身の入った状態のタッパーを手に、
満面の笑みを浮かべている、
という記念写真は一応撮ってみたのですが、
中身が入った状態だとここに載せるにはあまりにリアル。
お食事中の方もいらっしゃるかと・・・。


観察日記風に書くと
 7/12 友人Mの手によって、発酵オレンジ、天国に召す。
      タッパーはMの手により新品同然に生まれ変わる。


1人の、勇気ある女性によって、歴史は閉じられたのでした。

にほひフェチ、おそるべし。
f0062821_9225430.jpg

(コペンハーゲン、チボリ公園にて幻想的なショーを)
 
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-13 09:23 | ヨーロッパで暮らすということ

La brocante

今は、一年でいっちばん日の長い頃。

昼間30度超える暑い日なんて、
21時回ってから、近所に散歩に出てもまだまだ、太陽出てます。
21時が、今の季節の日本の6時半くらいだと思う。

しかも、6月の後半からバカンスシーズンが始まっていて
週末になると、イロイロなところでお祭りやコンサートや、それにくっついて
BROCANTEなんかも行われています。


BROCANTE(ブロカント)とは、日本で言う骨董市のこと。
フリーマーケットは素人さんが出してますが、骨董市は業者が多いかな。
f0062821_4262332.jpg

こちらでの、よくあるフリーマーケットは、
ええっ?コレ出すんかい?とばりばり突っ込める爆笑ものです。

たとえば・・・
片手がない上、顔に落書きされたフランス人形とか
片方しかない履き古したサンダルとか
確実に壊れているだろう旧式大型ビデオデッキとか
ヘイキで売ってます。

アンティーク、といえばそうなのかもしれませんが
日本だったら、ゴミ屋敷にしか保管されてないであろうナゾの物体を
ずうずうしく、しかも、高値で売ろうとする。

こちらに住む日本人も、
たまに誘い合わせてフリーマーケットをすることがありますが
日本人がフリーマーケットをすると
爆発的に売れる

他の人の売り物がゴミそのものだから、
日本人の感覚でゴミにするのはちょっと・・・
と思う程度のものは、ほとんど新品同然。
どんなものでも、飛ぶように、売れる。

たとえば、虎屋の羊羹の黒い木箱。ニホンチックで一番人気です。
せんべいが入っていたアルミのカンカンも同じく人気。
靴や、服も、状態がいいので人気のようです。

で、

今日は日曜日。
フリーマーケットではなく、毎週行われているブロカントのある日です。
f0062821_4454613.jpg

絵画なんかもたくさん売ってます。
ただ、雨の多いこの国、アウトドアなのに素で売ってます。
当然雨が降ると絵画、びしょぬれ
それで、いいのか?油絵の具は雨をはじくのか?

f0062821_4474069.jpg

わかりづらいかとは思いますが、ここは剥製屋さん
鹿の頭を飾りたい人、ここに売ってます。
奥さん、お宅のリビングに一つ、いかがですか?

f0062821_5135482.jpg

こんな風に雑に並べられた中から、価値のあるアンティークを探します。


ニホンのアンティーク雑誌を斜め読みすると、
こちらで値切って買う値段の2倍から3倍しています。

そんなことを聞くと、買い占めて日本に売りさばきに行きたい
ところですが、本当に価値があるものなのか、見極められない。

私が買いたいな~と思うのは、花瓶やかさ立てに使うホーローのツボ。
大体、60年くらい前のものでも、逆にそれが雰囲気のあるものに見える。
10ユーロ(1400円)とか、意外と手軽な値段で手に入ることも。


この会場では、ざっと100以上のお店が、雨の日も風の日も
毎週日曜の朝7時から市をやっています。
だから、たまに暇な日曜の朝は、ふら~っと骨董を覗きに来ます。


実は、私がアンティークを選ぶ最低限のルールがあります。
それは、
顔のついてる物は絶対買わない。ってこと。

だってアンティークの人形って・・・・
夜、歩き回りそうだし。黒い涙流しそうだし。髪の毛伸びそうだし。
夜中に目を覚まして目が合うと、ビビリだから、きっと死ぬ。
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-10 05:08 | ヨーロッパで暮らすということ

自己紹介バトン

自己紹介バトン。ずっとしてませんでした。ごめんね。YUKOさん

こんな私のことを知りたい人がいるかどうかは別として
とりあえず、行ってみよー!


1.回す5人を最初に書いておく。

 たぶん、このバトン、皆さん既にされているような・・
 どなたか、いらっしゃったら、持ってってください。  
 

2.お名前ゎ?

 miyu-sakuraです。
 長いので、みゆ、と呼んでくださって結構です~。
 miyu、は飼っていたイヌ、sakuraは飼っているインコの名前です


3.おいくつですか?

 おお、直球☆ ポルノのお二人よりは、お姉さんになります。
 いくつ年上かは、後生だから内緒にしておいてくれ~
  

4.ご職業は?

 うう、コレも直球☆ プーです。
 一応、家事をすること、送り迎え等が仕事です~。


5.ご趣味ゎ?

 音楽鑑賞、ポルノ鑑賞♪  (YUKOさんと同じ)
 
 読書。こちらに来てから、日本では読まなかった漫画も読むようになりました。 

 テニスと合唱。

 写真。このブログをはじめてから、写真を撮るのがすごく楽しい。 

 趣味ではないですが、フランス語の公立のクラスに週に3日通います。
  (その割には上達みこめず)


6.好きな男性のタイプゎ?

 新藤晴一さん!! これはほとんど運命ですね。
 前世でも、絶対出会っていると確信してます。

 NARUTOならシカマル。 NANAならノブ。 俳優なら藤原竜也ですぅ。


7.特技は?

 昔に比べて得意と言えるのは、縦列駐車、です。
 これはヨーロッパで一番最初に必要な技術。
 
 あと、速読。大体の本は一晩で読みます。
    
 特技といえるかどうかは分かりませんが、
 「歌っている声がきれい」とよく言われます。一応聖歌隊出身なんで。
 ただ、声がきれいだけであって、それ以上でもそれ以下でもない。
 まったくsomethingのない声です。合唱には向くのですが。
 特技といいながら、それが私の挫折の理由でもあります。

 
8.資格、何か持ってますか?

 がんばったのはスキー検定1級。

 旅行業務取り扱い主任者。

 医療事務、ヘルパー、簿記、など。
 資格フリークの時期があり、箸にも棒にもかからない資格なら他にもいろいろ

 
9. 悩みが何かありますか?

 体重。ぽっちゃーと言われてます。せめて、普通になりたい。
 
  
10.お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

 お好き⇒基本的に何でも食べます。(ワニと蛇とかは食べない)。
      こちらに来てから、スシと、ラーメンに飢えてます。
      そうだ!レッドカレー、好きです。

 お嫌い⇒特にないです。ほんとに何食べてもおいしい。
        

11.貴方が愛する人へ一言

 こんなに思っているのに、気づいてくれてるのかなぁ。
 想いが募って辛いので、写真も見れないです。

 ・・・あなたのことだよ、晴一さん!! 

12.回す人5人を指名すると同時に、その人の他己紹介を簡単にお願いします。

 こんな結果になりましたが、ぜひ、どなたかもらってってください~。
 シツレイいたしました~。
f0062821_6493621.jpg

(オランダ・ハーグ城にて)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-06 06:57 | それでも・・・
大人になると、なんかぬるりと季節の変わり目が過ぎる(haru☆jp)


そうですよね。
季節は、行ったり来たりしながら、少しずつ移ろっていくものなので、
今日から、夏っ!!とかって決めにくい。

晴一さん、同感です。


でも、夏のソルドが始まりました~!
コレはもう、夏がど真ん中に入ったっていうこと、かなと。
f0062821_6141142.jpg


こちらのソルド、フライングなしで一斉に始まります。
なんと、バーゲンの日付は国が決めていて、
どのお店もとりあえずは、-多少のお得意様の優遇はあるにしても-
一斉に20%、30%、40%、50%引きのソルド(SOLDE)をはじめます。

オランダ、ベルギーは7月1日から。曜日は関係無しで日付で決められてます。

フランスは28日の水曜日から。なぜか、フランスは6月最終水曜から。
これは、年によって多少動くんですが。


日本人は、なんといってもブランド好きなので
人気はGUCCIのかばん30%OFF。TODSの靴30%OFFなど。
人気の店は、10時の開店前からなが~い行列ができます。

私は、1年のうち、320日はGパンを穿いている人なので、
ブランドのかばんや宝飾品には、他の日本人ほどは興味なくて。

でも、衣料品や日用品、普段買いたくても高くてあきらめてたモノを
調達するため、張り切って朝からソルドに繰り出します。
普段買いたくても、「心の母」が止めるので買わずにいたもの、
それは、アコースティック・ギター。
f0062821_765472.jpg

フランスのリールという町の、旧市街に位置する小さな楽器屋さん、
こちらの楽器屋さんではバイオリン、サックスなどが多く扱われていますが
ここは、アコースティックギターもいろいろ扱われてる。
f0062821_1818919.jpg

欲しーんだけど、ぜんぜんソルドじゃないじゃん

ちっ。ソルドになるの、待ってたのに。


せっかく来たので、新しいトップスを買おうと見てまわると・・・・、
・・・・・・重い病気に侵されてる、ってことに気づいた。


たとえば、ちょっとかっこよさげのオトコものの店。
・・・・・・これ、晴一さん着たら似合うかも


で、実際に店にふらっと入って、
・・・・・・もしかして、実は、昭仁さんの方かも


で、ちょっと手にとって、
・・・・・・・ううっ、やっぱりこれ晴一さん似合うかも


服をにぎり締めたまま、遠い空をぼおっと見て、にへらあ、と笑う女。
何にも努力しなくても、無理やりでなくても、浮かれてる私。


・・・・・こわい。怖すぎる壊れ方。イタイ。イタ過ぎる。

無意識に、考えてしまう、
これぞまさしく、「浮かれ晴一病」
やっかいな病気になってしまいました。


こんな病気になってしまった原因としては、日本の皆さんのように、

ポルノをTVで見れない、
ポルノのファンクラブに入れない、
よってファンクラブ会報も届かない、
掲載雑誌もなかなか買えない、
ライブに行けない、
ポカリも売ってない。
よってキャンペーンに応募もできない・・・

ないないづくしの禁断症状が高じたものと思われます。

特筆すべき症状としては、
イタリア物のスーツを着たマネキンの顔が、晴一さんに見える。
かっけーブーツを見ると、ギターひくアヒル口が浮かんでくる。

・・・・・・重症だ・・・

処方箋は、ハネウマライダーのCDか。
はやく、来い。念!!

f0062821_741168.jpg

(リールの中央広場で、夜9時からのフランスVSブラジル戦の屋外中継がある)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-07-02 07:42 | ポルノ・ポルノ!!