ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

さて

今から、ちっとばかし旅に出ます。

この国の寒さに飽き飽きしたので
ちょっとあったかい国に行ってきます。


帰ってきたら、どんなとんでもない旅だったか
ご報告します。


サハラ砂漠でミイラになりさえしなければ・・・・


みなさま、風邪など引かれませんよう。

どうぞ良いお年を。
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-26 22:43 | ちっと旅ガラス

クリスマスマーケット 

11月の終わりごろから、
欧州各地でクリスマスマーケットが始まる


有名なのは
ドイツのニュルンブルグ。
今年ワールドカップで日本戦があった、小さな古都です

教会前の広場とその一帯に、木でできた小屋がひしめき
その小屋では、温かみのあるクリスマスオーナメント、
寒さをしのぐホットワインや、ココア、
シャンピニオンの煮込みや、ソーセージなんかが売っています。


世界最古といえば
ドイツのドレスデン。

世界最大といえば
同じくドイツのミュンヘン。

ドイツはこの時期、どの町にもクリスマスマーケットが立ち、
どこも人であふれかえります


一年で一番日が短いこの時期、
色とりどりの電飾に彩られたクリスマスマーケットは
たくさんの人にあたたかな笑顔をくれる。

クリスマスマーケットに来たら、
難しい顔をしている人なんかいません。
f0062821_463939.jpg

今年のクリスマスイブは、
オランダのマーストリヒトのクリスマスマーケットへ。

オランダは・・・
緯度が高いので大変寒い
だいたい0度前後。
f0062821_4101838.jpg

UFOキャッチャーもサンタが入ってます
f0062821_4352365.jpg

縁日にありがちなひよこ釣りも、ここではサンタ釣り。

そして・・
f0062821_4344682.jpg

この観覧車、窓がありません。吹きっさらしです。
しかも、結構高速でぐるぐる回るので、
ムチャクチャさぶいそしてコワイ
揺れも相当なもので、高所が苦手なあたしには、無理

だって、移動式なんだよ?基礎が地中に埋まってないんだよ?
コンクリで重ししているだけなんだよ?
組み立て式なんだよ?
車が外れないのか?
信用していいのか?


で、このマーケットには、ちょっとだけ各国のマーケットも出ていたんですが
f0062821_4335014.jpg

コレってどうよ?
このまさに突っ込んでいる右手って・・・・・・オイ!!
まさかコレが日本文化って思わないだろうね?

って思いながら隣を見ると・・・

f0062821_640533.jpg


・・・・・だめだこりゃ

f0062821_42564.jpg

オランダは世界有数のスケート大国。
オランダは水辺だらけの国だから運河や湖も、寒くなればなるほど
厚く氷が張る。家から直接スケートに行けちゃうのだ。
クリスマスマーケットのスケートリンクでも、
小さな子供も滑っています。



で、ケンタッキーフライドキチン(オランダにもあるのよん)を買って、
家でビデオ見ながら食べてたら、
なんと、
9時半に、

停電しました


真っ暗で、なあんにもすること無かったから
しょうがないので、とっとと寝ました


ビミョーな、2006年のクリスマスイブ・・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-26 04:18 | ヨーロッパで暮らすということ

ずっと わすれない

ものすごく前、
私が、一般事務の新入社員の頃のこと。


うちの会社では、それぞれの新入社員に
職場先輩という女性の指導係が着く。


同期の子が皆、比較的年の近い職場先輩で
結構わきあいあいでやっているのに
なぜか私の職場先輩は、10歳年上の、独身の先輩で。


今よりずううっと昔の話だから、
もう、しっかり「ザ・お局」といった風格で


そのころは、「結婚退社」が女性の花道といわれていて。
うちの会社でも、私のちょっと前の人までは、
退社日には髪を結い、振袖を着て会社にやってきて
みんなにハンカチを配っていた。


先輩は、そんな後輩をたくさん見送っていた。


真面目で、手を抜かなくて、一生懸命で、
何事にもきちんとしていて、どんな仕事もミスが無かったけれど、

わざわざ迎えに来てくれたオトコの子の名前を、
うっかり呼び間違えちゃうような、その頃の私には、
その先輩の仕事のすべてが、バカ丁寧に思えた。


でも、彼女は真剣だった。


女の子がみんな、コンパだ、飲み会だと終業のチャイムが鳴るや否や
ロッカーに向かうのを横目に、
フロアに1人残って、丁寧に、それはきちんと仕事をしていた。


そして、先輩は私に対しても、粘り強く、根気強く仕事を教えてくれた。
そのおかげで、身についたことがたくさん、たくさんある。

ずいぶん後になってから、先輩の粘り強さに
すごく感謝をしたんだ。




夜のパーティーのソワレを、当日の午後に買うような、
バカみたいに忙しかった12月のある日の午後、
先輩は突然やってきた。


いつものように、曇ったレンガの町を運転していると、
何の脈絡もなく、本当に急に、先輩のことを思い出したんだ。


とても、とてもうれしかった。
なんだか、とてもうれしかったんだ。


先輩が、逢いにきてくれたんだ。
と、真剣に思った。


きっと、見ていられなかったんだろうな。
何か、注意したかったことがあったんだろうな。


その日から、ほんのちょっとだけど真面目に、丁寧に
暮らしています。



2006年末。


先輩がガンで逝ってから、もうすぐ8年になる。


私が思い出している限り、
先輩は、


けして、死なない。
f0062821_16553167.jpg

(先回に続いてギャラリーラファイエット。キレイなんだけど、
わざわざ見に行くほどでは・・・・)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-23 16:56 | それでも・・・

やったあ。

終わった・・・
わたし、白い灰になりました。


フランス語のテスト。


なまじっか、安い外国人向けの大学の講義なんか取っているので、
普通の学生と同じように、学期末のテストがあるんデス。


12月頭に日本から大量のブツが届いたとき
読みたい本も大量に到着していた


でも、


読むわけにはいかなかったのぉ。


試験範囲が膨大だったし、
コミュニケーションの試験は2人ペアでしゃべるから
相手に迷惑かけちゃうし。


読みたい本が目の前にあるのに、
お預けを食らって2週間。


イヌの気持ちがちょっと分かりました。
はやくテスト終われー!!!!って毎日思ってたもん。


で、終わって、


早速読みました!!


「ハチミツとクローバー」


みんながみんな、片思いしてる漫画。


てか、漫画かよ。


大人だろ。



この、クローバーってスガシカオのファーストアルバム「クローバー」
から取ったらしく、
わざわざ「クローバー」をかけながら読んでみた


全10巻。


大人買いアーンドイッキ読みです


感想は・・・・
あたしも20歳の時は悩んだなあ、って感じです。
ちょっと胸がどきどき。


竹本君は自分探し3級(または4級)だったけど
20歳のころの私は、5級くらいだったかな


卒論がなぜか・・・
「生と死」だったし・・・

今思えば、チャンチャラおかしい内容の卒論、
通してくれてありがとう、先生。




読み終わったら、時刻は夜中の3時。
ほら、うちね、夜中怖いから。
とおっても 、怖いから。


違う意味で、
ものすごい、ドキドキ
f0062821_17424456.jpg

(パリ、ギャラリーラファイエットのクリスマスイルミネーション。
はっきり言って、神戸のルミナリエのほうがでかくて、ずうっとキレイ)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-20 17:43 | J' aime le livre

ようやく

クリスマスツリーを買いました。


花屋さんの店頭、スーパーの駐車場の特設売り場、
それに、日本でいうホームセンターの花売り場。

いろんなところで生木のサパン・ド・ノエル
もみの木が売っていますが、
一番お得なのはホームセンターかな。
f0062821_5232750.jpg

これはホームセンターのもみの木売り場。

このくらいは高さ150センチから2メートルといったところ。
値段は21ユーロから(3千円くらい)

f0062821_5265416.jpg

こっちになると、もっと大きくてもっとボーボー。
2メートル半近くあると思う
値段は30ユーロから(4千300円)


でもね、安いからといって
うっかりこのホームセンターで買うと大変です。

車に積もうと思っても、
あたしのYARISにゃでかすぎてつめない。

安いんだけどね・・・・


しょうがないので、徒歩3分のスーパーの駐車場の特設売り場で買います。

で、
えほえほえほえほ、とみんなで担いで帰る。
見た目より、意外と重くないんです。


今年買ったツリーは高さが2メートル位で35ユーロ(5000円)
安いんだか、高いんだかよくわかりません。
確かに高いけど、これ、ここまで大きくするのに何年かかったのか、
と考えると安いような気もするし・・・



晴一さんの言うとおり、
年々日本ではクリスマスの準備が早くなっているというのに
12月も半ばにしてツリーを買う・・・なんという遅さ。

でも、売ってるんだもん、まだ。
しかも、まだまだ人気で、並んで買ったんだもん。


実はクリスマスツリー、
年明け5日くらいまでだしっぱなしナンです。


クリスマスツリー回収日、というゴミの日が決まっていて、
その日の朝、クリスマスツリーが歩道のあちこちに
打ち捨てられている。
その日まで、とにかくどの家も出しっぱなしです。


それに、生木なので、あまり早く買うと、
どんどん枯れていって、枯れた葉っぱが家の中で舞うんです。
今頃買って、ちょうど枯れはじめの頃に
ゴミの日が来る。


でも、毎年、クリスマスツリー回収日忘れそうでドキドキです。
1年に一度しかない上に、
これもっててもらわないと、むちゃくちゃ困る


黄色く枯れ果てたもみの木が、近所の庭の隅に
打ち捨てられているのを見たことがありますが、

明日はわが身です。


1月6日の朝、絶対ゴミに出します。
出して見せます。


・・・・・・我ながら心配だ・・・・・
f0062821_546474.jpg

(欧州各地で見られるクリスマスマーケットは、11月末から。
これはベルギー、ブルージュのクリスマスマーケットにて)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-18 05:47 | ヨーロッパで暮らすということ

後悔先にたたず

ええと、
私は結構 「しでかす」 タイプの人間なのですが
この年にもなって、またやってしまいました。


11月の終わりから12月いっぱいまで
何かというと「fete de noel」、クリスマスパーティーが開かれています


開かれるのは、サッカーのクラブチームだったり、
フランス語の学校だったり、習い事や通っている学校だったり。

個人のお宅でするものもあれば、クラブハウスや教室、
はたまたイベント会場を借りたものまで、規模は大小さまざま。

まあ、クリスマスパーティーと名うって、ただ、どんちゃん騒ぎしたい
ってことなんですが。



欧州での3回目のクリスマスを迎えた今年は、
毎年断っていた会社関係のクリスマスパーティーに出ることにした

夜8時から始まるそのパーティー、
夜のパーティーは基本的には「ソワレ」、
肩をだしたり、ロングスカートだったり、色は、黒や赤が多いかな。


私も何度かソワレを見に行ったのですが、
日本に比べると、需要が多いため、
安いものから高いものまで、バリエーションが豊富。
でも、154センチで,○○キロの私にあうソワレなんてなかなかない。
というか、あるわけが無い


で、急遽当日の午後2時に近所のショッピングセンターで買った
肩の出た黒のワンピースを着て、出かけたわけですね。


で、パーティー。
どんなに豪華なハイソなものがあるかと思いきや、
どんなパーティーもまずは、腹ごしらえ。
日本の結婚式のように円テーブルに、料理が運ばれてくる。


簡単なジョークの交えたスピーチで始まり、
(でも、なぜか大げさに受ける)
談笑しながらの食事。

円テーブルには、ロシア人らやポルトガル人やら、イタリア人や、
いろんな国の方と同席。

談笑はいいが、共通の話題ってあんまし、ない
奥様が英語を話せなかったりすると、特に。
ここで登場するのは、無難な天気と料理の話題

そこらへんは、万国共通ってことで。


で、ワインやデザートでお腹一杯になると・・・
その次は・・・


なぜか、
必ず、
「DANCE TIME」が始まる。


結婚式だろうと、幼稚園のパーティーだろうと
とにかく「DANCE」 
大晦日から新年は年越しで踊ったりもする。


その「DANCE」は、社交ダンスなんてものでは無くて、
よくある、あの、うるさい、アレ、ですね。


ここらのヒトは、それこそ、子供の頃から、しょっちゅう
アレを激しく踊っているわけです。
f0062821_8345863.jpg

これは近所の幼稚園のクリスマスパーティー
幼稚園児だって、オシャレして、「DANCE」しちゃうんだ。


小さな頃から、抵抗無く「DANCE」している彼らだから
クリスマスパーティーでソワレを着ていたって
やっぱり激しく踊る。
f0062821_837154.jpg

会社のパーティーも、この通り。
なぜだか、今の日本では絶滅したであろう
お立ち台もちゃんとあったりするんだな。


で、
このパーティー、デザートでお腹一杯だった私、
みんな、がんばっているなあ、
欧州人はみんな元気だなあ、
なあんて、最初は余裕かまして、冷めた目で見ていたんですが・・


なぜか、

30分後には、


あのお立ち台の上に立って
踊ってしまったんですの・・・・・・


だって・・・アースウインドファイアーよ?
「LET’S GROOVE」 とか,かかっちゃうんですよ?

ですよ?


で、会社の人たちから、付けられました。
あだ名。


「ハッスル」


それって、プロレスラーみたいだった、ってことですか?


確かに、下から撮った写真を見たら、
ピンクの電話のみわこちゃんみたいだったんだよね・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-13 08:46 | ヨーロッパで暮らすということ

感謝カンゲキ。

水曜の夜のこと、
はるばる日本からブツ、届きました

ちかちゃん、けいちゃん、チアキちゃん、
あっこママ、みなちゃん
それに紺、羽音姐さん、

みんな、ありがとう~。

涙ちょちょぎれだよ~。


生協の五穀スープ、チョコ柿の種、胚芽米、お茶におせんべ等々
光り輝いて見えます
ごめんね、生協安くないのに。
ちかちゃんも、
すごい忙しいのにビデオありがとう~☆

見た瞬間、
「おおっ!!」って持つ手が震えたもん。


それに、ポルノの記事!!!!!!!!!!!!
晴一さん、なんてカッコイイの!!
もう、目が離せません。
萌え萌えっす!!!

じつは、私、髪の長めのヒト、最近好きなのだ。
たまらん、たまらん。
もーたまらん。

送ってもらった記事や、PVを散々散々散々・・見てから寝たんだけど
なんと!!!初めて!!!
夢に晴一さんが登場した!!!


車が故障して困っている晴一さんに、
私が「大丈夫ですか」と声をかけ、
結局直らないものの、
私の愛車「YARIS」に乗って、
超ラブラブ状態で、夕日に向かってドライブするというもの
肩に、腕まわしてくれてるし。


あ~、びっくりした。

妄想も夢で見るとコワイ。

・・・でも、しあわせだったなぁ☆・・・・・



でも、現実

来週のテスト勉強・・全然してません・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0062821_9133381.jpg

(1年半前にF1観戦。スパ・フランコルシャン。ヘンなパドック)
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-09 09:17 | ヨーロッパで暮らすということ

サルヴァトーレ・アダモ

アダモちゃーん、というと
オレたちひょうきん族の「アダモステ」ですが、


昨日、私は本家のアダモちゃんとビズしてきました。


本家のアダモは、
サルヴァトーレ・アダモといって、フランス語の歌手さん。
1970代の日本で、日本語で歌った彼の曲がなぜか大ヒットした。

「サントワマミー」、とか「雪は降る」とか、「ろくでなし」とか。

日本にも数年に一回は公演に来ている。
おばあ様のアイドル。


知らない人は
お母さんに聞いてみましょう。
それでも分からなかったら、
おばあちゃんに聞いてみましょう。


さすがの私も、リアルタイムでアダモを知っているわけではなくて
再放送されていた「特捜最前線」のエンヂングテーマ、
「私だけの十字架」というしっぶーい曲を覚えているくらい。


♪わぁたぁしぃ~、だけのじゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅじくぁ~~~~♪
と、ビミョーな日本語。
でもアグネス・チャンよりは1000倍上手い。


で、
そのアダモ。今は63歳。
欧州では、今なおとっても人気のあるちょい悪オヤジである。

この国のあるTV局が、
アダモの誕生日を祝う特別番組を放送することになった。
いろんなゆかりのゲストがサプライズで祝うという趣向。


で、
私が週に1回歌いに行っている
こじんまりとしたコーラスグループに、
日本領事館経由で、出演依頼が来た。


「親日家アダモのために、日本語で彼の歌を歌って祝う」
というわけ。

歌うのは
「サントワマミー」と「雪は降る」


「二人の恋は~、おわったのねぇ~許してさえ~くれないあなた~」
と2部合唱。

「ゆぅきぃは~、ふぅる~~~、あなたは、こないぃぃぃ~」
これもまた2部合唱。


どこにあった、そんな合唱曲。
しかも、むちゃくちゃキー高いし。


そんなビミョーなTV出演ですが、
日曜日のリハーサル、月曜日の本番と、
みんなで遠足気分で行ってきました。
f0062821_8481791.jpg


まずは、メイク。
ドーランを塗り塗りして、アイシャドーをこれまたぬりぬり。
アイラインは5ミリ幅ですか?ってイキオイ。

で、すっごいお水顔にされたのだけど
なぜか、まゆをぜんぜんさわらない。
全くノータッチ。

まゆ!!そこ大事でしょう。
日本人は、まゆ命なのに。

しょうがないから自分で後から書いたけど・・・。
書けよ。東洋人はまゆ命なんだよ。


外人って、まゆ、あんましいじんないのか?
ナチュラルボーボーか?

・・・こんどよく見てみよう。



で、
その後、ヘアーをばきばきウエ~ブにセットしてもらって、
顔にマイクをくっつけてもらって、腰にアンテナくっつけて、

じいいっと、控え室で待つ。


夜の8時半から本番のはずが、すごい押して
結局9時半に本番。


クイズミリオネラみたいに
ぐるっと円状に観客が座っている真ん中にアダモ。

そこにじゃじゃんと登場する、
黒いセーターとロングスカートの怪しい東洋人10人。

濃すぎる化粧のせいで
全員が、歌舞伎町のショーパブのおカマちゃんにみえる。


ちゃんちゃかちゃかちゃか・・

おお、前奏が始まった。

「二人の恋は~♪」

歌う私たち。


スポットライトがきゅう~ってきて
カメラがぐるっぐるっとまわってて、

歌い終わるとアダモが目の前にやってきて
御礼の言葉(流暢な日本語!!)と握手。

順に私の前に来たとき、
せっかくだから、ビズくらいしとかんと、と思い、
自らビズ。(チューですね)


すてきなおじ様でしたよ。



でも・・・どうせなら、もっと違う歌、歌いたかった・・・・・


結論。

冷静に言って、とってもへたくそな素人合唱団の私たち。

ごめんなさい。
また、日本人の印象悪くしました。

放送を見るのが、はっきり言って、怖いです・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-06 09:10 | ヨーロッパで暮らすということ

このオンナ、多忙につき

12月は、誰もが忙しいと思いますが
アタクシもご多分にもれず。

なんといっても、
この国にはサンタが2回くる。

その1回目が12/6にくる
名前は「サン・ニコラ」

スペインから船に乗ってやってくる。
サンタクロースのモデルになった聖人です。

で、このサンニコラが、
ここ2週間、いろんなところに出没するのだ


スーパーのお菓子売り場であり、
オモチャ屋さんであり、
でっかいショッピングモールの広場であり。

昨日は、普通の商店街(屋外)を侍従を従え
歩いているのを目撃した。
外で見ると、ありがたみが、あんましなし。

で、
そのたびに、
足止めを食らう。

「あ~~~~~~~~~~~~~~!!」
と足元で叫ぶ物体が
「サンニコラ!!サンニコラ!!」と
泣き叫ぶのだ。

なぜかというと・・・
サンニコラは、お話しをすると
お菓子をくれるのだ。

f0062821_6301815.jpg


忙しいんだってば


学校やクラブや会社関係のクリスマスパーティー。
12月.1月で帰国される日本人の方々の送別会。
年賀状もまだ書いてないし。
生木のクリスマスツリーもまだ買ってない。


なにより

来週から、
フランス語の期末テストが始まる。

私は、2つのクラスを取っていて
一つは公立大学の語学のクラス
もう一つはコミューンの外国人向け語学クラス。


どちらも、筆記と会話と聞き取りのテストがあるんだな、これが。


いっそ、ズル休みをしたいくらいだけど、
休んだらきっと、席がない



しかも、今日はこれからクラシックコンサートに行きます


その後、なぜかテレビ局に行って
リハーサルです

それでは、また

取り急ぎ
[PR]
by miyu-sakura | 2006-12-03 18:00 | ヨーロッパで暮らすということ