ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:アンフェア ( 1 ) タグの人気記事

「アンフェア」をイッキに見た今日この頃、
頭の中は・・・・・


瑛太で一杯です


この時期、アンフェアといえば
普通は「アンフェア movie」をさすのだろうケド、

なんといっても、浦島生活バクシン中のワタクシ、
今頃になって1年以上前のドラマ「アンフェア」をイッキ見した。


浦島なのは辛いけど
その代わりどのドラマも完結して見れるのがうれしいところ。

今回も、夜中3時半までかかってのイッキ見です。



で・・・・・・


「アンフェア、面白いよ」とは聞いていたけれど
最終話で出てきた真犯人に、驚き桃の木(死語)


いやあ、あの人が出てくるとは思いも寄りませんでした。
全くもって、想定外。

絶対無いな!!って所を見事につかれて
これぞ製作者の思うツボ!!にはまった。
情けないというか・・・
学ばないとというか・・・・


サスペンスは、一番怪しくない人が実は怪しいっていう鉄則を
いい加減カラダに叩き込ませないといけません。

打つべし!
打つべし!


きゃーやめて、イタイ・・・・



もう前過ぎて、ネタばれもクソもないと思うけれど
なんといっても真犯人がね、実は私好みのなのよ~。

背が高くってサッカーが上手いって所がいいわよね。
シャイでおしゃべりじゃないところがいいわよね~。



で、


「アンフェア」。
面白かったのでもう一回2倍速で流して見てみた。


サスペンスを、答えがわかってからもう一回見直すと
意外な伏線に気づくことが多いけれど、
「アンフェア」も例外ではなかったかも。


よくよく見ると、最初の方から既にハスミが怪しい。

なんでもないシーンの、チラッとうつる画面の隅のほうで
鋭い視線を雪平に投げかけたりしているし、


定年間近の警官にアンドウが
「最近はネットばかりです。でも楽しいですよ、仲間もできるし」とか言ってるし、


種明かしをされてからもう一度サスペンスを見ると
セリフ一つとっても、ああ、実はそういう言う意味だったんだとかわかって
2度オイシイ。



よし!次は「アンフェアスペシャル」をどこかで調達してこよう。


・・・・ってまだ、スペシャルかよ・・・

いつになったら「アンフェア movie」が見れるのでしょうか・・・

f0062821_1524216.jpg

(フランス、sumur-en-auxoiusの古城には、こういう天気も似合う)
[PR]
by miyu-sakura | 2007-04-19 08:09 | それでも・・・