ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鉄子の部屋

えっと。

一昨日の夕方、
アムステルダムはスキポール空港から成田空港経由で
なんとか帰ってきました。

そう!中部国際空港に。


実は、JALにはパリ=中部国際空港間に直行便がでているのですが
アムステルダム発だと成田経由中部国際空港となり、
最短でも3時間程度、直行便に比べて着くのが遅くなる。


そんなわけで、いつもはパリ便に乗る私だけれど、
なんとこの時期、申請して6月末までに発券すれば

アムステルダム=成田国際線に

国内1往復JAL航空券が乗車人数分もらえるのだ。


いってみれば国際線に国内線のおまけがついたわけですね。


JRの乗車券で、名古屋から東京まで新幹線に乗ったら
東京23区内のJR乗り降り自由、
みたいなノリに似ている。


その無料航空券で明日から北海道に行くのですが
久しぶりに買いましたね、


「☆コンパス全国時刻表☆」


往復の航空券しかないので、
自分で宿と移動手段を確保しなければならないのですが
これがまた、意外と高くつく。


個人でレンタカーを借りたとしても
北海道は広くてガソリン代が意外とかかるし
高速代もばかにならない。


千歳→小樽→札幌→函館→千歳。
この工程で試算してみたら
レンタカーの移動、カローラ1台で約4万円かかることが判明した。


この金額に2泊分のホテルまたは旅館代を含めたら
うっかりすると、
団体パック旅行の方がぐ~~~んとお安かったりする。


そんなのは、いやじゃあ~~~~~!。



で、

みなさんうすうすはお気づきのことかと思いますが
じつは私、

鉄子。


鉄道大好き☆時刻表大好きオンナなのである。


いくら時代がPC時代となり、
駅すぱあと、なるソフトで簡単に時間や料金がわかるようになっても
やっぱり良いですね、

時刻表。


まずは表紙がいい。
毎回毎回、
おっ!!
この電車に乗りたい!!!!!と胸倉をつかまれるワケデス。
両手でわしヅカミされて、ぶんぶんと振り回されるワケデス。


ほ~~ら、ほ~~~ら新型車両だよ~~~って。


そんな「時刻表」、
今月、私のハートをわしヅカミした車両は・・・・
人気の「旭山動物園号」

これね、すごいの。

旭山動物園も斬新かも知れないけど、
この電車の斬新さにはかなわない。

なんといっても、

シートが白熊。

アーンド、白フクロウ。



絵本作家あべ弘史さんによる、
ホッキョクグマやライオンが描かれた外観もすごいけど
この「はぐはぐシート」なる白熊シートはすごいな。


鉄子も脱帽。


どんなエキセントリックな電車かというと・・・

http://www.jrhokkaido.co.jp/travel/asahiyamazoo/index.html


ね、乗りたくなるでしょ?


久しぶりに買った時刻表で周遊きっぷや時刻を調べて
気がついたら朝の4時。

ほんのり明るい朝を迎えた私なのでした。


鉄子☆ぐっジョブッ
[PR]
by miyu-sakura | 2007-07-24 04:01 | エキゾチックJAPAN

放置プレイ

すみません。
忘れていたわけではないのですが、
ずっと放置しておりました。


と言うのも、実はあと5時間で
アムステルダムの、スキポール空港に向かうからです。

行き先は・・
ずばり、ニッポン


きゃ~~~~!!
きゃ~~~~!!

1年3ケ月ぶりの日本です。
急ですが、いろいろとたまった用事を済ませに帰るのです

えっとね、

お友達に逢うでしょ。
温泉行くでしょ。(真夏だけど・・)
健康診断するでしょ。
病院行くでしょ
美容院行くでしょ
カラオケ行くでしょ
お見舞い行くでしょ
日本食を買い出しするでしょ
回転寿司行くでしょ。
ポンデリング食べるでしょ。
てんぷら蕎麦食べるでしょ。
うんまいラーメン食べるでしょ。
小樽に行くでしょ。
函館に行くでしょ。
じゃがぽっくる買うでしょ。(希望)
ポケモンの映画も見るでしょ。
運転免許の書き換えするでしょ。
仕事仲間に会いに行くでしょ。


うふふふ。


夢は膨らむばかり☆

うれしいことは!!
ナンといっても、「リンク」が初めて聞ける!!
オールナイトニッポンも初めて聞ける!!
上手くいけば、「おっぱっぴ~~」も見れる!!!


といっても、
7月中にあっという間に戻ってくる強行軍です。


皆様うすうすお気づきのことと思いますが
旅に関しては私はフツーじゃないので、


今回も、一秒たりとも無駄にしません。
ガチ勝負です。


あっつい日本の熱風にやられて
3年半閉じっぱなしの毛穴を全開にしてきます。


頭のてっぺんから汗を流してきます。

タオルで頭の汗をふいて、お風呂上りのビールに「うぇええ~~」って
言っちゃいます。


あ~~。楽しみです☆


で・・・・
実はあと5時間をきったというのに、
未だパッキングしていません。


あの~~、日本てどのくらい暑いんでしょうか
半そでですか?タンクトップですが?
今、どんな服着ていったら浮かないんですか?
今、何が流行っているんですか?

すみません。
我が家は今17度。
そうです。
長袖着てます。外出る時は、薄出のジャケット着ています。


ううううう~~ん、
時差を気温差でずっと倒れていたりして。


さて、荷造りしますか。
[PR]
by miyu-sakura | 2007-07-20 17:50 | ヨーロッパで暮らすということ

スゴロクくん

ポルノの晴一さんのワンコ、
ミニチュアシュナイザーのスゴロク君、
オトコのコの大事なところを手術したみたいです。


わたしはオンナなので、
大事な部分の手術の痛みがよくわからないのですが

あのー、でっぱったトコロを切っちゃうわけでしょうか
それとも、
お散歩の時、後姿に見え隠れする揺れる物体を切っちゃうわけでしょうか


というか、
そんな手術をしなくちゃいけないくらい、どこか調子が悪かったのなら
これからも元気なスゴロク君でいるために、がんばってもらうしかない。


がんばれー!!スゴロク!!!

がんばれー!!!


スゴロク君のミニチュアシュナイザーって
ほんとに可愛くって、欧州でも人気がとても高い犬種です。
我が家も飼おうかマジメに悩んだのだ。

可愛いメスを飼って、スゴちゃんのお嫁さんにしてもらおうとか
黒い下心もあったわけですが。



でも、
家の中で飼うのでできれば少しは短毛がいいかなと
ジャックラッセルテリアにしました。

スゴちゃんの手術を聞いてから
うちのワンコもこれからいろんなことがあるんだろうなあと
しみじみ思う今日この頃。


それにしても!!!!!!!!

晴一さんに
可愛がってもらってるスゴちゃん、いいなあ~

手術とはいえ、
ちょっとだけスゴちゃんがうらやましかったり。


スゴ君、とにかくお大事に。
これからも晴一さんの元気の基でいてください。

f0062821_1871973.jpg

(うちのワンコです。ようやく3ケ月になりました)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-07-14 18:09 | ポルノ・ポルノ!!
先週のカフェイレで、
ポルノの晴一さんも行きたいと言っていたトルコには、
私も随分長い間行きたいと思っていました。


きのこのような奇岩で有名なカッパドキア、

白い鍾乳石の棚が「綿の城」と名づけられたパムッカレ、

古代ギリシアの詩人ホメロスの叙事詩を信じて
19世紀のドイツ人が発掘した古代遺跡トロイ。

世界遺産も全部で9つある。



そのどれもこれもが魅力的な土地ではあるのだけど、
実はトルコと言う国は、すんごくでかい

軽く日本の2倍強(81.5万平方キロ)もある。


ヨーロッパの国々、例えばフランス(54.4万)、
ドイツ(35.7万、実は日本より小さい)、スペイン(50.6万)と比べても
ぶっちぎりででかい。


そのため、トルコの観光地間の移動は主に航空機。
長距離バスと言う手もあるけれど、かなりの日数がかかる。


カッパドキアも行って、パムッカレも行って、イスタンブールも、
やっぱりトロイも・・・なんて考えていると
航空機を利用しても7日はかかってしまい、なかなか腰が重かったのだけど


今回、行きたい思いに耐え切れずイスタンブールだけ、
2泊3日で行ってきました。
f0062821_5483129.jpg

(有名なグランドバザール。お土産屋さんなどが4400軒もひしめく)


国際都市イスタンブールは、
マルマラ海と黒海を結ぶボラボラス海峡の両側にまたがり、
それ故に、2つの大陸をまたぐ世界で唯一の都市である。

一つの都市の中に、アジアとヨーロッパが存在するの。



ヨーロッパ側から見れば、悠久なるオリエントの始まりであり
アジア側から見れば、遥かなるシルクロードの終点であり。

「オリエント急行殺人事件」で有名な豪華鉄道オリエント急行も
終点はこの、イスタンブールのスィルケジ駅。
f0062821_5465378.jpg



観光客の押し寄せるモスクの多くはヨーロッパ側にあり、
アジア側は中流住宅街になっていて、連絡船で通勤をしている。
f0062821_5255861.jpg

(連絡船の桟橋からは、素顔のイスタンブールが垣間見れる)


観光客向けのボスボラ海峡クルーズは往復800円だけれど
通勤用の連絡線は往復で20円。
f0062821_15304095.jpg

(これはヨーロッパ側、新市街と旧市街を繋ぐ橋。いつも渋滞している)

私たちが乗ったのは、当然通勤用の連絡線・ワプル。
f0062821_592111.jpg


片道25分程度で、ヨーロッパからアジアへ行ける。
f0062821_612479.jpg



5月の夕暮れ時、日中こそ30度近く上がる気温も随分下がり
デッキには、一日の疲れを癒そうとする人々が。
f0062821_5251128.jpg



船の上からは、
f0062821_5284626.jpg

イスタンブール市街や、
f0062821_5291361.jpg

夕日に霞むブルーモスクの姿が見れて、


連絡船の喫茶コーナーの、一杯たった5円のチャイを飲みながら
デッキの上から眺めたイスタンブールは、
ただ、見るているだけで悲しくて切なくて、でもたくましくて雄雄しくて

ついうっかり、泣きそうになる。


イスタンブールは、
イスラム教とキリスト教の交わるところでもでもあり、
歴代君主によって、宗教が何度も塗り替えられてきた。

その歴史は、次の機会に・・・・

f0062821_15283422.jpg

(桟橋で今日の晩御飯を調達。サバの塩焼きをパンにはさんだもの。
味は・・そのまんま。サバの塩焼きとパンの味です。・・・でもなんかおいしい)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-07-09 22:44 | 今日の世界遺産

朝からアヘアヘ。

ジャックラッセルテリアのワンコが家に来て以来、
毎日、朝からアヘアヘ言っている。


実は、
ワンコのブリーダーさんはフランス人だったので
ずうっとフランス語を聞いていたワンコには
簡単なフランス語しかまだ通用しない。


アヘ。とは
つづりではarrette。

「やめなさい。」「だめ」
という意味のフランス語です。


フランス語の「r」の発音は
フランス語特有ののどを鳴らすような発音で
ラリルレロ、と言うよりはハヒフヘホに発音が近い。


そのまま単語を読むと「アレッ」になるのですが
「アヘッ」といったほうが現地の人には通じる。
「アレッ」というと多分通じない。


基本中の単語の「bonjour」も
ボンジュールと言うより、ボンジューフ(ここで息を抜く)と
言う方が、ビミョウにツウっぽい。



で、
わんこ。


生後10週といえば、すんご~くかわいいけれど
トイレトレーニングなんてまだぜんぜんできてないから
家中マーキングし放題。


そこらじゅうがトイレ。


しかも、
コイツなんかへんなもの食べてないかってくらい
ウ○コもしょっちゅうする。

一日5回はするな。

しかもしかも、その爆弾くんは
信じられないくらいヘンなニオイがする。



朝、スガスガしいキモチで目を覚ましても
そこはかとなく香るウ○コのニオイ・・・・・

ニオイの元をさぐって見ると
布団の上にあるんだな、これが。

しかも、2個



飼う前から老犬介護の心配をしていた私だけれど
なんのなんの。

まずは、ちゃんとシートでオシッコをしてくれるように
そこからしつけなきゃー!!


さらにトイレ以外でも

ティッシュをくわえて何枚も出したり
トイレットペーパーを転がして遊んだり
洗濯物の籠の中に潜んでいたり
穿こうとしている靴下を銜えて持っていったり


とにかく、朝だけでなく一日中アヘアヘ言っている。


15年ぶりに子犬の面倒に
生活のリズムが崩れっぱなしで閉口するけれど

このわんこは
たくさんの犬に囲まれて住んでいたからか


むちゃくちゃ人懐っこく
むちゃくちゃ寂しがり屋で
むちゃくちゃ甘え上手で。


今も私の足にあごを乗せて
クゥクゥいいながら寝ているところが、憎めないんだよな。

布団にウ○コされても。
(繰り返すけど、2回も)


お願い、わんこ。
せめて掛け布団だけはやめて。
f0062821_6174979.jpg

(甘え上手のわんこ。どうもこの目に弱い)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-07-04 06:18 | ヨーロッパで暮らすということ
日本から欧州に越してきた時、
本当は、「みゆ」というわんこを一匹、
一緒に連れて来るつもりでした。


ただ、思いの他手続きが大変で
一旦私の実家に預け、
こちらでの生活が落ちついたら迎えに行くはずが、


渡航してたったひと月後に
のどにできたおできがつぶれ、血が気管支に入って
本当にあっけなく死んでしまいました。


トモダチの家の犬がたくさん子供を産んだと聞いて
初めて見に行った時から
みゆは私の人生の中でも大事な大事な犬だったのだけど、


最後にちゃんと見送ることができなくて
それがずっとずっと心残りで。


大変でも、一緒に連れてきて
ちゃんと最後まで一緒にいてあげたかったなあって
写真を見るたびに思っていた。


だから

今回犬を飼おうということになって
いろんなブリーダーさんを見に行ったり
ドッグショーに行ったりしても
今ひとつ気が乗らなかった。


今さらあたりまえなのだけど
犬を飼うってことは

目の前のかわいくって元気一杯のわんこが

白内障で目が見えなくなって
オシッコも自分で上手にできなくなって
寝たきりになってスポイトで水を飲まさなくてはならなくなるまで
ちゃんと飼ってあげれるかどうか

自信がないとなかなか踏み切れない。


10年以上、ちゃんと毎日散歩に行ったり
忙しくったって、しっかりかわいがってあげなくてはいけない。


忙しさを理由にみゆを置いてきてしまった私には
また、犬を飼うだけの資格がないような気がしていた。



先週の金曜日にあるブリーダーさんをたずねた時も
とりあえず見に行こう、くらいのキモチだったのだけど、

そこにいたのは
f0062821_1816150.jpg

1992年の、あの夏の日のみゆにそっくりな
一匹のわんこ。


ちゃんと見送ってあげられなかった後悔を、
これからずっと持ち続けて生きていくより
この子をちゃんとかわいがってあげよう、

そう思ったの。


なんと、この国では
今年生まれたわんこには、
アルファベットの「G」が頭文字になる名前をつけることが
義務付けられているため
「G」のつく名前を考えてみて


木村裕一の絵本「あらしのよるに」から
名づけました。


4月16日生まれの
ジャックラッセルテリアです。

これから、どうぞよろしく。

ここが犬のブリーダーさん。この女性がオーナー。
いつかは日本に連れて帰ると言うと、
「日本に行っちゃうのかい、元気でね」とちょっとしんみり。
[PR]
by miyu-sakura | 2007-07-02 07:16 | ヨーロッパで暮らすということ