ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

距離

日曜日に、在欧のお友達のお父さんがお亡くなりになった。


お父さんは以前から日本で療養中で、
様態悪化を聞いた友達は先週頭から帰国していた。



お父さんがお亡くなりになったことは
本当につらいことだと思う。
ただ、彼女が日本にいるお父さんのそばに駆けつけられたことは
思い残すことを半分にはしてくれたんじゃないかと思う。



わたしも20代って言うわけではないので
当然両親も高齢である。


わたしの父親は7年前に他界しているし
お友達にも、両親のどちらかがなくなっている方は多い。



そして、
在欧中に肉親をなくされた方も、たくさん知っている。


ヨーロッパで暮らすことには
プラスのことももちろんたくさんあるけれど
この、どうしても避けれない距離は
マイナス以外の何者でもない。


様態悪化、または突然の訃報を聞いて
できうる限り最善を尽くして帰郷しても
最後はおろか、葬儀にすら立ち会えなかった人を、
何人も知っているけれど、


空港に向かうタクシーの中で、
空港の待合ロビーで、
12時間の飛行機の中で


どんな思いを抱えていたのか


帰った時には、
もう、荼毘にふされていて
そこに、懐かしい姿はない。


この距離を、呪う以外できないんだ。



ヨーロッパで暮らすこと、
これは本当にたいしたことではないけれど、

こんな、出来事だって、
ないわけではない。


その覚悟だけは、
必要だ。
f0062821_6301052.jpg

(フランス、世界遺産ベズレーの大聖堂。内部のレリーフが見事)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-27 17:41 | ヨーロッパで暮らすということ

医療の違い

わたしがこうやってブログを書いている理由はいくつかあるのだけど
(晴一さんへのラブコールってのが一番なのはもちろんだけど☆)

その理由の一つが、
欧州での暮らしが、日本で想像していたものと違っていたから,
というもの。


こちらに来る前、やはり不安があって、
言葉の壁ももちろんだけど、
食べ物や、学校や、買い物や、治安や、運転や

なにせ自分の経験値が低いため、どんな暮らしになるかが
上手く想像できなかった。


何より、一番わたしを不安にさせたのは実は医療。


リアルのわたしを知っている人は多少驚くかもしれないけど
わたしは持病をいくつか持ってやってきた。


その中には、生死に関わるものが一つあって、
コレは、日本での治療方法としては
「これ以上悪化したら、切除」
という方法のみ。

いっそ、日本で切ってから来ようかとも思ったけれど
下手に切ってその後のケアができないのもまた不安、ということで

3ケ月に一度の検査を必ずして、
少しでも悪化したら即切除という、小さな爆弾を持っての渡欧となった。


そんなわけで、検査をしつつ何とか暮らして来たけれど
(実は一度、検査結果が悪かったことがあり、
このときはかなり焦った。再々検査でセーフでしたが)

この冬の検査の時に、切除以外の方法で治療ができるようになった、と
主治医の先生から知らされた。

投薬治療。

すぐに治療を開始した。


ポル友runtarouさんが訴えていたけれど
http://runtarou1968.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_80be.html
国によって認可されている薬に、かなり違いがあるらしい。


わたしのこの治療法は、未だ日本では認可されてない。


日本にも患者さんはたくさんいると思うのに。
年間何千人もの人が亡くなっているはずなのに。


わたしは欧州に来て、初めて心底良かったと思った。
切らないで済むなら、どれほどうれしいことか。

わたしにとって、この治療が受けられるだけでも
渡欧した甲斐があったってもんだ。



わたしは専門家でもないし、知識も聞きかじり程度。
どの国の医療が優れていて、どこが遅れていると無責任に言えるほど
立派な立場ではないけれど、
必ずしも欧米が進んでいるわけではないとも思うし、

体格や食生活もかなり違う欧米の治療法が
即日本人にも通用するとは限らないとも思う。


実際に在欧の日本人の中でも、
眼科や歯科は日本の方がいいとか
無痛分娩が一般的な欧州の産科は優れているとか
意見が分かれている。


ただ、今回の治療法はわたしにとっては、
本当にラッキーな出来事だった。

日本の認可のシステムがどう動いているか、よくわからないけれど
この薬がはやく日本でも認可されるといい。

きっと救える命があるはずだ。



わたしがこうやってブログを書いているのは
欧州で暮らすということが、実際にただ暮らすということが、

普通のおばさんにとってどうなのか、を
記録して行きたいと思ったから。


豪華なランチや、ブランド品、旅行三昧、パーティー三昧、
そんなセレブ日本人のイメージとは違う、
1.59ユーロのジュースをなんとか1.39ユーロで買えないかと
画策する普通のおばさんの、普通の生活を
書き残したかったから。


そして、これから海外で暮らすことに不安を持っている人がいて
わたしのブログの下らなさを見て

「なあんだ、海外で暮らすのって、実はたいしたことないじゃん」
って思ってもらえたらサイコー。


海外で暮らすこと、コレは本当にすごいことではないの。
えらいことなんかでもないの。

なんていったって、
わたしが暮らしているくらいなんだから、

ね。
f0062821_8392797.jpg

(ノルウェーで見かけたテント。これ欲しい!と思うのはわたしだけ?)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-24 08:40 | ヨーロッパで暮らすということ
先回の続きを書こうとして、
ふと見た郵便ポストに、一通のエアメール。


差出人は、ポル友羽音姐さん。

はるばる日本から、「僕らの音楽」のDVDを送ってくれた。


英語だと、THANK YOU.
フランス語だと、MERCI.


ありがとう、以外の言葉が見つからないのがじれったい。



一昨々年、教会の尖塔から遠く響く鐘の音と、
斜めに差し込む夕日の中で見た、紅白の「黄昏ロマンス」。


思えばあの時から晴一さんに恋をして。


haru☆jpにトラバをしたい一心で
苦手なPCをいじっていた私だけれど、

おかげで、haru☆jpのトラバを通じて、
行った事もないようなところにたくさんのポル友さんができた。



「僕らの音楽」のスガシカオさんとのコラボがすごく良かった、と
たくさんの人が書いていたけれど、
在欧の私は番組を見ることができない。


「繰り返し見てる」と書いていたポル友のぐのぐさんに
よければ送って下さい、とコメントしたら

「ビデオしかないので」とDVDを送ってくれる人を
ブログ上で探してくれた。


名乗りを上げてくれた羽音姐さんは、
大きなお腹で郵便局まで行って
初めてのエアメールでDVDを送ってくれたんだ。



今日、ようやく見れた「僕らの音楽」では、
大好きなポルノグラフィティが、大好きな「黄金の月」を歌う。
大好きなスガさんと一緒に。


こんな「黄金の月」。

苦くて、痛くて、せつなくて、だけど、うれしくて、
涙が出ちゃうよ。


あきひとさんの「黄金の月」と
スガさんの「黄金の月」を足したら
世界最強の「黄金の月」になった。


世界中のどんな曲より、わたしにやさしくって、
わたしを、許してくれる。
泣いていいんだよって、言ってくれる。


送ってくれた羽音姐さんにも、探してくれたのぐのぐにも
見ず知らずのわたしのために名乗りを上げてくれた方々にも、

そして何より、

こうやってファン同士を結び付けてくれるharu☆jpにも


ありがとうという言葉しか浮かばない自分が、
すごく情けないんだけど、


ありがとう以上の、ありがとうって
どういえば伝わるんだろう。




きっとわたしは、たくさんの人に守られて
こうやって生きているんだと、


忘れないようにしよう。

f0062821_7551835.jpg

(チュニジア、世界遺産カルタゴ遺跡の古代港。波一つない鏡のような港)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-22 07:58 | ポルノ・ポルノ!!

みょーなカーニバル

朝、大好物の明太子スパゲティーを食べながら
(なんで朝からスパゲティー?と突っ込むのはやめてね)
見るとはなしにTVを見ていたら、
リオのカーニバル始まったんですね。


フランス語の同じクラスにブラジル人がいて、
「ブラジル人はいつもあんな格好で歩いているのか」
と聞いたら、
「そんなわけないでしょ」
とむっとされた過去をもつ私ですが、


すごいですね、
リオのカーニバル。
なんといっても規模が違う。
警備員も山の様に待機しているし。


で、わたくし、女の人があーゆー格好で踊っているのは知っていたのですが
よお~~~く画面を見ると、
男の人もあーゆー格好で踊っているんですね。


ムナゲ!!腹筋!!小尻!!!
そしてなくてはならない満面の笑み!!


むむむむ。いいカラダ。


朝から、なんてごちそう


んんんん~。おばちゃんお腹一杯☆



でも、実は私も昨日カーニバルに行ってきました。
欧州でも、昨日から一週間、カーニバル休暇なんです。


でも、私の行って来たのはあんな大規模なものではなくて
もちっと手作りチックな。
f0062821_19314737.jpg

小国ベルギーのそのまた小都市アールスト。


そのカーニバルは、
去年私が行った世界遺産バンシュのカーニバルに比べれば
http://soredemo.exblog.jp/1043755/
日本人にはあまり知られていないし、キレイさもない。


でも、現地の人にはなかなか人気があると聞いていってみたのだけど。


コレが、ねえ、ちょっとばかし妙なんだけど
すんごく面白かったのよぉ!!!


というか、私好み?
もう、ツボ、ストライクです。


詳細は次回また写真とともにお知らせします。
どこがおもしろかったか、ヒントは下の写真♪
f0062821_19362822.jpg


それでは♪
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-19 19:36 | ヨーロッパで暮らすということ

で、やってみた。

前回、美人で気立てのいい女性が、実は
ノーパンで寝ている、という記事を書いたのですが。


それについて、いくらかのコメントいただいたのですが
驚くことに、3人の女性が、
ノーパンはおろか全裸で寝ていた。



ぜ・全裸でっせ。旦那。


なあんにも着ないで寝てるんでっせ。


・・・・そんなんありか?



理由は、
服着るのがめんどくさい。
ガーゼフェチのためタオルの感触が気持ちいい。
など。


すごいなあ。

世界は広いなあ。

と、しみじみ思ってしまったのですが。


で、何事もまずは経験、
そんなに気持ちいいものならばと、、
昨日の夜、一丁やって見ようと思い立った。


でもね、一応家族もいるので、
イキナリ全裸って言うのはみんな驚くだろうから


まずは、パジャマの下を脱いでみた。


ウエは、○ラと、長袖の綿の女性用パジャマ。
下はパンツ。(ちっちゃめ)


とりあえず、足は丸出しです。


お風呂上りにパジャマに着替え、
あったかいうちにお布団にIN。



およ?

確かに気持ちいいぞ。この毛布の感触☆

ぬくぬくぬく・・・すりすりすり・・・・

ふむふむ、なかなかいいかも。



が、
途中で歯磨きしてないことを思い出した。


んんんん~。めんどくさいなぁ
一日くらい歯を磨かなくても死なないしなぁ・・・


んんんん~~、でも、まあ、大人だし、
家族の手前、歯ぐらい磨くか、と、


数分間の葛藤の後、布団から出てみたら!!!!!!
なんと!!!!!

すんごくさっぶ~~~い!!



足が、ムチャクチャさぶいの。
もうね、イキナリ全身キーンって。
悪寒走りまくり。


で、必死こいて横山やすしのように探しましたわ。
「パジャマ、パジャマ、パジャマ・・・・・・・・」って。


足2本でこんなに寒いんだったら、
何にも着てなかったら、
あたしは布団から一生出れない。
おしっこたまって死んじゃう。

(注:私は死んじゃう基準がわりかし低め。すぐ死にそうになる。
   暗所恐怖症なので、暗いところに閉じ込めるとかなりヤバイ)



寄る年波には、勝てないってことかな。
それとも、暖房費ケチって設定温度19度にしているからかな。


いずれにせよ、私は裸族にはなれそうもありません・・・・
器が、ムチャクチャちっちゃいです。

f0062821_73145100.jpg

(海の町、フランスはマルセイユ。ホモちゃんがたくさんいます☆)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-12 06:27 | ヨーロッパで暮らすということ

普通ってナニ?

先日、みんなでお茶をしていたときのこと。

なにかの話しのついでに、
ナニを着て寝ているか、という話題になった。


実は、あたくしは、ブ○とパンツとパジャマ。
ブ○をつけて寝ないと安心できません。


阪神大震災ではないけれど、
万が一何かあった時、ノーブ○でお外に出るのはいやなの。
なんだか、何にもつけてないと落ち着かないの。


でも、寝る時にブ○をするのは少数派なんです。
成人女性の大半は寝る時にブ○をしない・・・・・と思う。


で、ここら辺はまあ、普通の話。
私がブ○をして寝ていたって、
まあ、そういう人っているよねって言うレベルのことで
びっくりされることでもない。


でも、その中に約1名、
その場のみんながひっくり返るような寝姿の女性がいた。
少なくとも、あたしは、びっくらこいた。


彼女は、なかなかの美人で、スタイルもよく、いつも笑顔で
性格もさっぱりした気持ちのいい人なんだけれど、


その彼女は、寝るときに、Tシャツしか着ないんです。


そう、ブ○はおろか、パンツも穿かない




えっ?


えっ?



パンツ、はかないんっすか?


おナカ、冷えないんですか?


あの~、お布団に、あの~、○が落ちませんか?



しかも寝相がかなり悪いらしく、
唯一の衣服であるTシャツも
朝起きると上までまくれ上がって
おっぱいも、下のほうも丸見えなんだそう。


・・・・・それって、いいのか?



しかも、さらにさらに驚くことがあって


彼女は、日本にいたときはご主人の親ごさんと
同居していて、1階部分に住むお義父さんが
孫かわいさにイキナリやってきたりもしたらしく、
見かねたご主人が、
「ウチの嫁さん、家のなかはハダカでいることが多いから、急にあがってくるな」
と注意をしたそう。


で、そのお義父さんはちゃんとその言葉を素直に受け取って
それからはイキナリやってくることはなくなったらしい。


・・・・・って、家の中でハダカでいることを容認したな。
だれも、止めないんだな。



どうも彼女にとって、パンツなしで寝るのは「普通」のことらしく、
「一回やってみて~。気持ちいいよ~」
なんてノーパンを大いに勧めてくれる。


「まずは、一回やってみて~。やめられんよ~」
ってことらしいのですが・・・


なにが、どんな風にキモチいいんだろう・・・・


うううううううう~~~~~~ん。


でも、これって普通なんでしょうか。



ブ○までつけて寝ている私には到底できないことなんですが
実は、私が知らないだけで、
多くの成人女性はノーパンで寝ていたりするんでしょうか



随分前ダケド、村上春樹の「村上朝日堂」という週刊誌上のエッセイで、
全裸で日中の家事をする「全裸主婦」というのが話題になって。


そのエッセイの中で、村上春樹が
「そんな人、めったにいないですよね」みたいなことを書いたら
全国各地から
「全裸で家事をすると気持ちがいい」
という多くの全裸主婦からの投書がきたらしい。


全裸で家事・・・・・
・・・・・これも私にはできない。


でも、これも私が知らないだけで、
実は多くの成人女性が全裸で家事をこなしているのでしょうか。



・・・・・・わからん。
・・・・・・謎だ。
普通ってナニ
f0062821_1054235.jpg

(車で30分のところに水族館があります。日本ほどは規模は大きくない)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-08 10:07 | それでも・・・

わからん・・・

ポルノグラフィティファンのみなさま、こんにちは。
そうでない方も、こんにちは。


あのー、一つ聞きたいことがあるんデスが、
2月末に発売する、去年の横浜スタジアムライブ「ロマンスポルノ」のDVD、
あの、表紙って
         オシャレなんですか?

http://www.pornograffitti.jp/
(この中のinformationをクリックすると出てきます)


日本を離れて、もうすぐ3年。
ワンセグわからん、携帯サイトわからん、IPADすらわからん。


そんなウラシマ街道一直線のあたしが言うのもなんですが、
あの表紙はどうよ、って思うのは間違っているんでしょうか・・・・・



オカンとボクと東京タワーとか、三丁目の夕日とか、
今、日本はそんナンが先端なんですか?

時代は寅さんに逆戻っているんですか?

パット見、釣りバカ日誌のDVD?

あ、釣りキチ岡野さんのたっての希望?

これが、ロマンスポルノ?

東京ロカンチカじゃなくて?

それなら、岩崎宏美出さないと。




あまりに謎過ぎて、皆さんに聞いてしまいました。


でもまあ・・・
それも含めてポルノってことで・・・


さてさて、アマゾンで予約しようっと☆
f0062821_1820564.jpg

(フランスとスペイン国境のバスク地方。ESPELETTEは唐辛子の町)
(町のいたるところの壁に特大唐辛子がぶら下げてあります)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-05 18:22 | ポルノ・ポルノ!!
ヨーロッパを旅をしていると、
ストや、大雨や、工事や、事故や、
食中毒や、テロ未遂や、スリや、車上荒らしや、

実際は、ありとあらゆる不運があったりする。


しかも今は、こうしてPCの前に座っているだけで
高いお金と時間をかけて実際にそこに行かなくても、
いくらでも写真やら情報やらが手にはいるから、

ただ、その場所のことを知りたいのであれば、
そのほうがずっと安全で、確実。


それでも私が旅がしたいのは、
そこに行って、そこに立って、
そこの風やそこの太陽にあたりたいなあと思うから。
その昔、実際にいただろう先人の目線で
まわりを眺めたいなあと思うから。



世界遺産、「ニューグレンジとタラの丘」。
アイルランドの首都ダブリンから北西へ約60キロ。

ケルト以前、約5500年前の巨大な墳墓群。
イギリスでいうと、ストーンヘンジのような石の建造物だ。

f0062821_1135985.jpg

おわんをかぶせたようなこの丸い古墳は、
見渡す限り緑の丘が続く、見晴らしのいい高台に、
イキナリ登場する。

「ボイン渓谷」という
大橋巨泉が泣いて喜びそうな名前の渓谷にあるビジターセンターから
グループでのガイドツアーが出ている。
f0062821_12405647.jpg


周りは牛や羊が草を食む、なんてことない田舎の村なんだけど。
f0062821_11391017.jpg

立っている人と比べると大体の大きさはわかると思いますが
5500年前に作られたにしては、緻密に石板が重ねられている。
f0062821_11423779.jpg

ここが墳墓内部への入り口。
入り口前に渦巻き模様が描かれた巨石が置かれている。
f0062821_125125.jpg


この墳墓のすごいところは、
総重量20万トンもの石が、壁・天井部分に至るまで巧みに組み合わされて、
現在に至るまで1滴の雨水も墓内に浸入していないこと。


もっとすごいのは、
入り口から細く長く墓室まで続く入り組んだ通路。
この通路を通って、1年でもっとも日の短い冬至、そのたった1日のみ、
入り口からの陽光が、一本の光の筋になって墓室に届く。


見学者は実際に墓室に入ることができ、
係員が、入り口から冬至の角度でライトを照らしてくれるのだが
ビミョウに入り組んだ岩の間から、本当に細い光の筋が一本、
まっすぐに棺に向かって伸びてくる。


実際に見ると、驚くのなんの!
だって5500年前のお墓なんだもの。


天文学に秀でた5500年前の古代人が建築した墳墓は、
今なお多くの謎を抱えて、その姿を留めている。

f0062821_12245132.jpg

この丘の上に立って、青緑の風を吸い込んで、
ぐるりと周りを見渡してみると、
古代人が夢見た未来は、こんな現在だったのかなって
チラッと思ったりする。


もしかして5500年前の古代人たちは、
今よりずっと、信仰深く、自然を尊び、
豊かな精神を宿していたのかも知れないなあなんて思う。


いろいろ苦労してたどり着いたニューグレンジだったけど、

これだから旅はやめられない。
[PR]
by miyu-sakura | 2007-02-03 12:08 | 今日の世界遺産