ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

悪くないフランス語

フランス語を習い始めてかれこれ4年・・・・。


フツー4年も習えばぺらぺらだと思うでしょ?
でも、そーは行かないんだな、これが。


中学・高校・大学と英語を勉強してきてもそこそこしか
しゃべれないということ一緒で、

どうも私は語学の才能がないらしい。



それでも、最近ナゼか急に
フランス語の美しさにほれぼれしてしまうことがある。



先日、
お友達が送ってくれたDVDの中に
賀来千賀子が出ていた「うるるん滞在記」があったのだけど

その中で、ベルギー人のご夫婦の話すフランス語が
なんと美しいのだろうと思ってしまった。


「私が若かった頃だってあなたのより上手にミシンが使えたわけじゃない」
「人生の中で出会いは決まっているような気がする」
「出会うべきして出会ったのよ」
「この大切な思い出は忘れません」


ご夫婦の話すフランス語を簡潔に訳してテロップが出ていたけれど、
この原文、実はとても深くて美しいフランス語なのだ。


例えば、
「この大切な思い出は忘れません」

これは、
「彼女ととてもよい時間を過ごしたことは、いつも私のそばにある」
という表現になっている。


「出会うべきして出会ったのよ」
というフレーズは

「私の人生はそのように、そのようになっているの」
という表現。



なんだかね、
ニュアンスが微妙なところをついてきて
ストレートではなく、
少し内角低めぎりぎりにカーブがきまる感じなのだ。



たとえば、
フランス人がよく使う

「 Pas mal 」(パ・マル)

という表現。


これは直訳すると

「悪くない」

という意味なのだけど



フランス人に

「 Pas mal 」

と言われたら、これは


「なかなかいいね」

と褒められたことになる。



なぜか素直に褒めないのだ。



フランク・シナトラの名曲
「MY WAY」


この曲はフランス人のClaude Francoisがフランス語で
ぼそぼそと歌っているのだけど

「MY WAY」が

「Comme d’habitude」(コム・ダビチュード)
という歌になっている。



このコム・ダビチュード、なんと直訳すると

「いつものように」

なのだ。


「MY WAY」が「いつものように」。

しかも、熱唱するわけでもなく、
オサレにさらっと軽く歌っていて
あの、日本のカラオケでのオヤジの熱唱とは雲泥の差。



どこか少し曲がって、遠まわしに遠まわしに意味を伝えようとするところは
さながら「京都人」のようだ。



そんなフランス語は、
「世界で一番美しい言語」と言われているけれど
確かにそうだよなあ、と思う。


ちなみに私がフランス語で好きだなあと思う言葉の一つに

「L’arc-en-ciel 」(ラルコォンシエル)
というのがある。

ご存知「虹」という意味だけど

この言葉も、「天空(ciel)にかかる弓(arc)」という意味だ。


ね、なんか素敵だよね。



そういえば件のラルクオンシエル、
もうすぐパリ公演があるらしい。


ポルノ、来ないかなあ・・・・・・

f0062821_5112163.jpg

(世界遺産、イギリス、カンタベリー教会。いろんな物語の舞台になっています)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-30 05:02 | ヨーロッパで暮らすということ

頭にしらみが。

私は結構長いこと生きているが
最近、生まれて初めて


頭にしらみがついた。


まるで、太平洋戦争直後の日本のようだが
ほんとにしらみがいたのだからしょうがない。


大人としてどーよ。
情けない、いや情けなすぎないか。



ただ、私の名誉のために少し説明をさせてもらうが
私は非常に入浴好きな人間である。

毎日夜、湯船のお風呂に入らないとどうもカラダがゆったりできないし
夏場ともなれば、朝方からシャワーも浴びる。



でもナゼにそんな私にしらみがついたかというと


ここヨーロッパの人間は
平気で何日もお風呂もシャワーも浴びないし
シャンプーだって1週間に一度だって人もたくさんいる。


で、そんな人にはトーゼンしらみがいるのだけど
ここで重要なことは


しらみは、結構飛ぶのだ


学校で、レストランで、プールで、公園で
何気に壁のコート置場にかけたコートに


お隣の元気なしらみ君が飛んでくるのだ。



欧州に住んでとうとう5年目に突入する私、

今までも周りでもしらみがついた、
という話しは何度か聞いていたけど

こういう話のご多聞にもれず、
「我が家は大丈夫!!」
と何の根拠もない自信で乗り切ってきた。


でも今回、
「頭かゆい~~」という家族の頭に、
白いしらみの卵らしきものをいくつも見つけ、

ダッシュで薬局に駆け込んだところ、
めでたく「しらみ持ち」の認定を受けた。


お店の人曰く、
家族1人にしらみがいたら、大体みんなにしらみがいるそうだ。
そう言われると、なんか急に頭が痒いような気がしてくる。



しらみがついたら

1.駆除用のシャンプーを週に一回する
2.頭にしらみ予防のスプレーをする
3.寝具や洋服を60度以上の高温で洗濯する。

の3点をすぐさま行わなければならないけど


1.のシャンプー、気のせいか
我が家のワンコを洗う時のシャンプーのニオイと同じなので
多分、「ケモノ用シャンプー」。

とってもクサイし、何より

がんばってAVEDAのシャンプーを使ってダメージ回復に努めている
私の髪の毛のキューティクルなるものを、根こそぎ奪っていく。

髪が、人形のようにバリバリになるのだ。



・・・・・うう、悲しすぎる・・・。



そして今日、
ここにしては珍しくさわやかに晴れ上がった大事な日曜にもかかわらず
朝からフル回転で洗濯機を回している私・・・・。



・・・・うう、情けなすぎる・・・。



教えて神様
一体私が何をした?


皆様も欧州旅行の際はどうぞお気をつけ下さい。

f0062821_20402844.jpg

(ポルトガルとスペインの国境に立つマルバオの城壁。
高所恐怖症のクセにこういう断崖のキワキワに立つのがたまらない)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-27 20:09 | ヨーロッパで暮らすということ
ディズニーランドにあんまり興味がないのって
私はオンナとして異常だろうか。


別にミッキーが嫌いだとか、
プーさんの目が怖いとか言うわけでなく

遊園地に行って一日で2万円近くを使うなら
他の静かな田舎町の温泉に行ったり、
おいしいカニとか寿司とかを食べたいだけなので

無料券があたったら、ありがたくいただいて行かせてもらう。



そんなわけで、
こんなに長く生きているのに、

東京ディズニーランドは過去1回、
パリ郊外のユーロディズニーランドも過去2回しか
行ったことがない。



でも実は、
そんな私が年に7.8回も通う遊園地がある。

その遊園地にはでっかいプールが併設されていて
遊園地というよりは、そのプール目当てに
スーパーで年間(仮)パスポートを格安で買った。


実際に使うには顔写真を持参する必要があったんだけど、
なかなか遊園地に写真を持っていかなかったので
ずっとその(仮)パスポートで入場していて

ようやく3ケ月後に写真を持っていって
ちゃんとしたパスポートを作ってもらったんだけど

なんと一年間のパスポート発行日が写真を持っていった日になって
3ケ月も得をしてしまった。


これって、日本でもありか?




で、
先週、そのパスポートでプールに行ったのだけど、


その遊園地の今一番の目玉の乗り物が
「スキーの4人乗りリフトが、えらい高いところのロープをすべり降りる」。
っていうもの。


ふと見ると、

その4人乗りのリフトが
最初の柱を曲がったとこで止まっていた。



ええっ?

思わず目を疑った。



フリーフォールよりずっと高いところにリフトの椅子ごと引張り揚げられて
そのまま、一本のロープを滑り降りるだけのはずなのに


ナゼ、途中で止まっている?

しかも、微妙に揺れているし。


そのリフトの椅子は、
ほんとにスキー場の4人乗りのリフトと同じ構造で
上から下ろす足置きのバーが一本あるだけで
ウエストのベルトもないらしい。


そのリフトが、ビルの5階くらいのところで
ブラブラしているのだ。


あまりのことに遊園地中がパニックになるかと思いきや、
全くいつもの調子でのんびりムード。


遊園地のどこからでも見えるくらい高いところにいるのに
誰も気にしないのだ。


高所恐怖症の私としては
もう、見ているだけでめまいがして

ちらちらと指の隙間から覗いてみるのだけど
一向に復旧する気配はない。

ヒトゴトながら妙にうろたえ、何をしてても落ち着かなくて

リフトって、動き始める瞬間が結構怖いんだよなって
勝手に1人で氷点下の寒さを味わっていたのに


・・・・・・・。


気が気じゃなくて、もうプールどころじゃなくなった頃、
ふと見ると、そのリフトはいなくなっていた。

ほんのちょっと見ない間に復旧していた。



よかった~~、
と胸をなでおろして他のアトラクションを楽しんで、

随分たってからふと見ると、



また、人を乗せてリフトが動いていた。




おい、

故障してもすぐに人を乗せるな。

しかも、

乗るなよな。



ほんとにありえないことだらけの遊園地なのでした。

f0062821_7325823.jpg

(この私が4回行った欧州に3ケ所あるレゴランド。ここなら何度でも行きたい。
ちなみに、リフトが止まったのは別の遊園地です。)
f0062821_734209.jpg

(このサッカー場も人形に至るまですべてレゴでできています)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-24 07:35 | ヨーロッパで暮らすということ

ハッピーバースデー☆

f0062821_957582.jpg

去年の6月末、我が家にやってきたワンコ。

最初はこおぉんなにちいさくて可愛かったけど


今は、こおぉんなに・・・・


可愛く・・・・・


f0062821_9592871.jpg



おバカに・・・・・


f0062821_1023839.jpg



すくすくと大きくなって・・・・


f0062821_1095235.jpg



今日満一歳になりました☆


f0062821_10123159.jpg



f0062821_10141227.jpg



旅先で、街角で、ワンコも世間話をしちゃいますが


ジャックラッセルテリアという犬種はとっても
タフガイ&アグレッシブ。


この10ケ月の間に我が家では、


テーブルの上の「イベリコ豚のトンカツ」や、「誕生日ケーキ」を
ぺろっと食べられたり

カーペット3枚がオシッコまみれになったり

庭で鳥を仕留めてなぶり殺しにしたり



フランスの農家宿舎(アグリツーリズム)に泊まった時には

ニワトリ小屋に突進し、ニワトリが大騒ぎして外に逃げ出すという惨事もあった。



とにかく、愛玩動物というよりは、番犬。


今日もがんばって番犬に精を出している・・・・・・はず?

f0062821_10473572.jpg


f0062821_15304746.jpg


これからも我が家を守って。


f0062821_10501724.jpg



がんばれ、ワンコ!!


お誕生日、おめでとう。
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-17 10:00 | 今日のわんこ

中村俊輔×ポルノ

ここのところ、
欧州サッカーリーグを見に行く機会が増えた。
f0062821_182217.jpg

(イタリアリーグ、FCトリノ対ACミラン戦。この日トリノの大黒は出場せず)


日本人が欧州リーグでたくさん活躍していることもあるけれど、

週4日,雨の日も雪の日もサッカーの練習をしている我が家にとって
スーパープレイが炸裂する欧州リーグは

きらきら輝く「夢の舞台」。
それが当日券なら、14ユーロ(2千円)程度からで見れてしまう。



チケットを該当チームのHPで買ったり、
早めに行って当日券を買ったりするのだけど
いつも使うのがこのサイト。とても便利です。
http://soccer.yahoo.co.jp/world/japanese/

海外で活躍する日本人選手の動向や、
それぞれのチームのHPがすぐわかります。


もともとのサッカーを見に行くきっかけは、ドイツのワールドカップ。
日本人選手の活躍に胸を躍らせていた。


「しゅんしゅけぇ~、ぬぁかむらぁ~!」


我が家が応援する中村俊輔選手は、いつもこう発音されていて

すんごくがんばっているのに、
どこかの幼稚園児みたいでちょっと気の毒だった。



現在中村選手は、スコットランドの名門チームセルティックに所属しているけれど
この国から距離としては飛行機で1時間半の近さ。


大体名古屋から北海道くらいの距離。


さすがに間に海があるので、船か飛行機になるのだけど
欧州内は格安航空会社がたくさんあって
なんと片道税込み15ユーロ (2千円)位。


「これは!行くしかないでしょ!」と中村選手のHPを探してみたら、
http://shunsuke.com/data/profile/index.shtml


プロフィールのところの「好きな音楽」が
「ポルノグラフィティ・コブクロ」

って書いてあった。


うっ、キャ~~~~~~~~~~~~!!!!!!


中村選手も「アポロ」を聞いて「サボテン」に泣いて
「ミュージックアワー」でヘンな踊りをして
「ハネウマライダー」で勇気をもらって
「あなたがここにいたら」でしっとりしているのかしら。


うっ、うれし~~~!!

中村俊輔、す・好きだわ。

ノンフィクションサッカー物語「海を渡ったヒーロー達」
(中村選手の子どもの頃の自叙伝)

もう一回読むわ。

読ませていただくわ。


ポルノファンヨーロッパ支部(それ何?)としては
がっつり応援しなければイケナイ。


さぁ、スコットランド、グラスゴーへGO!じゃ。


いつ行けるかわからないけど、

まずは、
夕食のおかずから質素にするか・・・・


f0062821_18485228.jpg

(王者ACミラン戦は、モナコに行った時よしえちゃんも一緒に行きました。
ネコに小判、ならぬ、よしえちゃんにACミラン。よしえちゃん価値わからず)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-13 17:25 | ポルノ・ポルノ!!

あなたがここにいたら

よしえちゃんが持ってきてくれた、
映画「奈緒子」の主題歌、
ポルノグラフィティの「あなたがここにいたら」。


昭仁さんのまっすぐな歌声が好いですよね。


日本語なのに、
なんていって歌っているかよくわからない曲も多いのに
昭仁さんの歌は、一語一語、ちゃあんと聞き取れる。


言霊って言うのものがもしあるならポルノの曲には
ちゃあんと宿っているはず。


私がポルノが好きなのはそんなところ。


で、
この曲が流れる映画「奈緒子」も見たいのだけど、
DVDになるのはきっと半年以上は先なんだろう。

こればっかりはしょうがないので待つしかないけれど。


実は、私、
「奈緒子」に出ている三浦春馬くんが「アンフェア」に出ていた頃から

「なあんてかわいい子なんだろう・・・・」

と目星をつけ、

ドラマ「14歳の母」で中学生を妊娠させた頃には

「なんて学生帽が似合わないんだろう・・・」

と思いながらも、ウキウキと見ていた。



かわいいですよね☆春馬くん。

自分の子だったらどれだけうれしいだろー、と思っていたのだけど、



うちの近所でイケメンとして評判の友人の息子(10歳)が
春馬くんに凄く似ていることに最近気がついた。


ひょろ~~っと背が高くて、足も長くて、きりりと涼しげな目元で
さらさらの黒髪で、サッカーが上手くて。
でも、女の子が苦手で、いつも男子とばかり遊んでいる硬派なのだ。


うううう~~~ん。かわいい☆
イケメンすぎる☆


で、私ときたら
友人の息子ながら、密かになんとかしようと思いついた。


「嵐」の曲が大好きだというのを小耳に挟んだので
「嵐」のCDをダビングしてあげて


「嵐」が何人なのか知らないと言うので(彼は在欧6年)
「嵐」の東京ドームのDVDを貸してあげて


「「ジャニーズ」っていう所に行けば「嵐」に会えるよ」
「「ジャニーズ」に入ると、こんなにたくさんの人の前で歌が歌えるよ」
「「ジャニーズ」に入ると、デュエルマスターカードがたくさん買えるよ」

って懇切丁寧に教えてあげた。


よし、あとは彼がジャニーズに入って
二宮君と仲良しになるのを待つだけだ


ふふふ、私もワルよのう・・・・・・・



でも、そのお母さんに
「ジャニーさんの毒牙にかかったらどーすんのよっ」
って怒られてしまった。


ちぇっ。いい案だと思ったのになぁ。

f0062821_21495277.jpg

(ハンガリーの首都ブタペスト。実は日本のような温泉が出ます。
温泉でチェスをするおじいさん達。左のおじさんのお腹のでっぱりがすごい)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-10 21:51 | ポルノ・ポルノ!!

ありえない・・・

さて、2週間にわたるイースター休暇が終わりました。


この間我が家は
よしえちゃんと車でモナコに行ったりしましたが、

我が家のまわりも

ふるさとに里帰りしている人や、
旅行に行っている人も多くて
こころなしか道も空いていたし、駐車場も余裕があった。



我が家は常に、慢性的な旅行貧乏で(当たり前か・・・)
月末に決まって大金欠になるので

月あたまのお約束として

おコメや水や肉や牛乳や日持ちのする野菜やカンズメや
トイレットペーパーや洗濯石鹸やゴミ袋や
とりあえず、これさえあれば生きてはいけるだろう、
といったものを買いだめをする。



共働き夫婦が多いこの国、
週末ともなるとバカでかいカートを、

「どーして?」

「石油ショック?(古っ)」

っていうくらい商品で山盛りにしてる人も多くって

大体、
人参やジャガイモもやたまねぎなんかの野菜の袋詰めは
1キロ、2キロ、っていう単位。

お肉や加工商品、冷凍食品も一つ一つがでかい。

最初はええっ?って驚いたけど、買いだめには便利です。



で、先日、

細かく切った「ベーコン250g」(賞味期限1ケ月)を
3パックを買おうと手にとったら、

あれっ?

と思った。


明らかに何かが違うのだ



このベーコンはそのスーパーブランドのパックで
250gとしっかりと表に明記されている売れ筋の商品なんだけど、


いつもより重いような気がする・・・。


とりあえず、重そうなものを3つ選んで買って帰り、
家で早速計ってみた。



そしたら

なんと、

一つは348グラム、もう一つは305gもあった。


・・・・・・

日本じゃ絶対ありえないことが、
この町ではフツーに起こるのだ。


これからは、パックの肉の重さも疑ってかかろう。

f0062821_7153152.jpg

(ウチのワンコの散歩コース。緑が多くていいけど雨も多い。たまに晴れる)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-04-06 14:34 | ヨーロッパで暮らすということ