ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ごめんなさい

昨日の朝、起きたら8時45分だった。


おおおっ、寝坊じゃあっと飛び起きると
実は7時45分。

そうなんです、実はこの日曜日、一日25時間なんです。



ちょうど夏時間から冬時間に変わるこの週末、
日曜日の午前3時が、午前2時になる。
ちょうど1時間遅れた時間になるのだ。

夏時間に変わる時に一日23時間だったから
その分の1時間なンですが。


毎年のどうもこのシステムがちゃんと理解できず
いつも????って感じで
時計に針を戻す。
この作業をするのが結構手間なんです。


めんどくさいのと、やり方がわからないので
私の車はいつも冬時間のまま。

夏の間はいっつも1時間進んでいて、
「ええっ!!もうこんな時間?」
って同乗者に驚かれていたけど。



車といえば・・・
前回の記事に
「今まで交通事故はない」。
と豪語しましたが、よくよく考えたらあった。


嘘書きました・・ごめんなさい。


一度目は、20代前半。よしえちゃん(母)の車の時。
自転車のレースのために自転車を積んで岐阜まで行った帰り。

寝不足と疲労で、一瞬居眠りして
フロントフェンダーをガードレールにこすった。

ががががががが~~って音で正気になって
大事には至らなかったので、
そのまま何食わぬ顔して帰って車庫に入れて寝たら
翌日よしえちゃんに、ど叱られた。

あん時のよしえちゃんは、鬼だった・・・



二度目は20代後半。
これは事故というより、私の当て逃げ。

交差点のすんごい邪魔なところに止まっていた車の
ミラーに、こっちのミラーが当たったのだ。

ゴンって音がして私のミラーが倒れたので
そのままミラーを電動で直して駐車場に停めようとしていたら、
後ろからすごい勢いで運転手さんが走ってきた。


そう・・・その運転手さん、。
特殊な短髪もすがすがしく、黒のスーツを着ていた。

なんと、ぶつけた相手はベンツのS2000。
パチンコ屋さんの会長の奥様の車だったのだ。


運転手「お前~!。何逃げてんのじゃー


私   「何言っていんの。アソコは駐停車禁止!!
     あんなところに停まっているほうが悪い!」


私はこのとき、
自動車事故では「ごめん」と言った方が負け、
と勝手に思い込んでいたので、ひたすら強気


運転手「それにしても逃げてはイカンだろう


私   「逃げるも何も、アソコでは停まれんでしょうが」


運転手「今、奥様は買い物中なんじゃ。このままじゃとわしが怒られるから、保険で処理しよーやないか


私   「じゃあ、警察行きましょう」


運転手「奥様に連絡してから昭和警察いくで、お前の携帯番号教えろや


私   「090-・・・」


このとき、私はベンツS2000というのが一体いくらの車なのか、
全く知らなかったため、この期に及んでバックれようとチラッと思い、

違う電話番号教えちゃおうかなって思ったんだけど
まあ、それもめんどくさかったので本当の携帯番号を教えた。



運転手「おう、この場でかけるからな


私   「・・・・・・」
 
  
目の前で私の携帯電話が鳴るのを確認した運転手が一言、ひっくい声で
    「おー、もう一度逃げたら承知しないからな


・・・・・・よかったぁ・・・・。
本当の電話番号を教えてて。

教えてなかったら、私は今頃どこにいたんだろう・・・・。



初めてコトのでかさを実感した私、
ソッコーで警察署に行って、仲良く事故証明をもらったのは言うまでもない。    


別れ際に運転手さんが一言
    「良かったなあ、俺が相手で


・・・・そうすか?
・・・・ベンツのミラーカバー1つの修理に10万かかったんですが?


でも、意外にいいい人でした。
人は見かけによらないものです。
f0062821_1893340.jpg

(南フランス。セタンク修道院。手前のラベンダーが満開になるのは7月)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-10-29 17:42 | ヨーロッパで暮らすということ

先が思いやられる・・・

野次さん 「喜多さんや、今日は一体何日でしょうかの?」

喜多さん 「10月の25日だねぇ」

野次さん 「ほー、10月かい。わしはてっきり12月かと思ったよ」

喜多さん 「うんにゃ。ここんとこ、えれー寒いもんなあ」

野次さん 「うんにゃ、うんにゃ」

・・・・という情けない1人芝居をしておりますが
こんな感じに壊れてしまいそうになるくらい
今週に入ってからめっきり寒い。


今日は最低気温3度で、最高気温が10度。


・・・・・10月なんですけれど。
・・・・・本当は秋のはずなんですけれど。


8月の日本はすんごく暑かったみたいですが
今年の欧州はすんごく暑い国とすんごく寒い国とに分かれた。

もちろん、ここは寒いほうの国。
外プールも、海も、どっこも行けなかったもんなぁ・・・。


10月から3月は、日も短くなって、とにかくどんよりとした日が続くけれど
どうも今年は例年より寒くなりそうな気がして、

毎日タクシー運転手並みに走っている私としては
スノータイヤを買おうかどうか、悩みどころなのである。


毎年雪はあんまり降らないんだけど、
とにかく凍りつく微妙に傾斜のついた公道を、
なんとノーマルタイヤで、
気合一つで、「命削りながら」運転している。

正確には、私の人生のそう多くはない「幸運」をどんどん削って運転している。


かれこれ運転歴約20年を誇る私、
こんなに長く生きてきて、でもなんとありがたいことに、
今まで交通事故ってしていないんだけど、

いつかこの「幸運」が枯れ果ててしまいそうで怖い。マジに。


ま、駐車違反なら山のようにしているんだけどね。

多分・・ここに来て払った違反代全部あわせたら、
ヴィトンのバッグ一つは買えるな、絶対、って言うくらい。



今週末には冬時間が始まる。

とうとう、来たぞ。
あの、暗くてどんよりした、そしてキラキラして心躍る、
欧州の冬が。


実は来週木曜日は、欧州のお盆、トゥーサン。
トゥーサンのため、学校や一部の会社は1週間バカンスになりお休み。

死者がお墓から抜け出して愛する人の町に戻ってくる。
それがアメリカに行ってハロウィーンになったわけだけど。

この時期、墓地や花屋の店頭には小菊の鉢植えがずらっと並ぶ。

鉢植えっていい案だよな。
雨だけは多いから、しばらくは枯れないし。

・・・って、欧州でも小菊なんね。意外・・・。



それにしても、死者が戻ってくるからって
一週間休みになるのってなんでだ?

みんなバカンスで旅行に行ったら
戻ってきた死者は途方にくれないかい?

戻ってきて損した、ちっ、って怒ってないか?

・・・・・それは日本も同じかな。
f0062821_6355882.jpg

(11月から各地で始まるクリスマスマーケット。これはドイツのアーヘン)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-10-26 05:50 | ヨーロッパで暮らすということ

いろいろ

なんだかここのところ忙しくて、
なかなか更新できなくてごめんなさい。


先月に引き続き生活費稼ぎにブロカントもしたし、
風邪も引いちゃったし。


でも、まあ、ようやく落ち着きました。
ほっと一息。


実は今年に入ってから、
ここの日本人向けフリーペーパーの編集のお手伝いを
ボランティアでさせてもらっていて、
今回なぜか2P担当してしまい
正直大変だったよぉ。


日本では読み捨てられる無料の情報誌。


でも、ここの情報を日本の活字で紹介している情報誌は、
発行部数は少なくても日本のそれよりずっと頼りにされている。

英語でも、フランス語でも、ドイツ語でもなく
日本語で案内される、ここの、現地の観光・生活情報は
こちらで暮らし始めた時から、私にとって貴重な情報源で。


多分、私だけでなく、海外在住邦人にとって
日本語のフリーペーパーは、海外生活の強い味方だと思うのだ。

日本では当たり前のように溢れている日本語が、
ここではめったに見かけない。
せいぜい、「寿司」とか「盆栽」。よくて「東京」。
基本的に日本料理屋さんや中華屋の看板くらい。

パソコンを開けばニュースは溢れているけれど
ヤフーニュースは日本のニュースだから。

ここのちょっとした情報は
英語やフランス語のHPから自分で探すか
日本人コミュニティでのクチコミがメイン。

本当に手作りのフリーペーパーだけど
ここのニュースや情報を日本語で、って言うのがミソで、
そこそこ楽しみにしてくれる読者がいるわけです。



そんなわけで、
私のこのブログみたいに
適当な言葉で、適当にくだらないことを書いてしまうわけにも行かず、

なぜか必ずそっちに行ってしまうエロ話や、
ポルノグラフィティの晴一さんへの愛を語るわけにも行かず

伝えたい情報をいかに正確に公平に、
でも、いかに読んでつまらなくないか、
私なりに悪戦苦闘したわけです。


読み捨てられるフリーペーパーなんだけどね、
そんな物でも、つくづく物を作るのって大変だなあって
この年になって、思った。


いやあ、案ずるより産むが易し。

・・・・って違う。

百聞は一見にしかず。

・・・・なんかそれもちょっと違う気もする。


まあ、やってみて初めてわかる、プロのすごさ。

アマチュア(わったし)との力量の差をしみじみ感じます。
とにかく、書くスピードも量も内容も全然違う。
お金をもらえる、ってすごいことです。
(私はボランティアなので・・・)


これから新聞や雑誌には敬意を持って読もう。
そう思った秋の夜長でした。


でも・・・・
晴一さんの眉間やアヒル口についてなら
いくらでも書けるんだけどな。

タイトルは・・・
「あなたのの眉間に棲みたい」、で。
f0062821_6373497.jpg

(イギリス。ドーバーの船着場。まっしろい壁が特徴のドーバーの海岸線)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-10-24 06:25 | ヨーロッパで暮らすということ

ホタルノヒカリ

私は今、ドラマ「ホタルノヒカリ」を見ている。

日本から送ってもらったDVDなのだが、これが・・・・・・・

すんごい面白い。


このクールは、
「イケメンパラダイス」だの
「山田太郎物語」だの
話題になったドラマがいくつもあったと思うけれど


なぜか、これにハマッタ。


なぜって!

なぜって!!!

なぜって!!!!!!



マコト役の加藤和樹君が

私の大好きな、シスターの頃の晴一さんに似ているからなのだ!!!!



きゃあ~~~~~~~☆

最初見たとき、思わず持っていたコップを落としそうになった。




う。

ずっきゅううううううううううん。(←ハートの砕かれる音)



か・カッコイイ!!!!!!!
しかも
かわいい!!!!!!



で、

ちょっと気になって彼のHPを見てみたら
なんと、


メガネ男子、アーンド、ギター弾き。
http://210.188.219.209/cid_28.html



う。

ばっきゅううううううううううん。(←腰の砕ける音)



しかも、ホタルノヒカリ、スバルがスポンサー。
CMで必ず昭仁さんの歌声まで堪能できる。

新藤と岡野の両方が味わえる、
一粒で二度おいしいドラマなのだ。

で、何度も何度もリピートしてみてしまう。



で、ふと気づいた。

家でジャージって。
縁側で(ないからベランダか?)ビールって。
髪はゴムでくくってるって。


まんま私じゃんかよぉ!!!!


干物女かい。私。


オタクで干物・・・・・私に未来はあるのだろうか。



で、
先日、あきひとさんとその他何人かのバースデーチャットで(楽しかったね☆)

「晴一さんと加藤和樹が似ていると思う」って書いたら
「そーだよね!!!」って言ってくれたヨシコさんと

こっそり
「加藤和樹同盟」を組んだ。


もし賛同してくれる方がいれば手を挙げてください。
同盟って言っても何にもしないんだけどね・・・・


ああ今晩も、「ホタルノヒカリ」が私を呼んでいる。
そして明日はフランス語のテスト・・・・・・・・・
[PR]
by miyu-sakura | 2007-10-16 06:44 | ヨーロッパで暮らすということ

オタクの友達

最近私に、漫画オタクの友達ができた☆


増えてきたとはいえ、
海外に住む日本人の絶対数が少ないので
日本に山の様に生息している漫画オタクも、こちらではレア。

レアなオタクさんとお友達になれて、とってもうれしい今日この頃なのだ。



実はこの方、もともと知っている人だったけれど、
たまたま漫画の貸し借りをするようになってから、

彼女が「オタク」いや、「腐女子」であることがわかったのである。


やったわ☆

ビバ☆腐女子


まあ、
知り合ってそんなに打ち解けてもないときに、
「私、少女漫画大好きで、同人誌もやってました~~」
なんて言われたら、とりあえずひくけど。

なんかのきっかけでその人のちょっと個性的な趣味とかが明るみになると
ぐっと近寄りがたくなる。

私もそーゆーの好きなの~~って声が裏返る。


漫画オタクでなくても、
ちょっとランチなんぞした際に、いい年したおばちゃんが

「実は韓国のモムちゃん(筋肉質の人、という韓国語らしい)にはまっている」
とか
「嵐の松潤のセミヌードのananがお宝で、毎日見ている」

なんて韓流オタクやジャニーズオタクであるのを聞くと、妙にうれしい。
みんな、良い感じで壊れてるわって親近感ばりばりである。

韓国好きの女性にいたっては、韓国ドラマを集中してみたあまり、
日常会話程度の韓国語なら理解できるようになってしまったらしい。



で、私。

こちらの日本人は、お上品な方もそこそこいらっやるので
最初からポルノファンと言うのは控えているけれど

少々仲良くなって家にお招きした際には
さりげなくBGMにポルノを流してみたり、ポルノのマグカップを使ってみたり

日本人が集まる屋外のイベントにさりげなくポルノのTシャツを着てみたり

ちょっとしたメモもさりげなくポルノのメモに書いて渡したり

さりげない努力をしているけれど
いまだかつてポルノの大・大・大ファンという女性にお目にかかったことがない。
曲は好きだよ~~ていう人はたくさんいるけど。

いとしの新藤晴一さんって言っても、誰それ?って言われる。


多分・・・中学生女子にはいくらかは生息していると思われるが
まずお知り合いになる機会がない。


もし、あったとしても、イキナリ

「あのね、おばちゃんね、
ハルイチさんがギター弾くときの突き出した口と
腕に浮かび上がる血管がたまらないの」

なんてビミョウな部分フェチっぷりを披露されても、
向こうも「寒い」、通り越して「怖い」だろうし。



で、その新たな漫画オタクの彼女、
なかなかいいオタクッぷり。

漫画といえば、ジャンル関係なく読破する彼女の最近のオススメは

ボーイズラブ

サスガにこの手の漫画は手に取ったことがないけれど
一体どんな世界が繰り広げられているのか、実は気にはなっていた。

でも、立ち読みできるような本屋はないし、
万が一、立ち読みしているところを誰かに見られたら、いっそ死にたいし、

そんな理由で触れることのできなかった世界。


でも彼女は、さらっと教えてくれる。

「大体最後は二人で心中するか、分かれて絶望するか、
・・・・・まあどっちにしても成就しないんですよ、ボーイズラブは。」



ほー、そーか。
ボーイズラブは悲劇なのね。


「まずは最初に、Hからはじまるってのも定石ですね。で、それで目覚めるの」


そ・そーなんだ。まずはイキナリしちゃうんだ。で、目覚めちゃうんだ。


「障害が多すぎて報われないからこそ純粋な愛なの」

そ・そーか。純粋なんだ。キレーなんだ。
まあ、ボーイズだからキレーだけど、おっさんになったらキツイわな、確かに。



・・・・・もう、なんだか、彼女としゃべっていると勉強になります。
人生いくつになっても勉強です。



そんなことをしゃべって別れ際、彼女が一言。

「私、ここにきて同じニオイのする人、初めて。
miyuさん、オタク臭すごいよ」

と言われてしまった。


そーなんだ、出ているのか、オタク臭・・・・・
そんな気はしていたけど。


友達ができてうれしいけれど、できればポルノオタクと出会いたいな☆

どなたか、いませんか====3

アヒル口フェチ、アンド、血管フェチ・・・
f0062821_5341044.jpg

(インスブルグ中央駅。山に向かうSLの引込み線)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-10-10 15:30 | ヨーロッパで暮らすということ

いとしの明太☆

夜中の1時である。

今日の晩御飯は6時過ぎに食べたので
今、私は、ものすごくおなかが減っている


それでも、サスガにこの時間からご飯を食べるわけにはいかないので
じっと我慢をする訳だが
頭の中は明日の朝ごはんのことでいっぱいである。

で、夢に描いているのは
パンとコーヒーなんかでなく、ご飯と納豆でもなく、


明太子スパ、である。


明太子は、冷凍されたものがこちらでも手に入るけれど
とってもとっても高い。3千円とかしちゃう。


だから、レトルトの明太子スパソースを使って作るのだけど
これが結構オイシイのだ。

なぜならレトルトなのに、どんな料理よりも真剣に作っているからだ。
こだわりのレトルトスパの作り方まで作ってしまった。



たっぷりのお湯を沸かし

塩をたああっぷり入れて(ジローラモさんが海の辛さと同じにするといっていた)

「DE CECCO」のN11を100グラム程入れて、

その場を離れず湯で加減をチェック。(ここが最重要!)

まだ、芯が中心に残っているくらいでざるに空け

「Olive&Co」のレモン入りオリーブオイルをぐるっとかけて

オイルに馴染ましてから

キューピーの明太子スパソース(生タイプ)を加え、海苔を添える。


こんな感じで真剣に作ると、びっくりするぐらいウマイ。
レトルトはキューピーがイチバンオイシイです。


・・・おぉぉ、こうやって書いていても
明日の朝の明太子スパが待ち遠しい・・・・


日本にいた時、それほど明太子スパを食べていた覚えはないけれど
こちらでは週1ペースで食べる。
ムラムラするのだ。


スパは硬水で茹でたほうがおいしいと「食いタン」で言っていたけれど
・・・・確かにおいしいかも。


イタリアのスパ「DE CECCO」の麺は、
日本の大きいスーパーなら売っている。
とくに高くないのに、イタリアンって感じがします。


ここまでこだわってようやく明太子スパが出来上がり、
さあ、食べようとするとやってくるのだ。


ぺた~~ん、ぺた~~~んって。


悪魔の子守唄が聞えてくるのだ。


実は
明太子スパは家族みんな人気。

私がどんなにキッチンの片隅でこっそり食べようと
みんながTVを見ている隙にバスルームで隠れて食べようとしても


誰かがニオイをかぎつける。
そして私のいとしの明太が奪われていくのだ。


なんという絶望・・・・・

なんという不条理・・・・・



・・・・・こうなったら早起きだ。

それしかない。

朝の6時だ。

6時に起きてスパ食べてやる!!


・・・・・でも、そーするとわんこが欲しがって鳴くんだよな。

ワンワンって。

で、みんな起きちゃうんだよな・・・・。




うううううぅ~~~ん、
しょうがない。


今、食べるか?
[PR]
by miyu-sakura | 2007-10-08 07:46 | ヨーロッパで暮らすということ