ヨーロッパの片隅で、家族と鳥一羽と暮らしています 。  世界遺産とポルノグラフィティとホンとオンガクが好き。    よければアシアトを残してくれればウレシイです☆       写真撮影:miyuとその家族


by miyu-sakura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

きっちりさんと、どんぶりさん。

f0062821_1516025.jpg

(2年前の夏、フランス、ブルターニュのエトルタ。長袖着るくらい寒かった・・)

最近思うのだが


大体の人間は、
「きっちりさん」と「どんぶりさん」に
分けられるのではないかと思う。


「きっちりさん」とは、

けっこう真面目で、時間とかもちゃんと守って
「いろんなルールとかちゃんとあったほうがよくて
細かくいろんなことがちゃんとしている、
きちんとした人であり


「どんぶりさん」とは

なんとなくどんぶり勘定でものごとにあたり
まあまあこんな感じでいいか、みたいな
大雑把なイメージで物事をこなすため
いろんなことがルーズだったりする人。


まあ、これは私は勝手に命名したのだけど、
はっきりどちらかに分けられなくても

どちらかというと、
「どんぶり寄り」とか「きっちり寄り」
くらいには分けられるんじゃないかと思う。


言うまでもなく

私は直球ど真ん中の「どんぶりさん」で
自分に甘い代わりに、人にも甘いという性格で
いい加減大人になれよ、、って感じなのだけど


世の中を動かしているのは
間違いなく、正しい「きっちりさん」だと思う。



なんでこんなことを思うのかというと

つい最近、
きっちりさんに渡すべき一枚の書類を
うっかりどこかで落としてしまったからなのだ。


その書類というのは
f0062821_15312984.jpg

夏場によく開催される「ブロカント」の出店許可証なのだ。



何年か同じところに暮らしていると
どうしてもいらないものが増えてしまうので

年に何度かこの「ブロカント」と呼ばれる
要は「フリーマーケット」に出店して家をすっきりさせているのだけど


今回
「家が近いから」という理由で
出店しないのに友人のために出店許可証をもらいに行ったのだけど

あろうことか
失くしてしまったのである!


・・・・・・!!


いくら「どんぶりさん」の私でも
こんな失敗はなかなかしないのだけど

今回は
私がなまじ出店しないのでフォローの仕様がない。


ブロカントの管轄だと思うわれる
区役所や、会場の責任者や受付場所を何度も回って
なんとか再発行してもらえないかと頼んだのだけど


「知らない」

「私じゃない」

「○○が担当だ」


とたらいまわしにさせられた挙句


「許可証なくても大丈夫。
出店料払ってあるから、リストに名前があるはずだから
当日受付で、失くしたって言えば充分だ」


と、なんとも「どんぶり」な回答が帰ってきた。


さすが欧州人=どんぶり。

ゲルマン系のドイツ人はおいておいても
ラテン系の人間は大体が「どんぶり」。

根っこの感覚が既に「どんぶり」なのだ。



でも・・・

私が渡す相手だった友人(日本人)は
しっかりとした「きっちりさん」だったので

こんな「どんぶり」な回答では不安が募ってしまう。


私は、フランス語で事の詳細を書き残し
担当者への依頼のフランス語の書類を作成し
大体の場所の打ち合わせもして

私の不在を埋め合わすことになった。



・・・・・うう、
ごめんなさい。

書類失くして。


・・・・こんな「どんぶり」な私に
未来はあるのだろうか。

f0062821_15492686.jpg

(ノルウェー、ソグネフィヨルド。滝の落差がすごい)
[PR]
by miyu-sakura | 2008-07-13 15:50 | それでも・・・