ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さ・さむい・・・・・

さ・さむい・・と書きましたが
別につまんないダジャレを言っているわけでもなく、


昨日・今日と、
急に寒くなったんです。


欧州といっても範囲は広くて
昨日イタリアでは記録的な熱波で
最高気温が40度を越したようなんですが。


私の住むこの町でも
先週まではそこそこ暖かくて
たまに半そでも着ていたんですが


昨日も今日も寒かった・・・・

最低気温が11度。最高気温が17度くらいです。


冬は当然もっともっと寒いのですが
がっつり全館暖房しているため
実は結構あったかい。

機密性の高い家の中は薄でのシャツ一枚で十分なくらい。


でも、
もうすぐ7月になろうという頃にまさか暖房を入れるわけはないので
この家の中は、実は冬より寒い


今も長袖のパジャマの上に
フリースの上着を着て。
しかもチャックも一番上まで上げて。


こんな感じだから
屋外のプールに入れる期間なんて
ほんのちょっとだったりする。
屋外のプールなのに温水だし。


ヤフーのニュースを見ていると、
梅雨の日本はすごく暑いようですが
同じ時刻にフリースの上着を着ているのってなんか不思議。

そんなに緯度は変わらないはずなんだけど。


暑い時には寒いところに行きたいし
寒い時には暑いところが恋しい。

そんな感じかな・・・。


ただ、
こうやって夏でも冬物着たりする生活だと、
冬物が一年中片付かなくて、イヤ。
ウール用の洗剤も一年中大活躍だし。


・・・・・おかげで

夏ばてなんてないから、
食欲はいつだってたっぷりあるし

体のラインをあんまり見せないものだから
心置きなく太っちゃうじゃないかぁ


ちなみに私がたまに使う天気のサイト。
現在の気温とかがわかります。
http://www.bbc.co.uk/weather/5day.shtml?id=2004
世界各地の天気予報がわかるのでぜひ使ってください。

f0062821_8141422.jpg

(パリで私が一番好きな場所。サクレクール大聖堂より夕方のパリ市内)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-28 06:55 | ヨーロッパで暮らすということ

神さまのいぢわる

先回、
次回はトルコの世界遺産を書きますと断言したものの、
書くためのまとまった時間がなかなか取れず

ごめんなさい、今回はちょっと別のことを書きますね。


実は、
ちょっとした理由があって
適当な距離を置いてお付き合いをしようと思っている方がいて


でも、
私はその人のことを嫌いなんかではなく
むしろ好きな方だし、いい人だなあって思うし、

その人も、私のことを別に嫌ってはいないと思う。


キレイだし、気もつくし、いつもニコニコされているし
その人の悪い評判は聞かない。


でも、
私にとってその人とオトモダチになると言うことは
どこまで人に寛容になれるのか試されるということなの。


で、
こういう時の私の対応としては
「適当な距離をおいて付き合う」
だったのですが、


どうも神様は、
私にこの試練を乗り越えさせたいようで
これから定期的にお近づきになることになりました。


どーもこの年になってもなお、、
ちゃんと克服しなくてはならないことってあるんだ。


いまさらですが、
がんばれあたし!」って感じです。


こ・これがもしかして

前世からの宿題ってヤツですかい?江原さん。
逃げられない業ってヤツですかい?三輪さん。


実は「オーラの泉」、
むちゃくちゃ親切なお友達が録画して送ってくれるので
ちょこちょこ見るのですが

以前、
広末涼子の前世が「イタリアの高貴な修道女」ってのに
全くもって納得が行かず、
独りでテレビに突っ込みを入れていた私です。


私の前世ってナンだったんだろう。

しかも、
こんな年になっても、こなさなきゃいけない宿題出るし。


神様ってイヂワルだなあと思う今日この頃なのでした。

f0062821_744387.jpg

(パリの進化大博物館。花の都パリでは、博物館もなんだかオサレ)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-26 07:24 | それでも・・・
この「飛んでイスタ~~~ンブゥゥ~ル」に苦笑した方は
きっと30代以降の方だと思うのですが、


私もリアルに覚えてます。
この曲、「飛んでイスタンブール」

1978年、庄野真代の歌った歌謡曲で、そこそこヒットした曲です。


思えば、
この頃の歌謡曲って冷静に考えれば変な歌詞が多かったような。


黒沢年男の「時には娼婦のように」なんて
♪真っ赤な口紅つ~けて、黒い靴下を履いて~♪
なんて件があるのですが

それって娼婦か?

娼婦って靴下、履くのか?

ストッキングじゃないのか?

黒い靴下はどっちかっていうとおばあちゃんとか履いたりしないか?




この「飛んでイスタンブール」も
♪飛んでイスターンブール、光の砂漠でロール♪

・・・ってただの韻を踏んでるだけじゃん。
イスタンブールに砂漠、ないし。


でも、そんなことはおいておいても、
うん十年たった今でも、空で歌えるほど私にとってキャッチーで。

で、歌うたびに思っていました。


「いつか、飛んでイスタンブールをイスタンブールで歌いたい
と。


その長年の夢をかなえるべく、
行ってきました。イスタンブール。

しかも週末に2泊3日(泣)。

みじかすぎっ!!!


イスタンブールでの出来事は以前に一度書いたけれど
http://soredemo.exblog.jp/5492336
せっかくなので次回、ちゃんと記事にしようと思います。


なんといっても、
イスタンブールは、世界遺産なんです。


でも実は・・・・

今イスタンブールは、度重なるテロのため
外務省から「渡航注意」の通達を受けている都市なの。


しかも恐ろしいことに、
このテロは、内乱でもなんでもなく

「外国人観光客目当てに行われている」ということ。


国粋主義の、外国人を排斥しようとする人たちが
無差別に観光客の集まるところに
爆弾を積んだトラックを突っ込ませていて、


私たちが旅行に発つ正にその4日前に、
首都アンカラで11人もの死亡者を出すテロがあったばかりだったんです。


とりあえず、1分ほど家族会議はしましたが、
予定通り出発し、ありがたいことに無事に帰ってきました。


飛んでイスタンブ~~ル。
じつは、ちょっと命がけ・・・・・
f0062821_1801948.jpg

(トルコ・イスタンブール。イェニ・ジャーミイでは敬虔な信者が祈りをささげる)


・・・今回、マニアな方へのおまけ

「飛んでイスタンブール」の歌詞です。


   いつか忘れていった こんなジタンの空箱
   ひねり捨てるだけで あきらめきれる人
   そうよ みんなと同じ ただのものめずらしさで
   あの日 しゃれたグラス
      目の前に すべらせて くれただけ・・・

   おいでイスタンブール うらまないのがルール
  だから愛したことも ひと踊り風の藻屑(モクズ)
   飛んでイスタンブール 光の砂漠でロール
   夜だけの パラダイス♪

  (ちあき哲也作詞、筒美京平作曲、庄野真代、歌)

  さあ、みんな、Let's Sing !!!!
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-20 17:50 | ちっと旅ガラス

イヌを買いに行こう。

このクソ忙しいのに、
ここ最近、週末ごとにブリーダーさん巡りをしている。


なぜか急に、家族の中で「イヌを飼いたい!」と言い出す輩がいて
あまりの熱意に家族中が引きずられているのである。


実は、この春に法律が改正されて
ペットショップでのイヌの売買が基本的には禁止されたんです。


それではどうするかと言うと、
ネットでブリーダーさんを探してアポを取り、
直接ブリーダーさんから買うシステムになったの。


その背景には、
ペットショップで売られているイヌや猫の多くが、
安い中欧、ハンガリーやルーマニアなどから
運ばれてきているという事実があって。


トラックでの輸送途中に、何割かは病気になったり死んだりするし、
せっかくペットショップで買っても
数ヶ月のうちに死んでしまうケースも多いため、
動物愛護の理由から法律が作られたのということらしい。


で、

我が家が探したのはこのイヌ。
f0062821_983633.jpg

(今回見に行った先で写真が取れなかったのでブリーダーさんのHPより)


大好きな島田ゆかさんの絵本、
「バムとケロの日曜日」など、バムケロシリーズにでてくる、
ご存知バムちゃんデスね。

白い短毛に小さな目、クロのアイパンチがポイントの
ぶっちゃいくなのがかわいいというイヌです。


お好きな人にはたまらないけれど、そうでない方にはどうでもいい、
と言うかなりマニア向けなお犬様。


まだ日本に入って間がないため、
キレイにアイパンチの入ったブルテリアには、
なんと55万円の値がついてて、あたいはとってもびっくりした。


こちらで買うと、700ユーロから1000ユーロ(10万から13万)。
日本よりはずううっと安いけれど、
実は他のイヌに比べると高めな、そこそこ人気のワンちゃんです。


今日も、車で1時間かけて、5月に生まれた子犬を見に行ってきました。
f0062821_8224611.jpg


ブリーダーと言うだけあって、
ホワイトブルドックやら、テリアやら、当然ブルテリアやら、
さらに猫や、なぜかオウムまでたくさんいて。


ひろ~~い庭にのびのび放されている親イヌや
10数匹の子犬がじゃれあっている姿は
とってもとっても微笑ましかったけれど!!


私はすんごく驚いた!

ナニがって、親イヌのでかさに


だってミニチュアブルテリアっていうからさ、
せいぜい40センチくらいかなあって思っていたら、なんのなんの


でっかいのよ。

60~70センチはありそう。

しかも、見た目よりずうっと重くて15~6キロくらいありそうなの。


で、


吼える声も、低いけれど大きくて、


「ばうっ、ばうっつ!!」


ってかんじなんです。



・・・・だめだ・・・・

・・・・近所迷惑すぎる・・・・



と言うわけで、ミニチュアブルテリアはあきらめて、
他のイヌを探すことにしました。



それにしても

ペットショップだと小さな子イヌの時しかわからないから

こうやってブリーダーさんで
親イヌをちゃんと見てから買うシステムって
なかなかいいですね。

バカンスの時も里帰りであずかってくれると言うし。


・・・・ってまだフランス語の試験が残っているんだった・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-17 08:58 | ヨーロッパで暮らすということ

閑話休題

皆様の励ましのおかげもあり、
今回受ける4つのテストのうち、一番気が重かったテストが今日終わりました。
どうもありがとう~~。(泣)


そんなわけで、ようやくPCが触れてうれしい☆


でも、勉強しながらどうしても気になったことがあったのだ。

気にしなくてもいいのに、ミョーにミョーに気になって
それこそ勉強が手につかないくらい(笑)


それは、授業で使うDVDに登場する日本人が
明らかに中国人だということ。


その教材のDVDは、
パリで暮らすBenoit(ブノア)とJulie(ジュリィ)とPasucal(パスカル)の
なんてことない日常的な出来事を、毎回ドラマにしていて、


ある回に、旅行会社勤務のブノアが、
とっても非常識な日本人のお客さんに
一日中振り回されてくたくたになるっていう話しがあって、

でもね、
そのお客がね、0:10分けなの。
で、なんだかね、顔とか、表情とか、服のセンスが違うの。


ここら辺はコトバにしづらいんだけど、
日本人からみると、明らかに日本人じゃないのよ。


大体、日本人の非常識なお客っていう設定もどうかと思うのだけど、

中国人俳優を、どーせわからないだろうから、
って日本人に仕立ててしているところがね、
所詮、東洋人って思われているんだなあって感じて。


授業でも、何の違和感もなくすすめられていたから、
(公立大学の公開講座のため日本人以外の生徒が多い)
もしかして、
コレが欧州人から見た日本人の総意なのかなって気がした。


注文ばかりうるさくて、写真ばっかり撮ってて、
小さくて、ダサくて、人の話を聞かなくて、ケチ。


日本人って、そんなイメージかぁ?
なんだか悲しいんですけど・・・



最近、どの国の、どの観光地に行っても必ず見かけるのが
日本人観光客ならぬ、韓国人観光客、または中国人観光客。


すごく多くて驚きます。
日本人が霞むくらい。
よっぽど景気がいいんでしょう。


でも、欧州人から見たら
日本人も中国人も韓国人もみんな一緒くたで
必ず目線は上から。

もともとの立ち位置から既に、下段にいる。


イエローなのを嫌だと思ったことはないけれど、
なんだかなあ・・・・って。
教科書開いて、なんとな~く空しくなったりしたのさ。


・・・・ってそんなこと言って
やっぱり勉強がはかどらない言い訳を作る、今日この頃でした。
f0062821_633431.jpg

(オランダ・アムステルダム。アンネ・フランクの隠れ家は今も残る)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-13 06:34 | それでも・・・

とほほ

・・・・あああ、また寝てしまった・・・・・・


日ごろ出歩いてばかりいる私が、
来週のフランス語のテスト勉強のため、
わざわざ予定を空けて家にいるというのに


なまじ家にいるばかりに、

急に銀行の請求書を整理したくなったり
飾り棚の汚れが無性に気になったり

もっと言えば

庭の荒れ具合がどうにも我慢ならなくなったり、
家中のシーツを洗濯したくなったり


気分転換を兼ねてちらっと読んでしまった漫画の「NARUTO」に
ついついハマって37巻まで読破してしまったり


どうしてもしなくちゃいけないコトがあるのに、
他ごとに気がいって全然はかどらないことってないですか?


今日は、午前中にダイエットのための運動をして
パンが固かったので、オニオングラタンスープにして食べて
(なんという高カロリー!!というつっこみはごもっとも)
それからやっと机に向かったのに


2時間も昼寝しました・・・・・・


しかも椅子に座ったまま、腕組みをして、
仰向けに反り返って寝てしまった。


生まれて初めてだわ。
そんな体勢のお昼寝。

ぱっと見ると、銃で撃たれた犯人みたい。
(ほら、コナン君の漫画も読んでるからさ、57巻まで)


おかげでイタイじゃないの、背中が。


イタリアとかギリシャとか、
欧州の暑い国にはシエスタ(昼寝)の習慣があるけど
確かに一日17時間近くが昼間だと
妙に疲れる。

紫外線、浴びっぱなしだし。

ドーパミン、出っぱなしだし。


・・・それにしても、いい加減勉強しないと
マジでやばいっ。

IQ200の愛しのシカマル(NARUTOに出てくる)
助けに来てくれないかなぁ

しゅしゅっしゅっしゅって・・・・ (←漫画読みすぎ)
f0062821_495953.jpg

(オランダ、アムステルダム。運河周りのこの船は、観光客に大人気)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-08 04:19 | それでも・・・

思い出になる前に

さて、6月になり、とうとうまたやってきます。

フランス語のテストウィークが・・・・。


今私は、一つ重い魔法にかかっていて、

それは、
「フランス語の教科書を開くと眠くなる」
というもの。


夜に勉強なんかするから寝るんだわ、と思い
朝早起きをして勉強してみても、ぐっすり寝るし、

昼間なら寝ないだろうと思いノートを開いてみても
やっぱり数ページも進まないうちに昼寝をしてしまう。

ものすごい魔力。

このままでは落第してしまうじゃないか。



せめて、ヒヤリングだけでも、と
車で出かける時は、フランス語のラジオを聴いているんですが、
気のせいか私の聞くラジオ局、なんだか選曲が懐かしめ。

聞えてくるのは、マービン・ゲイだったり、ポリスだったり、10CCだったり。


最近聞いて、改めてカンゲキしたのは

スティングの「Englishman In New York」
ビリージョエルの「PIANO MAN」。

このあたりを聞くと、もう、運転を忘れて聞き入っちゃう。
20年以上は前の曲だと思うのだけど、名曲、その一言に尽きるかな。
曲のイントロを聴くだけで、なんだか涙目になっちゃうのだ。


旅先でレンタカーを借りて、
やっぱりその地元ラジオを聴きながら走っていると
妙にその風景と流れている曲がマッチするなあ、と思うことがある。

いつもは聞きなれないアラビアの音楽も、
ヒツジを追うターバンを巻いた男性を見ながら聞くと
逆にここではこの曲以外はありえないだろうとまで思う。


スティングやビリージョエルも、もしかしてロンドンやN・Yの街角で聞くと
もっともっとぴったりする様な気がする。



私のLOVE☆のポルノグラフィティのお二人。
7月18日に新曲「リンク」の発売が決まりました。

きゃー。パチ☆パチ☆


もう日本の昭仁さんのラジオではO・Aされて、
アリーナライブでも歌っているみたいだけど
私が聞けるのはまだまだ先になりそう。


かつての名曲を聴いて、懐かしい懐かしいと
昔を思い出してばかりいたけれど

セピア色の思い出の詰まった懐かしい曲もいいけれど
今がどんどん思い出になっていく前に、
未来に向かって走ってるポルノの新曲聞かなきゃ。

なんたって新曲!!!なんだもの。


早く聞きたいなあ。


いつの日かその曲が、名曲と呼ばれる日がやってくるのかな。

名曲「愛が呼ぶほうへ」のように。



・・・って本当はPC向かっている暇があるなら
真面目に勉強しなくちゃいけないんだけど・・・・・。
f0062821_7114660.jpg

(オランダ。デ・ハーグ城。無骨なお城に窓の赤白の模様がかわいい。)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-06-04 07:13 | ポルノ・ポルノ!!