ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ウィーンのカウントダウン☆

今朝はこの冬一番の寒波に見舞われています。


今朝の最低気温はマイナス13度。
最高気温ももちろん氷点下。
5日連続の雪景色です。


そんな大寒波でも閉じこもってばかりいられなくて、
ノーマルタイヤつるつるのヤリス君で
ちっとばかし命がけで
今日もぶりぶりと走りまわっています。


でも実は、
ウィーンはもっと寒かった。


寒いよぉ、とは聞いていましたが
やっぱり寒かった。

気分的には
ここってロシアですかい?
って感じです。


最低気温が氷点下、最高気温が氷点下、
なんてものウィーンではザラ

とにかく、底冷えばりばり。
真冬は常に凍りついているようです。


で、

花のウィーンで見たもの、それは
f0062821_17303558.jpg

・・・・ワルツを踊る人々。


ウィーンでは、年末年始イベントカレンダーなるものがあって

何時から何時までどこどこで市場をやるとか
ダンスパーティーをやるとか書いてあったので

そのダンスパーティーというのに行ってみたら

f0062821_17324011.jpg


壇上の先生に合わせて
子供も大人も、じーちゃんもばーちゃんも、みんな踊っているのだ。


f0062821_11252441.jpg

しかも、女同士で仲むつまじく踊る人もいて
あ、そっちのほうですか、正月から妙に納得。

BLがあればGLも、とーぜんアリなわけで。


年末年始を、クラブで踊り明かす、っていうのはよく聞くことだけれど
ワルツやルンバ、チャチャチャやマンボを踊るとは・・・

さすが、芸術の都ウィーン


モーツアルトも、ヨハン・シュトラウスも
草場の影で喜んでい泣いているに違いない。



で、このダンスホールはそのまま朝まで踊っているようですが
私は0時に拍手をするべく

オペラ座へ。
[PR]
by miyu-sakura | 2009-01-07 19:57 | ちっと旅ガラス